« ミニバラとベルフラワー | トップページ | ハツユキカズラの花 »

2009/05/19

クリスチャン・ツィメルマン

5月18日(月) 於:サントリーホール
♪J.S.バッハ:パルティータ第2番 ハ短調 BWV826
♪ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 op.111
♪ブラームス:4つの小品 op.119
♪シマノフスキ:ポーランド民謡の主題による変奏曲 op.10

どこまでも上り詰めるか、突き詰めるか、次の景色が何か見えてきたら、そこを越えない所で、とても美しくギリギリを行ける人・・・。もしかしたらそれは綱渡り的なことなのかもしれないけれど・・・。彼の演奏は、いったいどこまで行くのかしらと、その行きつく先を、ひたすら追いかけるような気持ちで、後を一生懸命ついていく、気がつくと引き込まれていて、渦の中のようでもあり、澄み切った湖の中のようでもあり・・・。

読み込まれた楽譜、弾き込まれたピアノ、そして本番で溢れてくるパッションがとめどなく、ホールの隅々まで流れていく。
す~っと心に染みてきて、時にはグイグイと突きつけられますが・・・。
ず~っと心に残る…。

そういう数少ない音楽家。

それを体験したくて、また演奏会を楽しみに待つ。
まったく「ツィメルマン・Holic」ですね。

バッハは、まるで、天使が遊んでいるのが見えるような演奏でした。めずらしくミスタッチもありましたけれど、そういうのを忘れ去ってしまう演奏で、クリアなのに柔らかいというか…、魔法の指でした。

ベートーヴェンは、ずっとルドルフ・ゼルキンのCDを聞いていたので、まったく新しい印象でした。ゼルキンは無骨なんだけれど、なんていうのかとても凛としていて、なお深い暖かさみたいなところがあって、ゼルキンのそういう所がとても好きなんです。
昨夜のピアノは、濁りのない力強さと、あり得ないような美しさ。ベートーヴェンは、きっと晩年に「天からの光」を見ていたのでは、と感じるような音が降り注いでくるような演奏でした。 しかも、優しい包み込むような音から、矢のような音まで・・・。

 ☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆

いやぁ、ここで休憩が入って良かったー。
どなた様にも、ゆっくり呼吸する時間が必要です…。

休憩時間に、調律師の方が、ボコッと鍵盤部分を引き抜いて、奥に持っていってしまって、ピアノの枠だけがポツンとステージの上に残されていました。たぶん、ピアノの枠も休憩が必要だったのでしょう。(笑)

 ☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆

後半のブラームスは、朝焼けの草原で、靄が晴れていって、少しずつ空気が動きだし、お日様の光を浴びながら徐々に花が開いていくような…。
あぁ、言葉にすると陳腐。
何もない所から、色が少しずつのっていくような、とにかく、とても色彩豊かで、あふれんばかりの愛情のつまった音楽で、ブラームスの知らなかった一面を聞かせてもらったような演奏でした。

そしてシマノフスキ。すごい。息をのむような演奏。汲めども、汲めども、けして尽きることのない泉のような、ツィメルマンのキラキラした音楽のエネルギーが、縦横無尽にホールの中を踊っているような…。

= = = = =

はぁ・・・それにしても、音楽が終わる前の信じられない所で、拍手した人がいましたけど、あれは失礼でした。

さて、そして注目のBプロ。プログラムには当日発表とありますが、もう全部Aプロで良いです。もう一度聞けることを幸せに思います。
そうそう、今回のプログラムは、とてもきれいな緑色に、金色の文字の表紙です。

note世界中がお待ちかねの新録音!
バツェヴィチ:ピアノソナタ第2番、ピアノ五重奏曲 は7月に発売予定だそうです。

« ミニバラとベルフラワー | トップページ | ハツユキカズラの花 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

素敵なレポ、ありがとうございますshine

Melodyさんのレポを読んで、ツィメルマンを知らない方は絶対リサイタルに行きたくなったと思いますが、すでに2回聴きに行った私でも、また聴きたくてたまらなくなりました!

今年のプログラムはセンス良かったですよね(自分的に思うだけですが)。中身も曲紹介だけでなくインタビュー等あり、濃かったです~heart01

Melodyさん

全部Aプロで良い、に賛成です!違うプログラムということでチケットを売ってるから、いまさらやっぱり同じ、はできないでしょうけれど。

プログラムの緑は緑ペンの緑?と一瞬思ってしまいました。。。(そんなわけありませんが)

lovelypetit violaさん、こんばんは!
なんか、アップしてからまた文章直したりしちゃいました。もっとあの演奏に近い「言葉」があるはずなのに、書いていると、チープで陳腐・・・。(__;)
あの演奏をオルゴールのような箱に詰め込んで、何度でも何度でも、こっそり聴きたいですよね。

プログラムにあった、「予定調和的ではない…」というのは、とってもよく分かりますね!
事情が許せば、この後のコンサート、全部体験したいですね。

lovely青猫さん、こんばんは!今、青猫さんのブログを読んできた所です。バッハはやはりサントリーホールの照明が良かったのでしょう。(笑)
ベートーヴェンは、ちょっと初めて乗ったジェットコースターのように、どこに連れて行かれるのか分からなくなりました。

全部Aプロで良いですよねー。でも23日の演奏会の後、ちょっと日程空いてるから、そこで色々考えるのかもしれませんね。えぇ、たぶんまだ決めてないに違いないですものね。

レポを読みながらドキドキしました。
ああ、ツィメルマンの生演奏を聴きたい~~~! なぜウィーンにはなかなか来てくれないんでしょうweep

ベートーヴェンのop.111は大好きな曲で、自分でも何度も弾いたし、とても思い入れがあります。
この曲をツィメルマンがどう弾いたのか、Melodyさんの文章を読んで今すぐ日本に飛んで行きたい気分です。

シマノフスキは聴いた方が揃って絶賛されていますね。
こちらも是非聴きたいです。ああ日本に帰りたい~!

ステキな日記ありがとうございます。
来月横浜でのリサイタルがさらに楽しみに
なってきました。
感動しすぎるとうまく書けず
(先週のポリーニリサイタル)
いまだUPできていないのですが
Melodyさまは素晴らしいです。

lovelyバラードさん、こんばんは!
ベートーヴェンは♪天使のトリルですよー。
ホールが浄化されていくような・・・。
今帰ってくれば、間に合います!チケット少し残ってますものね。
明日急いで飛行機に乗ってください。happy01
シマノフスキは、お願いですから録音してください、て思います。

lovelyメロディさん、こんばんは!
ポリーニもとても良かったそうですね。
前回は、サントリーで聞いたのですが、巨匠ですよね。
でも、本当に感動すればするほど、言葉では表せないですね。
その時に感情って言葉からは離れた所にありますよね。
横浜に行かれるんですね。ツィメルマン様の「濃い色」にどっぷりと浸かってきてください~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/45068268

この記事へのトラックバック一覧です: クリスチャン・ツィメルマン:

« ミニバラとベルフラワー | トップページ | ハツユキカズラの花 »

フォト