« 『風が強く吹いている 』 | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

2009/10/29

ツィメルマンのガーシュウィン ヤルヴィ指揮シンシナティSO

10月27日(火)東京文化会館(都民劇場)

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
シンシナティ交響楽団
ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン

♪バーンスタイン:ディヴェルティメント
♪ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
♪ラフマニノフ:交響曲第2番
アンコール 
♪シベリウス:悲しきワルツ
♪ブラームス:ハンガリー舞曲第6番

待ちに待ったクリスチャン・ツィメルマンのガーシュイン。心待ちにしていても、曲は17~8分のはずなので、あっと言う間です。そう思うと聞く前から、早く聞きたい気持ちと終わらないで欲しい気持ちで、複雑。(笑)わがままですね。

さて、1曲目のバーンスタイン。初めて聞きましたが、1980年に小澤征爾さんが初演しているんですね。ボストン交響楽団の創立100周年記念で、バーンスタインに委嘱した曲だそうです。8つの組曲で、リズムが難しいというか面白い。1曲ずつが独立している感じで、繋がるような流れは、今日の演奏では感じませんでした。終曲は華やかで、オケの明るい伸びやかな音色が広がるように響いていました。でもなんとなく、「今夜はオケが疲れているのかしら?時差ボケでも出てスッキリしないのかも」と思ってしまうノリの悪さを所々に感じました。8割くらいまで来ているけれど、その先に行けない・・・というような、惜しいようなもどかしさ・・・。

そしてこの最初に感じたもどかしさは、最後まで続いたのでした・・・。

トップの奏者は身体を揺らしてリズムを発散させるがごとく弾いているんですけれど、3番目くらいから後ろの方は、なんというかあんまり楽しそうな弾き方に見えなくて・・・。

さて、美しく光り輝くピアノがステージ中央に運び出されて、いよいよツィメルマンの登場です。ドキドキ。(コンマスがチューニングの為にピアノを弾いた時、そんなに無造作に叩かないで・・・なんてこと思ったりしました。)

指揮棒は振り下ろされ、特徴のあるクラリネットの旋律が響きます・・・。

ピアノはクリアでスコーンと抜けるような良い音。1音1音がツヤツヤと弾けながら飛び出してきます。どんなに早くなっても、崩れない音の粒・・・。オケの音が止まってカデンツァになると、あぁこのままずっと続いてくれたら・・・と思わずにいられませんでした。

オケパートになると、ツィメルマンが左手を回すようにしていたので、もう少しオケに自分のテンポを知らせたかったのか、もっと弾けて演奏して欲しかったのか・・・。とにかくここっていう所が合わないので、ガクッと来るんですね。きっとリハーサルの時間があまり取れなかったのかもしれません。だから、次に聞いたら全く印象が変わっているんじゃないかな…と期待したいと思います。

こうして、あっという間の17分間は過ぎ、なんとなく不完全燃焼。もどかしや、もどかしや。とはいえ、最前列だったので、背中越しに指が魔法のように動くのと、ペダルさばきの足下を見ることができて、感動いたしました。ほんとにすごい。両手が重なるようになる所なんて、あの手の動きで、この美しい音色が・・・と、信じられないくらいでした。

ここで休憩。後半はラフマニノフの交響曲第2番。
少々肌寒くなってきた秋の夜に似合う曲でした。第3楽章が、美しくてロマンティックで、ラフマニノフだなぁ・・・と思わせるところです。それでもやはり、オケの演奏が合わないというか、目の前の弦が、パタパタパタと音がずれてくるような感じが目に飛び込んでくるので、あまり音楽に集中できませんでした。弾いている姿に疲れが見えるというのか、オケが一つにまとまって、うねって来ないので、本当にもどかしかったです。

アンコールはシベリウス。意外に暗い終わりになる曲を選んだんだなぁ…と思っていたら、もう1枚楽譜が見えて。2曲準備があるのが分かってしまいました。ブラームスのハンガリー舞曲は、ちょっとタメがありすぎて不自然な流れでした。

この夜の演奏は、時折、オケの反応が、指揮についていっていない印象でしたけれど、シンシナティって明るくていい音だったので、来週に期待したいと思います。

こちらオーケストラのwebサイト内に、日本ツアー中のブログがあります。

« 『風が強く吹いている 』 | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

美しいピアノの音でしたね。ガーシュウィンでも(?)マイ・ピアノでしたね。いつでも全力投球♪
名古屋では、舞台からとても遠い席だったのですけど、ヤルヴィさんが、精気がないように見えて、どうもインパクトが薄かったのです。。。
ところで、CSOのツアー・ブログご紹介頂いてありがとうございます。こんなのがあるって全然しりませんでした~。さっきみたら、名古屋の様子が動画でアップされてて、ツィメ様が映ってないか(ついでに自分の事も探して・笑)ドキドキしましたが、映ってなかったです。紗矢香嬢は映っていたのに~。絶対OKって言わなかったんでしょうね、彼sweat02

presentpetit violaさん、こんばんは!
どうもオケの方が良くなかったですよね。
ツィメ様の音は本当にクリアでキレイでした。
あれだけ激しく弾いても、清んでいて美しいって
本当にどんな指なのかしら・・・とひたすら背中と指を
見ちゃいました。
ちょっと鼻歌まじりで弾いている所もありましたよ。(*^。^*)
CSOのブログ、動画もあって楽しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/46619479

この記事へのトラックバック一覧です: ツィメルマンのガーシュウィン ヤルヴィ指揮シンシナティSO:

« 『風が強く吹いている 』 | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

フォト