« ソーラーライト | トップページ | 「40 翼ふたたび」 石田衣良著 »

2010/07/20

シューラ・チェルカスキー

最近、聞いているのがチェルカスキーのこのCD。ブラームスの、「パガニーニの主題による変奏曲」とリストの「ドン・ジョヴァンニの回想」を繰り返し聞いてます。ドンジョヴァンニは、弾いてるうちに熱が上がってくるのが分かります。聞いてるだけでもワクワクしてきます。

もう何年前になるでしょうか。初めてチェルカスキーのピアノを聞いたのは、新日本フィルとの協演で、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」でした。あんなにうっとりと艶のある、ロマンティックなラフマニノフの「パガニーニ・・・」を聞いたのは、たぶん後にも先にもチェルカスキーだけ。それくらい強烈な印象でした。あの日、オケの曲は他に何を演奏したのか、全く記憶していません。指揮者はたしか手塚幸紀さんだったかと思いますが・・・。

それからは来日するのが本当に楽しみでした。独特の歩き方で、ちょこちょこっと出てきて、自在に弾いて、ちょこっとお辞儀してステージから消えて行ってしまう小柄なチェルカスキー。アンコールもものすごく楽しい演奏で、あぁいうチャーミングで、強烈な個性のある演奏する人って、これからはもう出てこないかも・・・。

B000Q67DWQ ショパン:ポロネーズ 嬰ヘ短調 Op.44他 [Import]
ショパン
ORFEO 2007-07-09

by G-Tools

« ソーラーライト | トップページ | 「40 翼ふたたび」 石田衣良著 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/48929188

この記事へのトラックバック一覧です: シューラ・チェルカスキー:

« ソーラーライト | トップページ | 「40 翼ふたたび」 石田衣良著 »

フォト