« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/30

Chageの細道 in ゆうぽうと

11月28日(土) ゆうぽうと
『Chageの細道 2009』

「茶会」と題した草月ホールでのコンサートは4月だったかしら・・・なんだか遙か昔のような気もしてしまいます。あの時に感じた暖かい空気間が、そのままずっと続いていたんですねー。ゆうぽうとでは、ステージと客席の距離が本当に近く感じました。

続きを読む "Chageの細道 in ゆうぽうと" »

2009/11/28

東京タワー

09112126 東京タワー。ダイヤモンドヴェール。

ライトアップに2種類あるそうです。
ダイヤモンドヴェールとランドマークライト。

こちらのサイトで、スケジュールが分かります。東京タワーのサイトがこんなに情報満載とは、知りませんでした。

12月は、“光と音のライティングショー”『東京タワー クリスマス・ライトダウンストーリー』というのが2年振りに復活するそうです。どんななんでしょう。ちょっと気になるなぁ・・・。

2009/11/26

メンデルスゾーンの弦楽八重奏曲

11月24日(水) メンデルスゾーン生誕200年記念特別演奏会
於:紀尾井ホール
ジュリアード弦楽四重奏団&上海クァルテット

♪バルトーク:弦楽四重奏曲第2番作品17
 (ジュリアードS.Q.)
♪ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番ハ長調 「ラズモフスキー第3番」作品59-3
 (上海Q.)
♪メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 変ホ長調作品20
 (ジュリアード弦楽四重奏団・上海クァルテット)

紀尾井ホールの大きさや響きはとても好きなんですが、2階のバルコニーだと、室内楽の4人のメンバーのうち、2人しか見えないので、残念です。それと2列目は椅子が高くてなんとなく落ち着きません・・・。

最初のバルトークは、ジュリアード弦楽四重奏団の演奏。適度な緊張感があってすごく良かったです。なんともいえない美しく伸びやかな響きで、織り込まれていく反物のような演奏。室内楽の4人の演奏者の息づかいが、ホール全体に伝染していく感じがしました。

次のベートーヴェンのラズモフスキーは、 上海クァルテット。昨年の秋、ブラームスの弦楽四重奏、五重奏、六重奏というプログラムを聞いてからちょうど1年。曲に挑戦していくような気力のある演奏でした。でも、少々テンポをいじってる感じが、流れを無理に止めているような気もしました。

メンデルスゾーンの八重奏曲を初めて聴いたのは、カザルスホールでした。もう10年以上前のことですが、それ以来、この曲が大好き!でも八重奏って滅多にプログラムに載らないんですよね。残念ながら、3回くらいしか聞けてません。
この曲は、とにかく明るくて、伸びやかで、快活で、晴れやかで、美しくて・・・。メンデルスゾーンが16歳で作曲したというのだから、ほんとにすごい、天才ですね。

チェロを真ん中に、向かって左側がジュリアード、右側が上海で、V字というかU字型というか、固まって座っていました。その方がお互いの音が目と耳に入るのかなぁ? まるで枝がしなるような演奏でした。実の重さでしなっては戻るような・・・。弾力のある弦の重なり合いで、わくわくしました。やっぱり誰の演奏で聞いても、この曲は良いです。
アンコールは3楽章をもう一度弾いてくれましたが、力が抜けていてこちらの方が良かったかも・・・。

CDは3枚持っています。

B001NGSMGO メンデルスゾーン:八重奏曲、他
イ・ムジチ合奏団
ユニバーサル ミュージック クラシック 2009-02-04

by G-Tools

メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 (ジャケット画像なし)
ゲバントハウス弦楽四重奏団 ベルリン弦楽四重奏団
徳間ジャパンコミュニケーションズ 1994-04-05

by G-Tools

B00005S056 ベートーヴェン:弦楽三重奏曲全集&ピアノ三重奏曲
ハイフェッツ(ヤッシャ)
BMG JAPAN 2001-12-19

by G-Tools

これはすごいです。ヴァイオリンがハイフェッツ、チェロがピアティゴルスキー!

