« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/29

暑いと昼寝がしたくなります。

09071806

09071810

子どもの頃は、夏休みにはよく昼寝していたと思います。一日の時間割にも、たしか昼寝タイムがあったと記憶してます。
こう暑いと、そよそよと風が吹いてくる、どこかの木陰で、やさしい波の音をBGMにして、昼寝したいなぁ・・・なんて思います。

これは10日ほど前の週末。ワンコもやっぱり昼寝が必要なようです。気持ち良さそう。

2009/07/28

イヤフォン買いました。

ずっとソニーやオーディオテクニカのイヤフォンを使っていたのですが、ブルートゥースでSONYのワイヤレスにしたので、短めのイヤフォンを探していたところ、このフィリップスのものが、価格の割には、音も良いらしく、延長コードも付いているし、評判が高かったので、Amazonで買ってみました。

アウトレット扱いなのだけれど、箱はどこも破損していなかったし、まったくもって問題なし!ピアノの音もオケの音も柔らかくて広がるし、クリアにも聞こえるので、正解でした。

バッグの中にi-podtouch入れて聞くのに、ワイヤレスが必要か?っていうとあんまり必要じゃないんですけれど。(笑)

【アウトレット】 PHILIPS イヤフォン SHE9700-A 【アウトレット】 PHILIPS イヤフォン SHE9700-A

Philips 2009-03-17
売り上げランキング : 22
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B001GIPZZK シグマAPO ブルートゥースI-PODオーディオアダプタ ブラック SBT01BK
シグマA.P.Oシステム販売 2008-09-26

by G-Tools
B0012DZ7MK SONY ワイヤレスオーディオレシーバー アクアブルー DRC-BT15P L
ソニー 2008-01-26

by G-Tools

2009/07/26

トマト収穫!

09072606トマト収穫しました。ちょっとですが、今夜のサラダにいれました。アイコという種類のミニトマトです。
09072609同じ日に買った苗ですが、赤の方が育ちました。実家の方が日当たりも良いからかも。

ウズラの卵くらいのサイズですが、味は、とても濃厚で、皮もしっかりしています。食べた後、口の中にトマトの味が残ります。

09072612 今日みたいに暑い日は、冷やしておいたスパークリングワインで乾杯!

「ナイト・ミュージック」というドイツの白ですが、なんでドイツ語じゃなくて、英語名なんでしょうね。

で、この楽譜は・・・。
モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトム・ジーク」ですね。

2009/07/24

ランタナ

09062515 ランタナって不思議ですね。一つの花の中に違う色の花びらが咲くところが見たくて、買ってきたのですが、今年も無事に咲いてくれました・・・と思っていたら、ちょっと葉の様子が悪くなってきました・・・。

09051807 他にもモミジ葉ゼラニウムが急に枯れてきました・・・。蒸し暑いところに雨もいっぱい降ったし、弱っちゃったのかも。植物が弱ったときにどうすればよいのか、よく分からないので、困ってしまいます。

2009/07/23

フカヒレ三昧

09072003オペラを観たあと、中華街で食事しました。

行ったお店は、「廣翔記」。
昨年もオペラの後に行ったのですが、その時は満席で入れなかったので、今年は予約しておきました。でもこの日はそれほど混雑していなくて、予約なくても大丈夫のようでした。09072004

さて、上は初めて食べたフカヒレの刺身。 それから前菜の盛り合わせ。
4980円のコースです。普段は、13980円が横浜開港150周年記念で65%オフ。ホントかなぁ。ウフフ。

09072007

これがフカヒレ姿煮。アワビのフカヒレソース煮。 他にもエビチリ、北京ダック、松茸入りの炒め物、スープ、蒸し餃子、小龍包、チャーハン・・・とすべてにフカヒレが入っています。そして最後のデザート、杏仁豆腐にも入ってました。びっくり。09072008

本当にフカヒレ三昧。たっぷりと堪能いたしました!割引期間中ならではですね。他にもネットで見たところ、いろいろなお店で開港記念のリーズナブルなお値段のメニューがありました。
そうそう、そういえば、中華街を歩いていたら、お店の前に小澤さんが来店した時の写真を飾っている所がありましたっけ!あちっにもこっちにも、いろいろなタレントさんの写真やサインが飾ってありました。お店を選ぶ決め手になるのかもしれませんねー。予約していたせいか、お料理がどんどん出てきて、1時間で食べ終わっちゃいました。

2009/07/21

小澤征爾 音楽塾「ヘンゼルとグレーテル」

7月20日(月) 神奈川県民ホール 15時

フンパーディンク 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」
音楽監督・指揮:小澤征爾
演  出:デイヴィッド・ニース
装  置:マイケル・イヤーガン
衣  裳:ピーター・J・ホール
照  明:高沢立生
オリジナル・プロダクション:ザ・ダラス・オペラ
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
児童合唱:東京少年少女合唱隊児童合唱 指揮:長谷川久恵

