« 「カールじいさんの空飛ぶ家」 | トップページ | 「アバター」3D鑑賞 »

2010/01/23

松田理奈 ヴァイオリンリサイタル

1月22日(金) 紀尾井ホール
ヴァイオリン:松田理奈 ピアノ:清水和音
イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調作品27-2 
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 作品27-3「バラード」
ラヴェル:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ「遺作」
ラヴェル:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調
ラヴェル:ツィガーヌ

久しぶりに聞きましたけれど、余裕というか自在というか、さすが清水和音さん。

あ、ヴァイオリンリサイタルでしたが…。どうにもなんというか、熱くない音楽で、きちんと弾いている次に何が来るのかなぁ・・・と客席でウキウキしてこない感じでした。彼女のブログを見ると、
(予定)モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第40番 変ロ長調 K.454、
J.S.バッハ:シャコンヌ、
ラベル:遺作ソナタ/ヴァイオリン・ソナタ/ツィガーヌ
と、なっていました。たぶん、この予定されていたモーツァルトの方が、合っていたのではないかしら?と思ってしまいます。ネットで探してみたら、去年のリサイタルではモーツァルトとバッハを弾いているんですね。
楽器はガダニーニとの事。やわらかくふくよかによく響く、すごく良い音でした。

アンコールは、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」、そしてクライスラーの「テンポ・ディ・メヌエット」でした。この日の演奏でクライスラーが一番のびのび弾いていたように聞こえました。

« 「カールじいさんの空飛ぶ家」 | トップページ | 「アバター」3D鑑賞 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

清水和音さんのお名前を久々に目にしました。
日本人離れしたスケールの大きな演奏をされますよね。
清水さんのラヴェルってどんな感じなのかちょっとイメージが沸かないんですけど、いつか聴いてみたいです♪

notesバラードさん、こんばんは!
清水和音さんはその昔、豊島泰嗣さんと組んで、
ヴァイオリンソナタの演奏会がシリーズで数回あった
のですが、その時は、お互い丁々発止というか、
触発しあって、まさしく「芸術は爆発」と言えるような
エネルギッシュなソナタをたくさん聞かせてくれたんです。
ヴァイオリンソナタって、ヴァイオリンとピアノの両方の為の
曲ですよね。
ラヴェルは、美しいけれど、こざっぱりとした演奏
だったように思います。
いつかピアノだけで聞いてみたいって思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/47367196

この記事へのトラックバック一覧です: 松田理奈 ヴァイオリンリサイタル:

« 「カールじいさんの空飛ぶ家」 | トップページ | 「アバター」3D鑑賞 »

フォト