« 千駄木 | トップページ | ジャスミン茶 »

2010/03/09

ASKA 10 DAYS SPECIAL

ASKA 10 DAYS SPECIAL
「グッバイ&サンキュー東京厚生年金会館 -ここにあなたの足跡を-」

友人とそれぞれチケットが取れたので、2月の17日(水)と26日(金)の2回行ってきました。

新宿御苑近くにある東京厚生年金会館は、3月に閉館になるそうです。この会場は、ポップス系だけじゃなく、昔はずいぶんクラシックの音楽会もありました。もう30年以上前ですが、 ここで小澤征爾さんが新日本フィルを振ったチャイコフスキーの4番はものすごい迫力があった演奏で、強烈な記憶として残っています。たしか1楽章終わった時に拍手しちゃった人がいたような・・・。

その他にも試写会でも何度か来たし、これくらいのサイズの会場がなくなってしまうのは、残念に思います。

今回は、閉館にあたり、急遽決まったそうで、ASKAソロでの10日間のライブ。2日間とも、開演時間が20分くらい遅れていたような・・・。最初から7時スタートだったら、ありがたかったのになぁ。

ライブのレポートはこちらの公式サイト内のブログにあります。初っぱなから、ガーンと来る大音量で、いきなり現実から切り離してもらえて、ライブにドボーンと飛び込むことができた…と思ったのですが、あまりのドラムの音の大きさに、ヴォーカルがかき消されてしまって…。どうしてポップス系のライブってこんなにバランスが悪いんでしょう?不思議でなりません。

結局の所、私はやっぱりスピーカーを通さない音が好きなんです。バンドの場合って、お互いの音を聞きながらバランスを取るっていうことは、ミキサーが入っているので、出来ないのでしょうか?

♪セットリスト
01.L&R
02.着地点
03.Tattoo
04.風のライオン
(MC)
05.LOVE SONG
06.はるかな国から
07.ONE
08.はじまりはいつも雨
(MC)
09.Girl
10.No Way
11.ロケットの樹の下で
12.同じ時代を
(MC・メンバー紹介)
13.WALK
14.Cry
15.晴天を誉めるなら夕暮れを待て
16.月が近づけば少しはましだろう
17.心に花の咲く方へ
(MC)
18.君が愛を語れ
19.UNI-VERSE

アンコール
20.新曲(仮歌)
(MC)
・エンディングフィルム

ここ数年、喉の調子が悪かったとご本人がおっしゃっていましたが、今回はまったく心配のない、弾力があってぐいぐいと伸びていくASKA節とでも言いましょうか、気持ちよさそうで、楽しいステージでした。

過去の曲のお化粧直しは、どうにも厚化粧になってしまったようで、違和感を持ちました。好きだった小説の登場人物の性格が、ちょっと変わっちゃったような感じで、最初に聞いて、「あぁ、この曲いいなぁ」と思った時の印象からなかなか離れられないんですね。知らずに、「ハモリChage」音声が脳内で補完されちゃったりして…。それだけ第一印象が強烈だった事と、それで聞き込んじゃったって事なんだと思います。

いつかまたCHAGE&ASKAで聞ける日が来るといいなぁ…。andよりも&がいいなぁ。そうそう、エンディングフィルムの後、楽屋口で、首にタオルをかけたASKAさん本人が「どなた様もお気を付けて、想い出をお忘れなきよう・・・」なんてアナウンスをしていて、笑わせていただきました。

« 千駄木 | トップページ | ジャスミン茶 »

CHAGE&ASKA」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、
私は25日のラス前、26日ラストと連ちゃんの参加でした。
両日共にMCの趣旨は同じでしたが、ラストはちゃーんと
ヘリコプターが飛びました。25日はダメでしたからね(笑)

今回のASKAさん、楽しそうに歌ってましたね。歌い続けて
喉が回復、数年前は、今回も声が・・・って、毎回同じ様な
コメントが、お仲間さんとの第一声でした。

オーバー50ならば、十分ですが、これを還暦まで続けて
欲しいな。矢沢の栄ちゃんに負けない様に、ミックジャガー
にも負けないでね(笑)私ら夫婦はずっと応援し続けますよ。
ASKAの楽曲は奥が深いし、引き出しも多い。飽きませんね。

noteやまけんさん、こんばんは!
17日はまだヘリコプターはなかったので、最終日に見て笑っちゃいました。
声の心配がなくなったのは、ほっとしました。でもプロだから、それが当たり前ということではあるんですけれどねー。
喉の不調は長かったですものねー。本人もスタッフもファンも、なんだか皆でその事に触れて良いやら悪いやらのような感じでしたよね。
ASKAさんの楽曲は、時がたって改めて聞くと別の意味を感じる事も良くあるので、なおさら、最初に近い形で歌って欲しいなぁと思うのかもしれません。

こんにちは。はじめまして。
検索していたらこちらにたどり着きました。
私も10DAYSに参加し、バックの音の大きさにA様の声が聞こえずがっかりした一人で、思わず文句をブログに書いてしまった一人です。その後A様に悪いなと思って非表示にしましたが・・・。
でも、同じように感じた方の記事を読むのが初めてでうれしくて?コメさせていただきました。

みなさんA様の声が凄かったという感想しか書いてないので私が変なのかと思っていました。。。やっぱりアンプラグドやギター一本、ピアノ一本とA様の声のみでやって欲しいです。

まだ読ませていただいたのは本記事のみですが、クラシックも楽しまれている方とお察ししました。私もオケ公演は数えるほどですが、バレエは数え切れないほど見てきてますので、オケ演奏に馴染んでいる人特有の感じ方なのかなって思ったり。。。

初コメなのに長々失礼いたしました。よろしければサブリナブログにもぜひお越しください!

tulip sabrinaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ヴォーカルがしっかり聞こえてこそのコンサートだと思うので、
この間のは、ちょっとバランスがおかしいと感じました。
本当に、ピアノやギターの伴奏だけで、じっくりと聴ける
コンサートがあったらいいですね。
そんな風にASKAさんの声を堪能してみたいです~。
今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/47770935

この記事へのトラックバック一覧です: ASKA 10 DAYS SPECIAL:

« 千駄木 | トップページ | ジャスミン茶 »

フォト