« 雨の表参道 | トップページ | パユ様とメイエ様と…レ・ヴァン・フランセ »

2009/12/07

小澤征爾指揮 新日本フィル ブルックナー

小澤征爾指揮 新日本フィル特別演奏会
  ピアノ:上原彩子
ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲第1番ハ長調op.15
ブルックナー:交響曲第3番ニ短調『ワーグナー』
於:すみだトリフォニーホール 12月6日(日)14時

昨年5月にも同じトリフォニーホールで、上原彩子さんと共演しています。(ラフマニノフのP協3番でした。)

ベートーヴェンのP協1番はとても好きです。今年の5月にもピアノ、ピョートル・アンデルシェフスキ、新日本フィル、アルミンクの指揮で聞きました。上原さんのピアノは、わりと硬いというか、重たい音色で、第1楽章は、新日本フィルの軽やかな音とは響きが混じってこないような印象でしたが、第2、第3楽章と進むにつれて、調子が上がって来たような感じがしました。小澤さんは、協奏曲だと、めくらなくても総譜が譜面台に置いてある事が多いのですが、この日は何もなし。指揮台はやや斜めに置いてありました。そして指揮台の後ろの背もたれにはバーが付いていて、半分位は、そこに腰掛けながらの指揮でした。

ベートーヴェンが20代に作曲したピアノ協奏曲なので、軽やかに弾ける感じの演奏の方が好きです。私が最初に聞いた1番はこれ。ピアノ、ルドルフ・ゼルキン、小澤征爾指揮ボストン交響楽団。テンポは遅いけれど、とても好きな演奏です。

B00005FH4B ベートーヴェン:P協奏曲全集
ゼルキン(ルドルフ) 小澤征爾指揮
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1997-06-04

by G-Tools

映像でも楽しむのなら、こちらのDVDでしょうか。

B000VZTWQM ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集 [DVD]
ツィマーマン(クリスティアン)
ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-11-07

by G-Tools

こちらも面白いです。バーンスタインの弾き振りです。20代のベートーヴェンが聞いたら、弾け方にびっくりするかも。

B000VOOMQI モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番
バーンスタイン(レナード)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2007-11-07

by G-Tools

その他には、ミケランジェリの演奏がとても面白いです。もしかしたら、 録音の際のマイクの位置のせいかもしれませんが、第3楽章は左手の旋律がとても良く聞こえます。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1&3番
ベネデッティ=ミケランジェリ(アルトゥーロ)

by G-Tools

さて、20分の休憩の後、後半はブルックナーの交響曲第3番「ワーグナー」でした。

新日本フィルのブルックナーと言えば、ずっと朝比奈隆さんで聞いてきたので、それはもうだいぶ昔の事ではありますが、その重厚な演奏というのは、忘れられません。今の新日本フィルからどんな音が聞こえてくるのかしらと、とても楽しみでした。60分ある交響曲、少し疲れて見える小澤さんでしたが、こういう曲だと、そうそう腰掛けてばかりはいられないようで、音楽と共に立ち上がって振っていらっしゃいました。木管、金管ともに、とてもきれいで大音量になってもけっして濁らず、きらびやかな音がホールに鳴り響き渡り、気持ち良いほどでした。わりと食わず嫌い(聞かず嫌いか)だったブルックナーなのですが、もっと聞いておきたい・・・と思いました。

小澤さんのブルックナーはサイトウキネンで第7番があります。

B0002J53O2 ブルックナー:交響曲第7番
小澤征爾
ユニバーサル ミュージック クラシック 2004-08-21

by G-Tools

さて、この後、何回か演奏会が続くので、小澤さんには、どうぞお大事になさっていただきたいなぁと思います。

« 雨の表参道 | トップページ | パユ様とメイエ様と…レ・ヴァン・フランセ »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/46964629

この記事へのトラックバック一覧です: 小澤征爾指揮 新日本フィル ブルックナー:

« 雨の表参道 | トップページ | パユ様とメイエ様と…レ・ヴァン・フランセ »

フォト