グレーテル:カミラ・ティリング
ヘンゼル:アンゲリカ・キルヒシュラーガー
ゲルトルート(母親):ロザリンド・プロウライト
ペーター(父親):ウォルフガング・ホルツマイアー
魔女:グラハム・クラーク
眠りの精/露の精:モーリーン・マッケイ

なんと初演は、R.シュトラウスの指揮だったらしいです。フンパーディンクは初めて聞きましたが、ワグナーに目を掛けられていて、バイロイトでの上演も手伝っているとか。オケの音楽は華やかで編成も大きめ、明るくテンポ良く物語を進行させていく感じでした。

続きを読む "小澤征爾 音楽塾「ヘンゼルとグレーテル」" »

2009/07/20

ハリーポッターと謎のプリンス

土曜日の夜にお台場で見てきました。午後7時半からの回でしたが、すごく空いてました。

いよいよハリーもホグワーツ魔法魔術学校の6年生。あと1年で卒業です。さすがに前後編2冊の長い話のエピソードがすべて映画に取り込まれる事は不可能で、あぁ、このエピソード、あのエピソード、あ、あれもないのね、とは思いましたが、映画として見れば本筋はぶれることなく、やっぱり面白かったです。

そういえば、前作や最初の賢者の石もテレビで放送してましたっけ。見始めるとついつい最後まで見ちゃう、という面白さがあるんですが、ダンブルドア校長先生が、吹き替えだとサザエさんのお父さんの波平さんなんですよねー。そう思って見ていると、真剣なシーンでもなんだか笑いたくなってしまうのは、私だけかな。

さて、最終巻をぼちぼち読むとしようかなぁ。

2009/07/18

新日本フィル定期演奏会 第449回

7月16日(木) サントリーホール
『ヨハネスとクララ』
マーラー:花の章
クララ・シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 op.7
ブラームス:(シェーンベルク編曲)
 ピアノ四重奏曲第1番ト短調 op.25(管弦楽版)
指揮:クリスティアン・アルミンク
ピアノ:クレール=マリー・ル・ゲ

ヨハネス・ブラームスとクララ・シューマンというタイトルの演奏会プログラム。実際、ブラームスとクララのことをどんな風に思っていたのか、ローベルトの気持ちは知るよしもありませんが…(笑)。面白いプログラムの作り方ですね。

とは思いましたけれど、ここのところの新日本フィルのプログラムは、今まで聞いたことのないような曲目が続いていて、少々疲れ気味。正直なところ、「普通」に美しい響きの心打つメロディの曲を聴きたいという強い欲求もたまってきました。

当初予定されていた1曲目の委嘱作品は仕上がらなかったようで、先送りになり、マーラーの花の章が演奏されました。単独ではCDでしか聞いたことがなかったのですが、きれい曲でした。

2曲目のクララの曲は、クララがどれくらいピアニストとして優れた演奏家だったかが分かるような曲で、シューマンの手伝いがあったとは言え、これを17歳で作ったというのだから、当時の女性としては、さぞ際立っていたことでしょう。ところどころ、美しいメロディがちりばめられているのだけれど、1曲として聞くと、とらえどころのない少々退屈な曲でした。普通にシューマンのピアノ協奏曲を演奏してくれた方がうれしかったなぁ。

それで、アンコールがリスト『2つの伝説』から「波の上を歩くパオラの聖フランチェスコ」 だったのですが、アンコールにしては長かったような…。ヨハネスとクララというテーマのプログラムなんだし、ブラームスかシューマンの小品でも弾いてくれれば良いのに、なんでリストだったんでしょう。ピアニストにまかされてるとはいえ・・・。

最後の、シェーンベルクがオケ用に編曲したという、ブラームスのピアノ弦楽四重奏曲第1番も、編曲のせいなのか?1,2楽章は、隙間なく覆いかぶさってくるような、ちょっと濃いかも…と思わせるようなブラームスではないので、なんとなく物足りないなぁ・・・と感じたのですが、第4楽章は、すっごく面白かったです。第4楽章を聞けただけで満足でした。アルミンクさんもオケも大熱演で、できれば4楽章だけ、もう1回聞きたいと思うくらいでした。

やっぱり原曲が聞きたくなり、探してみたら持ってました。しばらく聞いてなかったので。

B00005FIF2 ブラームス:ピアノ四重奏曲第1
ブラームス ギレリス(エミール) アマデウス弦楽四重奏団員
ポリドール 1996-10-02

by G-Tools

2009/07/14

トマトは黄色

09071406 いつまでも赤くならないなぁ・・・同じ日に苗を買った実家の方はもう赤くなり始めたのに・・・と思っていたところ!あれれ~?

