焼酎

2010/07/05

芋焼酎 ほたる

061231i09焼酎にしては、珍しく青い瓶で透明。とてもきれいな瓶だったので、買ってみました。だいぶ前に飲んだので、記憶もやや曖昧ですが、すっきりした味だったと思います。

まだまだアップしていない画像がいっぱい。焼酎って本当に多くの種類があるんですねー。素敵なネーミングがまだまだたくさんあります。

2010/03/15

芋焼酎 不二才 三年貯蔵

09053049_4佐多宗二商店の不二才、三年貯蔵です。

濃くて甘くて、でもキリっとしていて・・・。美味しいですよー。

不二才(ぶにせ)は普通の不二才も、不二才ハイもどれも美味しいですね。

ラベルには、 「薩摩の薩摩」「平成十七年」となっています。

09053051_2

2010/02/06

芋焼酎 大正の一滴

070601i23_2

夜になると冷え込みますね。今日もシンシンと冷えています。そんな時は焼酎のお湯割り。芋焼酎「大正の一滴」は芋の甘みと黒麹のやわらかさがお湯で割るとなかなか良いのです。

健康診断も終わったことだし、また寝酒に飲もうかなぁ。

2009/10/17

芋焼酎 山ねこ

08102907 面白いラベルの山ねこ。甘みがあって美味しいです。

いつだったか、「美味しんぼう」で取り上げられているのを読みました。山奥に蒸留所があり、自家栽培で丁寧に作られていて、工場から出たものも何かに利用していた・・・と、うる覚えですけれど、紹介されていたと思います。

2009/10/04

芋焼酎 ぎんやんま

061126i21面白い名前の焼酎なので買ってみました。飲んだのは、もうだいぶ前になるのですが、とても飲みやすかった…と思います。

もうだんだん、味の違いなんて分からなくなってきましたが、芋の匂いはけっこう好きなので、やっぱりこれからも芋焼酎を飲むと思います。あはは!なんかいい加減~。

2009/08/05

梅酒いろいろ

09053045

最近は、梅酒もたくさん種類が増えて、焼酎で作ったもの、日本酒で作ったもの、ワインで作ったモノから、レモン、イチゴ、緑茶味・・・などなど材料も味もたくさん。ソーダ割で冷たくして飲んでいますが、けっこうカロリー高いかも。

あまり甘すぎず、どちらかというとサッパリすっきりを探しております。

そんな時、酒屋さんで見つけた「梅酒王」。これはトロ~っとしていて美味しかったです。浸かってた梅も食べてみたいなぁ。

09053010

09053012

09053030

09053003

2009/05/16

芋焼酎 金峰櫻井

061126i28 金峰櫻井です。白麹と黒麹で作ったものをブレンドしているらしいのですが、美味しいです。お湯割りじゃない方がいいかも。これからはロックの季節かな。でもウチでは水割りです。

なかなか手に入りませんが、偶然、よく行くお店で、棚にあるのを発見!タイミングが良かったようです。

2009/03/25

芋焼酎 甘露

070601i15

芋焼酎、甘露です。そろそろお湯割りの季節も終わりですが、お湯と焼酎が、混じり合う時に立ち上がる独特の匂いも、最初の頃は気になりましたが、最近はそれもまた芋焼酎の楽しみかなぁ・・・などと思っております。

芋焼酎甘露 この頁で紹介されていますが、もともとは「しま甘露」と言ったらしいですね。焼酎はやっぱりリーズナブルで良いです。

2009/02/22

芋焼酎 木々の目覚め

08102921土日は暖かくて、花粉症の私にはちょっと辛い週末でしたが、春がそこまで来ているのは、やっぱり気持ちが明るくなるというか、なんとなく楽しい気分でもあります。
この焼酎は、そんな気分にぴったりの名前ですよね。

あまりに可愛らしいラベルで、芋焼酎?とは思えないくらいですが、「木槽」というのは、木製の容器で仕込んだ焼酎なんだそうです。

やさしい甘みのやさしい焼酎です。

詳しくはこちらで。【芋焼酎】木々の目覚め 25度 1800ml

2008/12/07

芋焼酎 の馬

060703i16_2久しぶりの焼酎ですが、「の馬」。だいぶ前に飲んだので、記憶が曖昧ですが、相当しっかりした味だった・・・と思います。それというのも、その後、お目にかかれず、どちらも一度しか飲んでいません。赤い方が36度、強いですね。緑の方は、25度、720mlです。
  070317i02

より以前の記事一覧

フォト