« ゴールデン・スランバー | トップページ | 新日本フィル定期演奏会 (2/11) »

2010/02/10

えれがんす(紀伊国屋ホール)

『えれがんす』
紀伊国屋ホール(2月3日)

作・演出:千葉雅子
出演:木野花/渡辺えり/梅沢昌代/コ・スヒ/中村倫也/八嶋智人 (シスカンパニーのHP

と言うことで、ひさしぶりの芝居でしたが、面白かったです。この6人の良い所が、ぶつかりあって、あっと言う間の1時間半でした。

冒頭、木野花さんと渡辺えりさんの二人の漫才で幕が開くのですが、面白いようなそうでもないような・・・インパクトがありすぎて、いったいどういう設定なんだろう?かと驚きましたけれど、なるほど、2人は、その昔、それぞれがオリンピック選手として活躍していて、引退した後、タレント活動をしていたという設定。2人で漫才もやっていたらしい。(笑)

その時に、大切な弟が亡くなり、営業に出ていて看取る事が出来なかった木野花さんと、妹でマネージャーだった梅沢昌代さんとの間に大きな亀裂が生まれてしまい、月日は流れ。
木野花さんが経営していたシンクロのスクールが倒産し、そのプールを明け渡す日に、奇しくも集まった6人。弟の秘密が、ちょっと嫌味なスポーツライターの八嶋さんによって明かされて・・・。

前半はほとんどセリフのなかったコ・スヒさんが、後半大活躍。全員が彼女の言葉によって、本音を吐き出し、最終的には仲直りするのですが、その怒濤の後半には、笑いあり、涙あり、で、大笑いしながらもほろっとさせられました。

紀伊国屋ホールのサイズは、ステージと近くて良いですねー。

« ゴールデン・スランバー | トップページ | 新日本フィル定期演奏会 (2/11) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/47533969

この記事へのトラックバック一覧です: えれがんす(紀伊国屋ホール):

« ゴールデン・スランバー | トップページ | 新日本フィル定期演奏会 (2/11) »

フォト