« メネセス、プレスラー デュオ | トップページ | 謹賀新年 »

2010/12/31

「ア・ラ・アカルト2~役者と音楽家のいるレストラン~」

12月19日(日)15時開演
青山円形劇場プロデュース
『ア・ラ・カルト2 ~役者と音楽家のいるレストラン~』

演出:吉澤耕一
台本:高泉淳子
音楽監督:中西俊博
出演:高泉淳子 山本光洋 本多愛也 
    中山祐一朗(レギュラーゲスト)
演奏:中西俊博(violin) クリス・シルバースタイン(bass) 
    竹中俊二(guitar) 林正樹(piano)
日替わりゲスト:山寺宏一
毎年、年末の楽しみだった「ア・ラ・カルト」は昨年からメンバーが変わり、今年はリニューアル「ア・ラ・カルト2」となりました。もう10年くらい毎年行ってましたが、昨年はどうしようかなぁと悩んでいるうちにチケットが売り切れてしまいました。というのも、日替わりゲストが豪華な上に、演技がみんな違うと思われ、どなたの回を見ようか悩んでしまったのですが、今年は日程的な事もあり、山寺宏一さんの日にしました。

ちなみに、日替わりゲストは、今井清隆、川平慈英、今拓哉、近藤良平、篠井英介、巻上公一、山寺宏一、ROLLYという面々です。篠井さんも見たかったなぁ・・・。

今までは、バンドが役者さんが出入りする階段の横でまとまって演奏していたのが、今年はベースとギター、ピアノ、ヴァイオリンと、円形のステージを囲むように3つ分かれてセッティングされていました。(ピアノに近い席で楽しかった!)

さて、今年のカクテルは「マスラキーノチェリー」の入れ忘れたマティーニ。マティーニのジンをブランデーにすると「キャロル」というクリスマスにぴったりのカクテルになるそうですが、そこをあえて、「マティーニ」で、という1人の女性客の登場から始まりました。

構成は、リニューアル前とほとんど変わりませんが、日替わりゲストの登場シーンは、設定だけがお題として渡されて、後は高泉さんとの2人芝居。途中、ウェイター役からアシストが少々はいるという程度なので、この部分はきっと毎日、どんな展開になるか読めず、相当楽しいシーンなのではないでしょうか。この回は、「小学校からの同級生で、3番目でも良いんだ」という設定。困ったときに頼る人のベスト3に、貴方がいる、というような落ちで、ほほえましいラブストーリー仕立てでした。

山寺さんって、日本で公式にドナルドダックの声が出せる人なんですね。中西さんも唇のふるわせ方を教わって、何度もドナルドに挑戦していましたが、歌も素晴らしくて、本当に素敵で面白かったです。

オリジナルの遊機械のメンバーだった、白井さん、陰山さん、高泉さんの3人の息のあった、その上、エネルギーも拮抗しているというか、いずれ劣らぬパワフルさの演技を見てきたので、少々の物足りなさもありましたが---今回は高泉さんとその仲間達みたいな感じだったので---、このメンバーで回を重ねていくと、また違った「ア・ラ・カルト」が出来上がってくるのかもしれないなぁ、と思いました。

中西さんのアルバム、日曜ののんびりした時間に最適です。

B000Q6GVPQ オーガニック・スタイル 中西俊博 the BEST
中西俊博 林正樹 原田知世 深川和美
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M) 2007-06-20

by G-Tools

« メネセス、プレスラー デュオ | トップページ | 謹賀新年 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/50461155

この記事へのトラックバック一覧です: 「ア・ラ・アカルト2~役者と音楽家のいるレストラン~」:

« メネセス、プレスラー デュオ | トップページ | 謹賀新年 »

フォト