2009/11/23

スタンバってます。

おもちゃを投げてもらうのを、今か今かと待っている・・・。

相変わらず、片耳垂れてます。

09112236

まだ~、早く~って感じでしょうか。

09112227

2009/11/22

バカラのシャンデリア

09112114 恵比寿、ガーデンプレイスのバカラのシャンデリアです。やっぱりきれいですね。
冬の寒空の下のイルミネーションは見ている時は、ちょっと寒さを忘れられるような気がします。やっぱり灯りって暖かい。

これはジョエル・ロブション側から撮りました。1月11日まで見られるそうです。

09112118

2009/11/21

IKEA

IKEA
楽しい~!♪♪

2009/11/20

新日本フィル定期演奏会 11/18

11月18日(水) サントリーホール
♪マーラー作曲交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』
指揮:クリスティアン・アルミンク
ソプラノ:マヌエラ・ウール、宮平真希子、安井陽子
アルト :アレクサンドラ・ペーターザマー、清水華澄
テノール:ジョン・ヴィラーズ
バリトン:ユルゲン・リン
バス:ロベルト・ホルツァー
合唱:栗友会合唱団、武蔵野音楽大学室内合唱団 合唱指揮:栗山文昭
児童合唱:東京少年少女合唱隊 児童合唱指揮:長谷川久恵

なんとこの日は、当日券の発売なし。サントリーホールのPブロックには、合唱団が通路まで所せまし?とばかりに入っていました。そしてそこ以外の客席がこんなに埋まっている定期演奏会は、過去にはほとんどなかったと思います。

千人の交響曲なんて、滅多に聞けるもんじゃありません。こういう曲が定期演奏会で聴けるなんて、幸せです。アルミンク様ありがとう!

強い音から始まった時は、合唱が荒っぽく聞こえて、うわぁこれはつらいかも・・・と思いました。ところが気がつけば、すっかり音楽に浸ることができ、最後まで楽しくて、哀しくて、苦しくて、美しい・・・というマーラー色で、終わってみたら大拍手。ドロドロしていない所が、アルミンクの良い所かもしれません。

指揮台を3台重ねてとても高い所から指揮していましたが、ソリストも皆、背が高くて、あれくらい高さがないと見えにくいでしょうね。

12月は定期演奏会がないけれど、小澤さんが2回あるので楽しみです。

2009/11/16

コストコお買い物

コストコ3回目。果物は、1回目巨峰、2回目キウイベリー、みかんを買って大正解でした。(こちら)今回は、ラ・フランスを買いました。9個入って798円。その場で試食も出来ましたので、切っているお店の人に聞いてみたところ、しっかりと厚めに皮をむいた方が良いそうです。

09111616

09111615

オランディア・ラガービル。スッキリしていて飲みやすいです。
330ml×24缶で3.098円だったかな。

下が、TALKING RAINという炭酸水。オレンジ、レモンライム、ベリー、ナチュラルと4つの味があります。オレンジを飲んでみましたが、ほのかな味です。09111624_2500ml×30本。

どれもクーポン券があったので、安くなったのですが、この炭酸水だけはクーポン券を使うのを忘れてしまいました。残念。カスタマーサービスに券を持って行けばキャッシュで返金してくれるとの事でしたが、何しろ混んでいてすごく待つので諦めました。

09111629

このカエルマークは、ドイツの製品らしいです。これはアロエ入りの食器用洗剤で、3個パックでした。使ってみた所、刺激が少なくて冬場にはよさそうです。

09111612 これは洗濯用の洗剤。エコクリーン。匂いがなくて良いので今回も買いました。洗剤に匂いがないので、柔軟剤はダウニー。前回はピンクのキャップのエイプリルフレッシュを買ったので、今回はブルーのキャップ、クリーンブリーズを買ってみました。洗濯物がけっこうしっかりと香ります。

この他にはキャベツが78円でお買い得だったかも!後はワイン、ハイター、トイレットぺーバー、パン、お菓子・・・ずいぶん買っちゃいましたが、当分の間、重たいものを買わずにすむので助かります。

2009/11/15

コストコ

コストコ
コストコ行きました。いろいろ買いました〜。
パエリア美味しかったです。でもかなり量が多いです。大人4人分位かなぁ。

今日は、ダウニーの洗剤がありませんでした。ラ・フランスが安かったです。味見させてもらいましたが、甘くて美味しかったです。

2009/11/12

ランタナとベゴニア

ランタナが元気です。一つの花に黄色とピンクの小花が咲いていて、面白い花ですね。なんとか冬を越せると良いのだけれど…。 09110104

ベゴニアも咲き続けています。他の色も買ったのですが、これだけ残っています。

09110110_2

2009/11/11

レインボーレッドキウイ

09111006

普通のキウイより小さくて、回りに毛もなくて、酸味もあまりなく甘くて美味しいです。

この間、夫がキウイマラソンに参加して、お土産に持って帰ってきてくれました。

2009/11/10

小澤征爾さん テレビ番組情報

すでに今日ですが、ダイワハウススペシャル『芸術が踊る都ウィーン 華麗なる謎解き大紀行』にインタビューで登場するそうです。【TBS11月10日(火)午後7時55分】
番組HPはこちら

