« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/31

「ア・ラ・アカルト2~役者と音楽家のいるレストラン~」

12月19日(日)15時開演
青山円形劇場プロデュース
『ア・ラ・カルト2 ~役者と音楽家のいるレストラン~』

演出:吉澤耕一
台本:高泉淳子
音楽監督:中西俊博
出演:高泉淳子 山本光洋 本多愛也 
    中山祐一朗(レギュラーゲスト)
演奏:中西俊博(violin) クリス・シルバースタイン(bass) 
    竹中俊二(guitar) 林正樹(piano)
日替わりゲスト:山寺宏一
毎年、年末の楽しみだった「ア・ラ・カルト」は昨年からメンバーが変わり、今年はリニューアル「ア・ラ・カルト2」となりました。もう10年くらい毎年行ってましたが、昨年はどうしようかなぁと悩んでいるうちにチケットが売り切れてしまいました。というのも、日替わりゲストが豪華な上に、演技がみんな違うと思われ、どなたの回を見ようか悩んでしまったのですが、今年は日程的な事もあり、山寺宏一さんの日にしました。

ちなみに、日替わりゲストは、今井清隆、川平慈英、今拓哉、近藤良平、篠井英介、巻上公一、山寺宏一、ROLLYという面々です。篠井さんも見たかったなぁ・・・。

今までは、バンドが役者さんが出入りする階段の横でまとまって演奏していたのが、今年はベースとギター、ピアノ、ヴァイオリンと、円形のステージを囲むように3つ分かれてセッティングされていました。(ピアノに近い席で楽しかった!)

さて、今年のカクテルは「マスラキーノチェリー」の入れ忘れたマティーニ。マティーニのジンをブランデーにすると「キャロル」というクリスマスにぴったりのカクテルになるそうですが、そこをあえて、「マティーニ」で、という1人の女性客の登場から始まりました。

構成は、リニューアル前とほとんど変わりませんが、日替わりゲストの登場シーンは、設定だけがお題として渡されて、後は高泉さんとの2人芝居。途中、ウェイター役からアシストが少々はいるという程度なので、この部分はきっと毎日、どんな展開になるか読めず、相当楽しいシーンなのではないでしょうか。この回は、「小学校からの同級生で、3番目でも良いんだ」という設定。困ったときに頼る人のベスト3に、貴方がいる、というような落ちで、ほほえましいラブストーリー仕立てでした。

山寺さんって、日本で公式にドナルドダックの声が出せる人なんですね。中西さんも唇のふるわせ方を教わって、何度もドナルドに挑戦していましたが、歌も素晴らしくて、本当に素敵で面白かったです。

オリジナルの遊機械のメンバーだった、白井さん、陰山さん、高泉さんの3人の息のあった、その上、エネルギーも拮抗しているというか、いずれ劣らぬパワフルさの演技を見てきたので、少々の物足りなさもありましたが---今回は高泉さんとその仲間達みたいな感じだったので---、このメンバーで回を重ねていくと、また違った「ア・ラ・カルト」が出来上がってくるのかもしれないなぁ、と思いました。

中西さんのアルバム、日曜ののんびりした時間に最適です。

B000Q6GVPQ オーガニック・スタイル 中西俊博 the BEST
中西俊博 林正樹 原田知世 深川和美
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M) 2007-06-20

by G-Tools

2010/12/30

メネセス、プレスラー デュオ

【第1夜】12月13日(月)19:00開演 
 浜離宮朝日ホール
ヘンデル:「ユーダス=マカベウス」から
 「見よ覇者は帰る」の主題による12の変奏曲
ベートーヴェン:チェロソナタ 第2番
 (休 憩)
モーツァルト:「魔笛」から「娘か女房か」の主題による12の変奏曲
ベートーヴェン:チェロソナタ 第3番

♪アンコール
ブラームス:チェロソナタ2番から第2楽章
バッハ:ガンバソナタ2番から第4楽章

チェロ アントニオ・メネセス
ピアノ メナヘム・プレスラー

さて、これが今年の演奏会聴き納めでした。ホールに暖かさがいっぱいに膨らんで、とても幸せなコンサートでした。こういう経験って滅多にないと思います。浜離宮のホールの大きさ(座席数500名位)も、きっとちょうど良かったのだと思います。弾いてる人の暖かくて、楽しい演奏が、まるでリボンをかけたプレゼントボックスに丁寧に詰められて、客席の1人1人に届けられていくような、優しくて素敵な演奏会でした。