09071409

そうでした。

黄色いトマトが実る苗だったことを忘れていました。さて、収穫して食べられるまで、後何日でしょう!

09071130

 このトマトの種類は、
 アイコです。
 プラム型に実ります。

2009/07/12

NARUTO

09071006_2 ファミリーマートで・・・。

くじ引き方式なので、何になるか分からないのだけれど、狙っていた自来也、カカシをゲット。

09071240_3

09071239_3

2009/07/10

ガリガリ君当たり~!

Gariガリガリ君、マスカット味食べたら当たりました!

わ~い、初めて当たった!

2009/07/09

崖の上のポニョ(DVD)

DVDを借りてきて見てみました・・・。(・_・)......ン? あれ?これ?何?おや?何故?

登場人物それぞれの「気持ち」とか「思い」の強さが何故なのかよく分からない・・・例えば、トトロだったら、迷子になった妹を見つけなければ…というサツキの強い気持ちとか。
例えば、豚になってしまった両親を助けたい千尋の気持ちとか…。
ナウシカの気持ち。シータの気持ち等々、今までのジブリは、登場人物の強い思いが伝わってくるから、物語の展開が面白くて、ワクワクしたりハラハラしたのだと思うのですが、ポニョは、どの人物の気持ちも伝わってこないんですよね。

まだ見てない方もいると思うので、以下ネタバレ・・・。

続きを読む "崖の上のポニョ(DVD)" »

2009/07/06

暑い・・・

09062712 暑いけど、出かけたいなぁ・・・けど暑いなぁ・・・。と言った所かも。(笑)09062720
車に乗っていれば涼しい・・・はずが、意外に助手席って日が当たるんですよね。
暑いから、という訳ではないと思いますが、片方の耳がすっかり垂れてます。09062733

ケリーは上手に、涼しいところ、冷たい床を探して、昼寝してます。ワンちゃんってみんな涼しい所を探すのがうまいですよね。

2009/07/05

iPod touch用

20090703081710シリコン・カバーです。

いままで使っていたのは、皮のカバーで2つ折りの手帳のようなタイプ。使うたびに開かなければならなかったので、やはりこちらのタイプの方が便利かも。20090703081931

第2世代用だけど、第1世代でも問題なく使えてます。

第1世代は、スピーカーがついていないので、こんな小さなスピーカーを買いました。ちゃんとボリュームも調節できて、小さいのに優れものです!

B0014V964K VERSOS iBlock SPEAKER 黄 BB5002-Y
VERSOS 2008-12-26

by G-Tools

2009/07/03

その後のトマト

09061802_2 花の下に実がつきました。青々して固そうですね。

左の写真の1週間後が右下側です。いっぱい実がなってきました!09062513_2

ところがその後また1週間たちましたが、いっこうに大きくもならず、赤くもならず・・・。

雨が多かったからでしょうか?いつになったら収穫できるのかなぁ。

2009/07/02

くじらのにぎり

20090702200804クジラと言えば、給食にでた竜田揚げを思い出す世代です。にぎりは初めて食べたかも・・・。う~ん・・・まぁ1回食べれば良いかな。

2009/07/01

100年インタビュー小澤征爾篇 再放送

先週放送された「100年インタビュー 指揮者小澤征爾」は明日、再放送があります。
7月2日(木) 午後2:00~3:54 NHK BS-hi

是非見て欲しい番組です。本当にどれだけの努力をして、どれだけの勉強をして、今日があるのだろうか・・・作られたものよりも、本人の言葉は、伝えてくれる事がいっぱいです。音楽にあまり詳しくない人に、いかに分かりやすく伝えるか・・・。相手の知らない事をどうやって分かりやすく説明するかっていう事は、他人とコミュニケーションを取る為の、とても大切な気持ちだと思うのですが、たくさんの事を経験して、色々と分かっている人だからこそ、優しい言葉で理解しやすく説明できるのかもしれません。

心に響く、言葉、話・・・。何度も見たい、聞きたい小澤征爾さんのお話です。

4101228019 ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)
小澤 征爾
新潮社 2000

by G-Tools
音楽  新潮文庫 音楽 新潮文庫
小澤 征爾

by G-Tools
やわらかな心をもつ―ぼくたちふたりの運・鈍・根   新潮文庫 やわらかな心をもつ―ぼくたちふたりの運・鈍・根 新潮文庫
小澤 征爾

by G-Tools
同じ年に生まれて―音楽、文学が僕らをつくった 同じ年に生まれて―音楽、文学が僕らをつくった
小澤 征爾

by G-Tools

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

フォト