なんでもオーストリアのウィーンは、世界で一番住みやすい街として評価されているそうです。

ものすご~く昔、ツァーで行ったきり。短い滞在時間であっという間に通り過ぎてしまって、もったいなかったなぁ。いつかまた行けるでしょうか・・・。

2009/11/09

スヌーピーショップ

09110310みなとみらいのクィーンズスクエアの中にスヌーピーショップがあります。

吹き抜けの長いエスカレーターを登っていくと、大きなスヌーピーを下から眺める事ができます。

スヌーピーという犬は、すごく冷めた目で人をよく見てるなぁ・・・と、毎日スクリーンセーバーにあらわれるコミックを読んでは、やられたぁ・・・と思わずニヤリとしてしまいます。

キャラクターでは、シュローダーが好き。ピアノを弾いていると、その五線譜の上でスヌーピーが気持ちよさそうに寝ていたり、黄色い鳥が音譜になっていたり・・・。

でもシュローダーのグッズってないんですよね。作られていないのかしら?

ところで、黄色い鳥って、「ぬけさく鳥」と呼ばれていると思っていたのですけれど、ウッドストックというらしいですね。何の鳥の種類なんでしょうね。あんなに線の少ない鳥の絵なのに、表情豊かで、なんとも憎めないキャラですよね。

2009/11/08

リッカルド・シャイー指揮ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

11月4日(水) NHKホール (NHK音楽祭2009

リッカルド・シャイー指揮
ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
ピアノ:キット・アームストロング
♪バッハ/ピアノ協奏曲 第1番 
 アンコール
 ♪シューベルト:「ピアノソナタ」イ長調 D664 第2楽章
♪マーラー/交響曲 第1番 「巨人」

サントリーホールに行きたいなぁ・・・前日のツィメルマン&シンシナティが良かったので、もう1回聴きたいなぁと思いながらNHKホールに向かいました。(笑)でもゲヴァントハウスは一度は聴いてみたいオケ。しかもシャイーの指揮。秋は本当に行きたくなる音楽会がいっぱいです。

1曲目のピアニスト、キット・アームストロングは16歳で、今は、ブレンデルの所で勉強しているそうです。しかし、バッハを聞くにはNHKホールは大きすぎですね。小編成での演奏でしたが、なんとなくつまらないというか…。とっても真面目に弾いているのだけれど、何故、バッハを選んだのでしょう。モーツァルトとか、もっと美しい旋律をきかせてくれるような曲だったら良かったのになぁ。アンコールもきれいなんだけれど、若さがないというか。緊張していたのかな。ちょっと固い演奏でした。

後半のマーラーの「巨人」は大編成。そういえばシンシナティはひな壇を使わず、皆同じ高さでしたが…。こちらは、コントラバスが向かって左側という珍しい並び。ゲヴァントハウスの並び方らしいです。
ドイツのオケなので、太くて深みのある音を想像していましたが、思ったよりも明るい音でした。シャイーがイタリア人だからかしら?関係ないかな。しいていえば、シンシナティが乾いた明るさで、こちらはもう少しウェットな明るさ。
冒頭からわりと遅めのテンポだなと感じましたが、最終楽章まで遅くてちょっとびっくり。マーラーの若い頃の作品だし、こんなに遅いテンポのつもりで作曲されたものだったのでしょうか?遅すぎて、時折オケがばらけるというか、フレーズが繋がらない、間が持たない感じ。でも3楽章は良かったです。オーボエ、クラリネット…等、管にたっぷりとした哀愁があって、ものすごく美しい音色でした。終わってみれば、どっぷりとマーラー節に浸った一夜でした。

2009/11/06

ツィメルマンのガーシュウィン ヤルヴィ指揮シンシナティSO その2

11月3日(火・祝)14時開演 横浜みなとみらいホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ シンシナティ交響楽団
ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン

♪バーンスタイン:「キャンディード」序曲
♪バーンスタイン:ディヴェルティメント
♪ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
♪ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」
アンコール

09110301

東京文化会館で聞いてから、ちょうど1週間。今度はどんな演奏かしら、とものすご~く期待して行ってきました。2回チケット買っておいて良かった!と本当に思いました。(^^)v

この日はLAブロック。オケの左側やや後ろよりで指揮者がよく見えて、管楽器がスッコーンとよく聞こえる席でした。
1曲目のキャンディードと次のディベルティメント、ともにバーンスタインの曲は、とても華やかで明るくて軽いオケの響きが、ホールの中を縦横無尽に飛び交っているような楽しさがありました。やっぱり先週はちょっと駄目な日だったのかな、と今日はこのノリでガーシュウィンに行け~なんて思いながら聞きました。ディベルティメントの最後の曲は、それこそ手拍子でもしたくなるようなムードに盛り上がって、ホールの空気も熱くなったと感じました。

