« 書き留めたい事は色々あるけれど、とりあえずトマトの花 | トップページ | スタートレック »

2009/06/18

ベルリンフィルのコンサートマスター

ネットのニュースで読んで驚きました。樫本大進さんがベルリンフィルのコンサートマスターになったそうです。(毎日新聞のニュース
今後、1年間は試用期間なんですね。その後、団員の2/3以上の賛成を得てから正式に就任するそうです。そう言えば、ベルリンフィルって、団員で話し合うんですよね。カラヤンの後の指揮者をアバドに決めた時の話を、当時ヴィオラ奏者だった土屋さんが、とことんオケで話し合ったと、ラジオで話しているのを聞いたことがあります。

樫本さんは、何度か聞いたことあるけれど、てっきりソリストとしてずっと演奏活動を続けていくのかとばかり思っていました。オケの樫本さんってどんな感じなんだろう?

そうそう、新日本フィルにも素敵なニュースが!
ダニエル・ハーディングが、指揮者陣に加入だそうです。(NJP公式サイト)年間4プログラム6公演の定期演奏会を振ると書いてあります。これは楽しみですね。

ハーディングと今の音楽監督のアルミンクって、たしかタングルウッドで小澤征爾さんに学んだんじゃなかったかな?いろんな話が、これからプログラムなどで紹介されるかも。今後、新日本フィルのHPで小澤さんとハーディングのメッセージが紹介されるらしいので、要チェック!です。

さて、ツィメルマン・ピアノ演奏会から1週間が過ぎましたが、いつまでもピアノの音が身体の内側の奥の方に残って響いている感じがします。書きかけた感想は、メモ帳の途中で止まっていますが、思い出してはニヤニヤしちゃいます。うふふ。。。やっぱり書けないなぁ。

« 書き留めたい事は色々あるけれど、とりあえずトマトの花 | トップページ | スタートレック »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/45382858

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンフィルのコンサートマスター:

« 書き留めたい事は色々あるけれど、とりあえずトマトの花 | トップページ | スタートレック »

フォト