« 松本から浅間温泉 | トップページ | 横浜 アウトレット »

2010/09/22

サイトウ・キネン・オーケストラ

10090813

9月8日(水)午後7時開演
長野県松本文化会館

指揮:小澤征爾
♪チャイコフスキー:「弦楽セレナード」ハ長調 作品48」より第1楽章 

指揮:下野竜也
♪権代敦彦:デカセクシス
  (世界初演:カーネギーホールとの共同委嘱)
♪ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68  
演奏:サイトウ・キネン・オーケストラ

小澤さんが腰痛の悪化の為、オーケストラコンサートのCプログラムとして発表されていた曲目は、下野さんの指揮に変わり、小澤さんはチャイコフスキーの弦楽セレナードの第1楽章だけの指揮となりました。その事のお詫びの書かれた手紙が、入場とともに配られました。

7時になると、まず下手からマイクを持った小澤さんが出ていらして、「ガンを克服できた事、けれども、腰痛が悪化してしまい、長く指揮できない事」などを説明され、「来年はうんと元気になって、指揮します」と挨拶されました。

先日、NHKのハイビジョンで放送された番組でこの演奏を聞いた方も多かったようで、あれはチャイコフスキーとして聞くもんじゃない、「小澤さんとサイトウキネンの曲」っていう曲なんだと、そんな感想を何人かから聞きました。まさしく、弦楽セレナードとして、もしもあの演奏で全曲聞いたら、もうそれだけで他の曲は聞けないです。そういう濃い、原液のような演奏でした。指揮をする小澤さんはもちろんのこと、演奏するオケの人達、そして聴衆も、一音たりとも逃さない、というような強力な意識の集中が7分続いたと思います。そういう事ってなかなかない。うねるような弦の響きが、会場を満たして、それでも尚、地の底から湧いてくるような音楽がそこにあった。ちょっと息苦しくなるほどに・・・。来年のバルトークはきっとすごい事になるでしょう!

さて、こんな原液を味わったホットな会場の空気の中、登場する下野さんは大変ですよね。そういう意味では、「デカセクシス」という世界初演の曲は、会場の空気を中和するのに良かったのかも。というより、不安な感じがあり、なんだかよく分からなかったので…。終わった時にはホッとしました。

休憩が入り、後半はブラームスの1番。2曲目でコンマスが矢部さんに変わりましたが、ここでまた豊嶋さんに戻りました。最初のライナー・ゼーガス氏(ベルリン・フィルのティンパニー奏者)の音で、あぁ、何かが違う・・・。と思ったまま最後まで行ってしまった・・・。弦楽器の音色も美しく伸びやかだし、管楽器も華やかでまろやかだし、最高級の食材がたくさん並んでいながら、何を食べてもピンと来ないような贅沢な哀しさ・・・。

たぶん、ブラームスの1番は、小澤さんの指揮した新日本フィルやサイトウキネン、来日したボストン響、カラヤンの代理で振ったベルリン・フィル(サントリーホールのオープニング)等々、う~んと昔からずっと細胞が覚えている小澤さんのブラームスが私の中にあり、他の演奏になじめないのかもしれません。
それにこの世界オーケストラが鳴り出すと、バランスが崩れてまとまりとして聞こえて来ないところもあって…。きっと、リハーサルの時間も短かったのかもしれないし、下野さんのブラームスになりきれなかったのかもしれません。

さて、帰りは大変でした。中央道の八王子インターあたりで事故があり、圏央道に迂回しなければならず、ものすごい遠回りになりそうでしたが、八王子西の料金所で相談したおかげで、中央道に戻る事ができ無事に帰る事ができました。

チャイコフスキー:弦楽セレナード/モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジー チャイコフスキー:弦楽セレナード/モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジー
モーツァルト サイトウ・キネン・オーケストラ 小澤征爾

by G-Tools
バルトーク:管弦楽のための協奏曲/弦、打、チェレスタのための音楽 バルトーク:管弦楽のための協奏曲/弦、打、チェレスタのための音楽
バルトーク サイトウ・キネン・オーケストラ 小澤征爾

by G-Tools
齋藤秀雄 没後30年 証言ドキュメント+特別演奏会 [DVD] 齋藤秀雄 没後30年 証言ドキュメント+特別演奏会 [DVD]
サイトウ・キネン・オーケストラ

by G-Tools

« 松本から浅間温泉 | トップページ | 横浜 アウトレット »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
秋になりましたね~。
小澤さん、12月はカーネギーにお越しになるはずなのですが、腰痛がひどいのでしたら、飛行機の移動は大変ですね。
お元気になられるといいのですが…

clubらりぃ母さん、こんばんは!
そうですよね、12月は芸術監督をつとめられると
記事で読みました。
指揮台の上り下りはだいぶ気を付けてされているように
見えました。腰というのはなかなか良くならないでしょうから、
移動も、指揮も大変ではないかと思います。
日本もやっと秋になりました。湿気がなくて
秋晴れの日はとても気持ちが良いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/49523874

この記事へのトラックバック一覧です: サイトウ・キネン・オーケストラ:

« 松本から浅間温泉 | トップページ | 横浜 アウトレット »

フォト