CHAGE&ASKA

2011/01/28

ASKA 「FACES」 

1月25日(火)
ASKAソロ 「FACES」 武道館:18時30分開演

CHAGEとASKAがそれぞれの活動を始めてから、コンサートもあまり行かなくなりましたが、久しぶりのライブ。

聞かせどころ満載の大人のコンサート。等身大のASKAさんという感じでした。
昔は、ソロと言ったら、ソロで作った楽曲しか歌わなかったけれど、CHAGE&ASKAのナンバーも盛り込んだ、出会いから別れと、そしてまた新たに出会う、というような優しい物語を届けてもらったようなコンサートでした。アンコールの歌謡曲の話って、そうそう、そうよね、なんて頷きつつ、あっという間のエンディング。

一頃、本当にどうしちゃったのか?と誰もが心配するほど、声が出なかった時期がありましたが、伸びやかな力強い声で、たっぷりと聴かせていただけました。

アリーナのA2ブロックで、ステージ向かって左の方だった為、ステージ上の照明とか、バンドメンバーとか、分からなかったのは残念でしたが・・・。

日頃、クラシック音楽会では、座席によってチケットの値段が違うのが当たり前なので、ポップス系の「どの席もすべて同じ値段」には、どうにも納得がいかないのです。

続きを読む "ASKA 「FACES」 " »

2010/03/09

ASKA 10 DAYS SPECIAL

ASKA 10 DAYS SPECIAL
「グッバイ&サンキュー東京厚生年金会館 -ここにあなたの足跡を-」

友人とそれぞれチケットが取れたので、2月の17日(水)と26日(金)の2回行ってきました。

新宿御苑近くにある東京厚生年金会館は、3月に閉館になるそうです。この会場は、ポップス系だけじゃなく、昔はずいぶんクラシックの音楽会もありました。もう30年以上前ですが、 ここで小澤征爾さんが新日本フィルを振ったチャイコフスキーの4番はものすごい迫力があった演奏で、強烈な記憶として残っています。たしか1楽章終わった時に拍手しちゃった人がいたような・・・。

その他にも試写会でも何度か来たし、これくらいのサイズの会場がなくなってしまうのは、残念に思います。

今回は、閉館にあたり、急遽決まったそうで、ASKAソロでの10日間のライブ。2日間とも、開演時間が20分くらい遅れていたような・・・。最初から7時スタートだったら、ありがたかったのになぁ。

ライブのレポートはこちらの公式サイト内のブログにあります。初っぱなから、ガーンと来る大音量で、いきなり現実から切り離してもらえて、ライブにドボーンと飛び込むことができた…と思ったのですが、あまりのドラムの音の大きさに、ヴォーカルがかき消されてしまって…。どうしてポップス系のライブってこんなにバランスが悪いんでしょう?不思議でなりません。

続きを読む "ASKA 10 DAYS SPECIAL" »

2009/12/24

「昭和が見ていたクリスマス」ASKA

12月18日(金)に東京フォーラムで聞いてきました。今回は、ビッグバンドをバックに、昭和の時代を飾った懐かしい曲をたっぷり。(スタッフブログはこちら

まさか、「廃墟の鳩」があるとは、びっくりしました。だって、これはザ・タイガースの中でも、ジュリーがボーカルじゃなかった曲ですからね。

それから、この日は、岩崎宏美さんがゲストで、 「Love is Alive」を聞くことが出来ました。イントロが始まると客席から歌声が・・・。スポットライトがあたると、なんとそこに・・・という演出で、これは素敵なサプライズでした。

この日は、テレビの収録がはいっていたせいなのか、MCで話している内容が言葉を選びすぎて今ひとつ分からないというか、なんというか、まぁいつもの事ではありますが。同世代の人ならどの曲も懐かしく聞けたでしょうけれど、若い人にはもう少し曲の説明がないと分からなかったんじゃないでしょうか。どうしてこの曲を選んだかっていう事も聞いてみたかったです。

続きを読む "「昭和が見ていたクリスマス」ASKA" »

2009/11/30

Chageの細道 in ゆうぽうと

11月28日(土) ゆうぽうと
『Chageの細道 2009』

「茶会」と題した草月ホールでのコンサートは4月だったかしら・・・なんだか遙か昔のような気もしてしまいます。あの時に感じた暖かい空気間が、そのままずっと続いていたんですねー。ゆうぽうとでは、ステージと客席の距離が本当に近く感じました。

続きを読む "Chageの細道 in ゆうぽうと" »

2009/06/28

ASKA ソロコンサート WALK

25日(木)NHKホールに行ってきました。最初の予定だと、ツァー最終日だったのですが、28日にSHOOTING LIVE、そして台北が加わり、3月からのライブツァーも後2公演。

ここ数年、ライブではまず「ASKAさんの声が出ているか…」が必ずといって良いほどファンの心配ごとになっていて、今回はツァーが始まると「声がすっごく出てた」という感想を、いろいろな所で目にしました。それだけ喉を酷使する歌い方なのか、それとも炎症でも起こしていたのか?凄みをも感じさせるような力強い声が、ツァー最後まで聞けるのかなぁ・・・なんて心配していたのも事実です。結果は、最後の数曲はちょっとかすれたかな?とも感じましたけれど、気持ちよく歌い上げて、ホールの隅々までとどろいていました。良かった、良かった!