ピアニストのプレスラーさんは、1923年12月16日生まれとの事。なんと今年87歳です!ボザールトリオの創立からメンバーで、50年以上トリオで弾いてきた方だそうです。その指から、ポロンポロ~ンと、輝くような音が飛び出してくる・・・。うわぁ、ピアノからこんなに暖かい音がこぼれてくるなんて・・・そして、その音を1つ1つ包むようにチェロの音が、柔らかく穏やかに響いてきました。

こんなに幸せな気持ちになった演奏会が、今年の聴き納めで良かったです。

ボザールトリオの、メンデルスゾーンの三重奏、とっても良いです。

B001NGSMHI メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲集
ボザール・トリオ
ユニバーサル ミュージック クラシック 2009-02-04

by G-Tools

2010/12/12

イルミネーション(お台場)

お台場のデックス前のクリスマスツリーです。どんどん色が変わっていきます。

10112017

10112018

10112020

10112021

10112028

今年は15回目という事で、15色に色が点滅するそうです。しばらく見ていましたが、ちょっと寒くなり帰りかけたのですが、振り返ったら、直線的なイルミネーションではなく柄に変わっていました。

2010/12/09

街はLEDのイルミネーション

10111727

カレッタ汐留のイルミネーションは、幻想的できれいです。

10112003

お台場のシネマメディアージュは、見ているとどんどん色が変わっていきます。後ろのボードにも次々カラフルなイルミネーションが表れます。

10112009

2010/12/08

アルゲリッチの余韻

11月28日(日)19時 すみだトリフォニーホール
マルタ・アルゲリッチ
セレブレーションズ2010
ショパン作曲:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11
ベルリオーズ作曲:序曲『ローマの謝肉祭』op.9
ラヴェル作曲:ピアノ協奏曲 ト長調
ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
指揮:クリスティアン・アルミンク

♪アンコール:
ラヴェル: ピアノ協奏曲ト長調から 第3楽章
ショパン: マズルカ ハ長調 op.24-2

良い音楽を聞くと、その余韻がずぅっと細胞の中に残っていて、何かの拍子に感動した感覚が呼び覚まされて、もう一度、その夜の演奏会のエネルギーを追体験するように思います。

今年はそんなコンサートがたくさんありました。

今は、ずっとアルゲリッチの追体験中です。

思い返しても、ゾクゾク、ワクワクしてきますが、あんなに指揮者のアルミンクがソリストを意識したのを見たことはなかったように思います。たえず後ろに神経を集中させて、ピアノの音色のわずかな変化も聞き逃さないように・・・と思っていたのかも。ショパンでは、ややピアノに引っ張られたような演奏ではありましたが。

あんなに美しい2楽章は、そうそう聴けるものではないと思いました。それに、溌剌とした3楽章。もう一回聴きたいなぁ。どこかラジオでも放送ないのでしょうか・・・。
昔は、来日した演奏家による音楽会は、FM東京のTDKオリジナルコンサートとか、NHKのFMとか、いくつかの番組があったのだけれど、最近はFMラジオでクラシック番組ってあまりないですね。残念です。

あまりにも素晴らしいショパンの演奏の後、休憩になった会場はアルゲリッチ色で塗られまくったような状態で、あちらこちらから感嘆のため息がモレ聞こえてきそうな雰囲気でした。そんな状況を、休憩あけの「ローマの謝肉祭」が、明るい音色で、落ち着かせてくれました。

そして後半のラヴェル。もう最初の1音からパワー全開のような演奏で、本当に楽しかった。どんどん引きこまれました。オケの木管楽器がピタ~っと合ってきて、音楽が弾けて花火がどんどん打ち上がっていくような演奏でした。

まさかアンコールにもう一度3楽章が聴けるとは思わなかったし、何よりもマズルカが嬉しかったです。いつか、アルゲリッチのリサイタルがあれば良いのに、と願わずにいられません。ショパンのソナタ、生で聴きたいなぁ・・・。昔はキャンセル魔のように言われていたから、演奏会が始まるまでは安心出来なかったけれど(笑)。何しろ、ラフマの3番をチャイコの1番に変更した人ですから…。
さて、これから先、どんなプログラムを聴かせてくれるのでしょうか。楽しみだなぁ。でもチケット入手は相当に、困難でしょうね。

B000YY66FK ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番
アルゲリッチ(マルタ)
ユニバーサルクラシック 2008-01-23

by G-Tools
B000M5B9E4 ラヴェル:ピアノ協奏曲
アルゲリッチ(マルタ)
ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-02-28

by G-Tools
B0009J8J5U 小澤征爾/マルタ・アルゲリッチ [DVD]
ニホンモニター・ドリームライフ 2005-06-22

by G-Tools

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

フォト