« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/31

エマニュエル・パユ&クリスティアン・リヴェ(10/22)

10月22日(金)王子ホール 19時
フルート:エマニュエル・パユ
ギター:クリスティアン・リヴェ

J.S.バッハ:フルートと通奏低音のためのソナタ ハ長調 BWV1033
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
J.ノヴァーク:フルートとギターのための「春の舞曲」
宮城道雄:春の海
武満 徹:エア(フルート独奏)
     :海へ
     :すべては薄明のなかで (ギター独奏)
ラヴィ・シャンカール:魅惑の夜明け

アンコール/ピアソラ:タンゴの歴史「1900年の酒場」

銀座の真ん中、王子ホール、たった315席のホールでのフルートとギター。前にどこかで見たパユを表す言葉「空気を自在にあやつる男」って本当だなぁと、しみじみ思いました。

今回のプログラムは、まず中央ヨーロッパ、日本、インドと地域でまとめた構成との事。何故だか、リヴェ氏の楽譜の頁がバラバラになっていたようで、どの曲もなかなか始まらない。すっとパユ氏が横から楽譜の順を直したりして、準備が悪いような所もありましたが、それも演出?なのか、おや?と思わせておいて、ひとたび2人が演奏を始めると、ふわ~っと、匂い立つような優美な音色。繊細でいて大胆で、クールで暖かで鮮やか・・・。

キャンバスに2人が次々に絵筆を走らせ、どんどん美しくなっていくのを、目の当たりにしているような演奏でした。どんな色を重ねても、けして濁ることのない美しい絵画のような・・・。

「春の海」なんて我々にとってはお正月に聞く曲、だと思いますが、あの尺八とお琴の名曲が、フルートとギターになるとは・・・。独特のコブシのような吹き回し?もありましたし、お琴のような弦のはじきもありましたし、あらためてこういう曲だったのかと、驚きましたし、感動しました。こういう純日本風の曲の後の、武満徹の浮遊感のある透明な曲がまた素晴らしくて、その後はインド音楽・・・。一緒に旅に連れて行ってもらったような、心楽しい時間でした。

アンコールのピアソラが、これまたとっても楽しかった!もしも時間が許したら、きっといつまでも次々にいろんな曲を弾いているんじゃないかしら、と思えるような息のあった2人の演奏でした。できる事なら、最初からもう一度全部聞きたいです。たいがいの演奏会の後は、いつも思うことですが・・・。

20101102015639d_2

2010/10/25

コスモスと日々草

10100603

10100616

10月も後半なの、コスモスと日々草が同時に咲いているなんて、ちょっと不思議。夏と秋がプランターで並んでいる・・・。

10092608

2010/10/20

クリスチャン・ツィメルマン ハーゲン弦楽四重奏団(10/5)

2010年10月5日(水)19:00~ 
於:東京文化会館(都民劇場)

ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン
ハーゲン弦楽四重奏団
バツェヴィッチ:ピアノ五重奏曲第1番(1952)
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
シューマン: ピアノ五重奏曲 Op.44

忘れないうちに書き留めておこうと思いつつ、2週間もたってしまいました。ところが、忘れない。身体の内側に、花が咲いているような…最後に聴いたシューマンのピアノ五重奏の「音楽」がずぅっと今もあります。

2度目に聴くパツェヴィッチは、とてもリズミカルで、音がピアノから弦にそしてピアノにと、弾んで渡っていくのが見えるような演奏で、サントリーで聴いた時よりも楽しめました。滅多に演奏されない曲だけに、せっかく録音しているのだから、CDの生産中止とはなんとも残念でなりません。

ヤナーチェクは、終始、緊張が途切れずに、すごい集中力。ぐぅーっと凝縮された、これぞ室内楽、というような演奏。ハーゲンS.Q.の次の機会にはベートーヴェンとかバルトークとか聴いてみたいです。来日情報チェックしようと思います。

そして、シューマンのピアノ五重奏。東京文化会館のような大きなホール、しかも天井がうんと高い筒のようなホールで、いったい室内楽がどんな風に聞こえるのかしら?と心配もありましたが、今回は一番前列の席でしたので、5人の息づかいが聞こえるほど。バラバラな呼吸が、やがて合ってきて、ステージ上の空気が丸くなって暖まっていく感じがして、音楽も、かろやかに穏やかに弾んでいました。演奏しているのがとても楽しそうで、幸せな空間、そして時間でした。

音楽で会話が出来るって本当にすごい、そして素晴らしいですね。 ツィメルマンと、ハーゲンS.Q.が出会ってくれた事に感謝、こんな素敵な音楽を聴かせてくれた事に感謝の一夜でした。

