« ツツジが咲き始めて・・・。 | トップページ | アシュケナージ父子 »

2010/04/22

舞台・時速246「記憶メモリン」

時速246  vol.04「記憶メモリン」  於:赤坂レッドシアター
総合演出・作とか: 御笠ノ忠次(Space Noid)
作 と か: 川尻恵太(SUGARBOY) 川本成(時速246) 喜安浩平(ナイロン100℃・ブルドッキングヘッドロック) 小林顕作(宇宙レコード・コンドルズ)
出 演: 楠田敏之 渡部紘士 松嶋初音 飯野雅彦 鷲尾昇(*pnish*) 川本成(時速246)

「記憶=想い出」というキーワードで、いくつかの芝居が結ばれて、想い出を持たないはずのクローン達の間にある繋がりに気づかされて・・・。

とにかく笑いました。ほんとに楽しかった。お馬鹿すぎてあり得ないのに、あんまり一生懸命、力一杯演技されてると、そこにどうやら人間の真実がデフォルメされて「在る」ではありませんか!…なんて言葉にすると違ってしまいますけど。

とにかくいっぱい笑って、楽しくなって、幸せになって帰ってきました。

チラシにもあるけれど、「作とか」の「とか」って良いですよね。なんだか全員で作り上げた芝居なんだなって感じます。

« ツツジが咲き始めて・・・。 | トップページ | アシュケナージ父子 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/48149074

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台・時速246「記憶メモリン」:

« ツツジが咲き始めて・・・。 | トップページ | アシュケナージ父子 »

フォト