ガーシュウィンの準備は整った・・・とワクワク。先週は燕尾服だったツィメルマン氏。この日はグレーのスーツで登場。夢のような17分30秒・・・。(時計見ました)チケット買ってから、何ヶ月もう~んと待って17分30秒。
先週合わないなぁと感じた事を吹き飛ばすような演奏で、ドキドキしました。席のせいもあったかと思いますが、オケが大音量になるとピアノの音は聞こえなくなり残念でしたが、カデンツァでは酔いしれました。ロマンティックでもあり、きらびやかでもあり、ストイックでもあり、大胆でもあり・・・。あぁ、どうしてこれを録音してくれないのかな、こういう曲こそライブ録音を・・・と思わずにいられませんでしたが、あり得ないでしょうね。

ツィメルマン氏が振り返って右腕をピアノの上に置き、コンマスがソロで弾くのを優しく笑みを浮かべて見ている、その表情は反則技でした・・・。心臓跳ね上がっちゃいました。

何度も拍手に呼び出されて、ついにアンコール。しかも普通に歩いて出てきたのに、途中から小走りで、座るやいなや弾き出して、観客をあっと言わせる感じはすごいですね。この熱くなったホールの空気を、アンコールでもっと熱くして後半に繋げてくれている・・・(何しろ、先日の新日本フィル定期で、ガーシュウィンのP協(ヘ長)の後、シューマンの夢がアンコールで、一瞬にしてホールの空気が冷めたと感じたばかりなので…。)

さて、後半。先週はラフマニノフでしたが、この日はドヴォルザークの「新世界」。
全体的に、緩急や強弱がものすごくついていて、どうも気になってしまいました。アンコールもものすごいタメと、緩急。オケの音もドヴォルザークやブラームスには、もう少し重い響きも欲しいなぁ・・・と思いましたが、先週に比べれば、スッキリと合った演奏で、気持ち良かったです。ヤルヴィは他のオケでも機会があったら聴いてみたいです。

そういえば、この夜は美しい満月でした。

09110305

2009/11/04

特大ポップコーン とか色々

09101603 先日、豊洲で映画を見たのですが、ポップコーンと飲み物のセットを頼んだら、こんな大きな入れ物に入ったポップコーンが来てしまいました・・・。びっくり。(笑)

こんなビッグサイズを頼んだつもりじゃなかったんですけれど、とりあえず頑張ってみました。塩分控えめな生活にしてるのになぁ・・・。って自分が悪いんですけどねー。(真ん中に置いてあるのはi-podです。)

漫画「深夜食堂」面白いです。で、ドラマも面白いです。

深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル) 深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)

深夜食堂 2 (ビッグコミックススペシャル) 深夜食堂 3 (ビッグコミックススペシャル) 深夜食堂 4 (ビッグコミックススペシャル) 深夜食堂 5 深夜食堂の勝手口 (ビッグコミックススペシャル)

by G-Tools

こちらのハロウィンのカボチャはお台場で…。こんな風に、小さいカボチャがいっぱい実ったら可愛いですね。煮るのも簡単だし。 シチューに入ってたら食欲そそるかも。

09103134

これは蓮の花のお茶。ベトナムのお土産です。会社の人が、2泊3日で、ホーチミンだけ楽しんできたそうです。いいなぁ・・・。週末に行って帰ってこれるんですねー。

09101305

2009/11/01

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

昨日の夜、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を見てきました。映画と言っても、幻となったロンドンでのコンサート・リハーサル風景です。コンサートを作り上げていく過程を記録として残していたそうですが、だからこそ、意図的に演出された場面はなく、ひたすら良いライブのステージを作り出す為に、すべてを惜しまないマイケル・ジャクソンの姿に、ファンじゃなくても心打たれると思います。実際、私もそれほどのファンではないのですけれど、2時間釘付けでした。

ストイックだけれど、とても優しく、謙虚だけれど、譲らない、その高みを目指す姿は、たぶん誰もが心揺すられます。

こんなに力強く、しなやかに踊る50歳のマイケル、もうびっくりです。いったいどんな風に自分を鍛えていたのかなぁ・・・とても、突然旅立つなんて、誰1人として微塵も考えなかったと思います。どんなにバックダンサーが真剣に素晴らしく踊っても、マイケルから目が離れないんですね。ものすごいエネルギーがずっと放出されていて、強烈に惹きつけられました。もうこういう人は出てこないでしょうね・・・。

大画面で見て良かった!是非、エンドロールが全部終わるまで、席を立たずに見て欲しいです。

そうそう、ギターの金髪の女性も格好良かった!

09103144

2週間の限定公開との事。

公式サイトはこちらです。予告編見られます。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

フォト