ツィメルマンさんはこの後、しばらく演奏会は行わないそうですが、次はいったいどんなプログラムを聴かせてくれるのか、とても楽しみです。

2010/10/10

日帰り温泉 天恵

昨夜、ふらっと行ってきました、日帰り温泉の天恵。サイトはこちら

この温泉は、「時の栖」グループの中の1つで、初めて行ったのですが、水着で入れるいくつかのお風呂が真ん中にあり、両側にそれぞれ男湯と女湯があります。

水着で入れる中に、足湯があり、ドクターフィッシュと言われているガラ・ルファという魚が、ぬるめのお湯の中を泳いでいます。足を入れると、そよそよと泳いできてあっと言う間に、足に食いついてきます・・・なんとも不思議な感覚でした。この魚、雑食で角質をついばんでくれるという事なのですが、なんだか申し訳ない気分に・・・。足がツルツルになるには、かなり長い時間、この何とも言えない感触に耐えなければならないのですが。だんだん、ついばまれるのに慣れてきますが、他のお風呂にも入りたいので、そこそこで止めました。

水着で入れるジャグジーやサウナはややぬるめでした。外にもいくつか露天があるようでしたが、大雨の上にさすがに寒く、諦めました。

水着なしの温泉の方は、露天風呂に屋根がついているので、雨でも大丈夫でした。大雨の降りしきる音と、温泉から立ち上る湯気とで、そこだけかえって静かなほどでした。

お風呂上がりには、仮眠室やマッサージチェア(無料)もあり、のんびりできます。夜9時過ぎに入って、出たのは12時少し前だったかな。大雨の中帰ってきました。

そうそう、行きは海老名、帰りは足柄のサービスエリアに寄ったのですが、本当にきれいになっていて、足柄のマックは24時間営業だそうです。夜中でもマックカフェが飲めます。

2010/10/09

日帰り温泉

日帰り温泉
須走の天恵という日帰り温泉に入って来ました〜。
足湯に小さな魚がたくさんいて、足を入れると、わらわらと寄ってきて、何やら啄んでいくのです。初めての不思議な感覚でした。
これから帰ります。しかし雨がすごい!どしゃ降りです。

2010/10/04

魔女のトリック

101003d15_2

昨日食べた「魔女のトリック」31アイスクリーム。

シャーベット系で美味しかったぁ。

クリスチャン・ツィメルマン ハーゲン弦楽四重奏団(9/28)

9月28日(火) サントリーホール
バツェヴィチ:ピアノ五重奏曲第1番
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
シューマン:ピアノ五重奏曲変ホ長調作品44

春に聞いた強烈なショパンの印象がまだまだ細胞にくっきりと染みこんで残っておりますが、待ちに待った室内楽・・・。でも、ずっと待ちに待ってるパツェヴィチのCDは出ませんでしたが・・・。
(ジャパンアーツのサイトに今回のプログラムについてツィメルマンのインタビューがあります。こちら

ということで、残念ながら予習はできず。いつも初めて聞く曲は、あれよあれよという間に終わってしまいます。それでも第2、第3楽章は哀しくてそして美しく、はっとしました。ややピアノがリードしつつ、寄り添って上っていくような演奏でした。現代曲だと丁々発止のやりとりになるのかと想像していましたが、信頼しあったキャッチボールで投げるべきところに投げ、受け止めてまた投げていくような感じでした。それにしても、ピアノの楽譜が横に長かったです。

続くクロイツェル・ソナタ。素晴らしい緊張感で、ぐいぐい引きこまれました。実はもう20年以上前の事ですが、ハーゲン弦楽四重奏団の来日を心待ちにしていたのですが、直前にご病気かなにかでキャンセルになってしまったことがありました。 ドヴォルザークの「アメリカ」のCDを買ったところ、それに入っていた「糸杉」という曲がとてもきれいで、それを演奏していたハーゲンS.Q.の演奏を是非聞きたい!と思ってのことでした。その後、なかなかチャンスがないまま、月日がたって忘れていたので、今回は本当に嬉しいです。

休憩後は、シューマンのピアノ五重奏。今回はこの曲を楽しみにしていた人も多かったと思います。それぞれが、深い理解の上で弾いているといった演奏で、時折、変化球を投げながら、心から楽しんで弾いている感じで、聴いている側も幸せに包まれるような暖かな演奏でした。

本当に素晴らしい演奏でした。ただ、サントリーホールでは、大きすぎて音が拡散していってしまうので、やはり室内楽は少し狭いホール…紀尾井とかカザルスホールあたりだったらすごく良かったはず。とはいえ、サントリーホールで9割くらいは入っていたと思うので、小さいホールだったら、もっと公演回数増やしてもらわないと、チケット買えなかったかも・・・。

糸杉の入っているCDはこちらです。

B00005FJ8L ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番《アメリカ》
ハーゲン弦楽四重奏団
ポリドール 1999-09-29

by G-Tools

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

フォト