« 小澤征爾さん、ウィーンフィルの名誉団員に | トップページ | アンデス乙女 »

2010/11/10

新日本フィル定期演奏会 (11/2)

11月2日(火)サントリーホール

指揮:インゴ・メッツマッハー
♪ブラームス作曲:悲劇的序曲 op.81
♪ハルトマン作曲:交響曲第6番
♪チャイコフスキー作曲:交響曲第6番ロ短調『悲愴』op.74

2曲目のハルトマンが、なんだかものすごく面白かったです。打楽器もたくさん入って、オーケストラがステージ上で、ひしめき合っているような感じでした。それなのに聞こえてくる音は明快でスッキリしていて、楽しい演奏でした。初めて聞いた曲、しかも現代音楽が楽しく聞けたなんて、滅多にない経験かと思います。

チャイコフスキーは、フォルテで響いてくるところはダイナミックで良かったのですが、どちらかというとあまり繊細な部分はなく、うねるというのかな、チャイコフスキーらしい、じっとりと粘るように盛り上がってくるようなメロディラインの部分には、少々もの足りなさも感じました。
トリフォニー定期のマーラーは評判が良いみたいなので、次のプログラムに期待したいと思います。

さて、そういえば、指揮者のスピノジさんがまた登場することが決まったとか…。楽しみです。

« 小澤征爾さん、ウィーンフィルの名誉団員に | トップページ | アンデス乙女 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/49993425

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本フィル定期演奏会 (11/2):

« 小澤征爾さん、ウィーンフィルの名誉団員に | トップページ | アンデス乙女 »

フォト