« 「間取りの手帳」佐藤和歌子 著 | トップページ | 松田理奈 ヴァイオリンリサイタル »

2010/01/20

「カールじいさんの空飛ぶ家」

去年、試写会だったので、3Dでは見ていませんが、とっても素敵なストーリーでした。

家が風船で飛び上がるなんて、あり得ないといったらそれまでですが(笑)、なんだか見終わった時には元気がもらえました。いくつになっても、やりたい事、やるべき事は、全力で行かなくっちゃ!っていう感じです。

最初の10分位は、お爺さんが子供だった頃、初めて同じ趣味の、それはそれは元気な女の子に出会って、結婚して…。(2人の夢はギアナ高地の伝説の滝に行く事なんだからすごいです…。)おばあさんが亡くなるまでが、あっと言う間に描かれるのですが、その短い時間に、どれだけ2人がお互いを大切に思っていたかが、ものすごく良く分かるんです。もう、そこでキューンーンと来てウルウルしてしまいました。

旅に出てからも、子供とか犬とか鳥とか、面白くって魅力的なキャラクターの登場に、笑わせてもらいました。とにかく全編通して、すべてのキャラクターが表情豊かで、言葉がなくても、どんな性格なのか一目で分かると思います。私は、結婚式のシーンが好きでした。無口で実直なカールの親族と、明るくって元気なエリーの親族が、ものすごく対照的で、笑っちゃいました。

« 「間取りの手帳」佐藤和歌子 著 | トップページ | 松田理奈 ヴァイオリンリサイタル »

映画」カテゴリの記事

コメント

私も去年、仕事の関係でディズニーの社員さんから試写会に呼ばれ見ました。
要は、カール爺さんのキャラ使った商品でも作りませんか!
って事なんですが・・・

できる事ならば、あんな夫婦でありたいです。

japaneseteaコリパンさん、こんばんは!
本当に、良い夫婦でしたねー。
お互いを思いやっていて、夢を大切にしていて…。
それでカール爺さんのキャラクター商品、何か出来ましたか?

やはり、ディズニーキャラクター商品として出すには、ミッキーやくまのプーさんに比較すると商品寿命が短いので断念しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/47349246

この記事へのトラックバック一覧です: 「カールじいさんの空飛ぶ家」:

« 「間取りの手帳」佐藤和歌子 著 | トップページ | 松田理奈 ヴァイオリンリサイタル »

フォト