今回は、突如湧いた解散報道の後のツァー。結局、誤報だったのですが、その辺りもネタにしつつ、状況報告なんかもあって、どこか肩の力もぬけて、歌いたい歌を集めました・・・といった感じの曲目だったかも。今までだったら、ソロで「CHAGE&ASKA」の曲を歌うことはほとんどしなかったけれど、今回は、「PRIDE」まで選曲されていて、『もうそんな事にはこだわっていない、2人ともそれぞれ次の段階に進んでいる』、と知らせてくれたような感じでした。

CHAGEのコンサートは、観客とのやりとりがとても楽しくて、ステージとの距離が近い感じ。一緒に楽しめて、コンサートに参加したんだなぁ・・・と帰り道も楽しいんです。ASKAのコンサートは、歌がグイグイとホールの奥まで覆い尽くすような感覚があって、帰り道は、軽く疲れている事もあります。それはそれで心地良いのですが、やっぱり2人が揃えば、心地よく疲れて楽しく帰れる訳で・・・。いつか、今年開かれなかったCHAGEandASKAの30周年コンサートが本当にあればいいなぁ・・・と強く思いました。

続きを読む "ASKA ソロコンサート WALK" »

2009/04/21

CHAGE 「茶会」in草月ホール

唱う門には“Chage”来たる!「茶会」
Special Live 10 Days at Sogetsu Hall

行って参りました。CHAGEさんがソロで10日間、草月ホールでコンサート、その名も「茶会」。

草月ホールは530席というコンサート会場としては、こぢんまりとした広さ(狭さ)なので、ステージと客席がとっても近いです。そのせいか、客席も最初はちょっと緊張感があったような気がします。でもそれが、なんとも「暖かい緊張感」で、ステージから投げかけてくれるものを、気持ちよく受け取れるような、とても素敵な空間でした。

その上、なんとゲストが谷村新司さん!『CHAGE&谷村新司のハモリ』なんて、あり得ない、もっのすごい贅沢なハーモニー聞かせていただきました。ちなみに、曲は、「遠くで汽笛を聞きながら」と「冬の稲妻」の2曲でした。
アンコールで山里剛さんが出ていらしたのも驚きでしたが、写真集の話題から、「闘魂」が出てきたのにはびっくり、笑いました。もう入手不可ですよね。どのくらいのプレミアム価格なのか・・・。ホントに楽しくてハッピーな素敵に優しい2時間半でした。

B001PBQMBE Many Happy Returns(初回限定盤)(DVD付)
服部隆之
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2009-03-25

by G-Tools

2009/01/09

CHAGE and ASKAの行方・・・

朝一番のニュース、「CHAGE&ASKA1月末で解散」という話は、どう考えたら良いのか。驚くやら淋しいやら。事務所が全面否定して、結果的には誤報ではありましたけれどね。

続きを読む "CHAGE and ASKAの行方・・・" »

2008/11/28

CHAGEソロコンサート

CHAGE Concert Tour 2008 ツアー 東京厚生年金会館

今夜はとても楽しかったです。コンサートホールという空間が「楽しい」「嬉しい」っていう気持ちでいっぱいな感じで、約2時間半、暖かい幸せ気分にひたって来ました。アンコールの「2人のアイランド」はCHAGEさんのウクレレ1本で、大合唱。「もってけ~っ」には大笑いでした。それから、紙飛行機も久しぶりに舞いましたね~。後ろから飛んでくるのが頭や肩にささって痛かったですけど。たまたま拾ったら、不動産の広告で折られたものでこれにも大笑い。

それにしても、来年もCHAGE&ASKAはそれぞれがソロ活動のようですが、30周年だからっていう事だけはなくて、やっぱり二人のハーモニーで感動したいな・・・。

CHAGEさんBlog

アイシテル(初回限定盤)(DVD付)
CHAGE 青木せい子 エガワヒロシ
B001EB5DHE

続きを読む "CHAGEソロコンサート" »

2008/10/12

ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”

10月9日(木) 於:日本武道館
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

と言うことで、9日の木曜日に行って参りました、ASKAソロコンサート。前回のシンフォニックコンサートが2005年11月でしたので、ちょうど3年前ですね。ちょっとうっかりしていましたが、オケは東京ニューシティ管弦楽団から今回は東京シティ・フィルに。このオケは'75年設立なんですね。ご縁がなくて一度も聞いたことがありませんでした。シンフォニック・コンサートでは、その街のオケが演奏を担当するので、きっとそれぞれの毎回のリハも演奏もとても楽しいかも。オーケストラってみんな音が違いますからね。

B001ENR7IA UNI-VERSE
ASKA Taisuke Sawachika
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2008-10-01

by G-Tools

続きを読む "ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”" »

2007/12/25

アコースティック・ライブ

22日の土曜日、CHAGE&ASKAのアコースティックライブ「alive in live」を代々木第一体育館で聞いてきました。久しぶりに雨模様だったあの日は、本当に寒かった。会場も体育館だし寒いんだろうなぁと心配で行きましたが、かなり暖房が入っていました。ステージは、アリーナ中央に円くセットされていて、久しぶりの回るステージ。

弦楽器、ヴァイオリンとチェロが入って、ゆったりと美しい「if」で始まったコンサートは、どれもこれもアレンジが素敵で、新曲はジャズか?と思わせるような、まったく歌い出すまで分からないほどに化粧直しをしたイントロだったりで、嬉しい驚きがいっぱいでした。「Red Hill」「僕はこの瞳で嘘をつく」は良かったなぁ。

いつの日か、ブルーノートやスィートベイジルのようなライブハウスで、アコースティックライブが聴けたらなぁ、なんて贅沢な夢を思い描いてしまいました。こういう暖ったかライブは、忙しい暮れのざらざらした気持ちを、う~んと柔らかくしてくれますね。
アンコールの「世界にMerry X'mas」はしみじみと歌詞をかみしめちゃいました。

フォト