« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

新日本フィル定期演奏会 (トリフォニー・シリーズ)

5月30日(土)15時 於:トリフォニーホール
♪指揮:クリスティアン・アルミンク
♪ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ
ワーグナー:歌劇『さまよえるオランダ人』序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調 op.15
ワーグナー:楽劇
 『ラインの黄金』より「ワルハラへの神々の入城」
 『ワルキューレ』より「ワルキューレの騎行」
 『ジークフリート』より「森のささやき」
 『神々の黄昏』より「自己犠牲と救済の場」

新日本フィルは、いつもサントリーホールのシリーズを聞いているのですが、昨日は土曜日の午後のコンサートを聞きに、錦糸町のトリフォニーホールへ行ってきました。木の温もりの感じられるいいホールだなぁといつも思います。

ベートーヴェンのP協1番はすっごく好きだったので、これは聞かなくちゃ・・・と最初にプログラムが発表された時に思ったのですが、実はピアノはラドゥー・ルプーだったんです。ところが健康上の理由で、ラドゥー・ルプーは来日が出来なくなったと昨年の11月に発表があり、ピアニストがアンデルシェフスキに変わったのでした。

アンデルシェフスキは皆さん誉めているし、ベートーヴェンの1番だし、ルプーは残念ではありましたが、昨日は楽しみに行ってきました。

トリフォニーに着いたのが15分前くらいだったので、アルミンクさんのプレトークは最後の部分しか聞けず、残念。ワーグナーについて、どんな事話していたのかしら・・・。

続きを読む "新日本フィル定期演奏会 (トリフォニー・シリーズ)" »

2009/05/26

そして、またケーキ

09052605 さて、こちらはアラ・カンパーニュのケーキ。甘さもほどよく、おいしゅうございました。

フランボワーズの方は、程よい酸味と甘み。

ミントのチョコレートケーキは、爽やかな甘さでした。09052609

夫の誕生日、とはいっても結局、自分の食べたいケーキを買ってきました。まぁそういうもんですよね。

2009/05/25

小澤征爾さんの番組

NHKのHPに出ていました。
notesNHK BS-hi BS20周年関連企画
『わたしが子どもだったころ スペシャル 指揮者 小澤征爾』
6月3日(水)PM10:00~10:59 ♪再放送:6月5日(金)

「わたしが子どもだったころ」番組HP 
内容が紹介されているサイト

6月15日(月)NHK総合でも放送があるようです。
この番組、普段は月曜の午前0時10分~0時55分ですが、小澤さんの番組は59分のスペシャルだそうですので、改めて時間は確認した方が良いかもしれません。月曜午前0時過ぎという事は、日曜深夜ですね。ハイビジョン2回と、総合で1回あれば、録画失敗せずにできますね。

続きを読む "小澤征爾さんの番組" »

2009/05/24

やっぱりケーキ

09052405 誕生日・・・という事でパステルのメロン・ショートケーキ。スポンジの部分もメロン味なんです~。

09052409 こちらは、プリン・ケーキ。一番上がプリン。下はしっとりとしたスポンジと生クリーム。

さすがにロウソクは立てられないので…。たてたら、ケーキがロウソクの穴だらけになっちゃいますからね。

あさっての夫の誕生日にも、またケーキ食べようかなぁ・・・。
ダイエットは、その次の日からにしましょう。

2009/05/23

元気が何より

09041905 美容院に行ってすぐは、やっぱりキレイですねー。顎のあたりの毛も揃っているし…。

ところが、遊んだり、風に吹かれたりした後は・・・。

ボサボサですね。結んだ髪の毛をあっちこっちにこすりつけてみたり、髪振り乱して遊んだり。(笑)09051708

まぁ元気が何よりなのですが、なんと、今日フィラリアの薬を取りに行った時に、膝が脱臼していたことが判明!
びっくりcoldsweats02 
後ろ足の様子が変だったので、先生に診てもらったところ、わかりました。ヨーキーは脱臼しやすいらしく、またそのままでも、平気でスタスタ歩いているように見えるので、分からない事も多いとのこと。でも、実はその足の負担を減らして、他の3本の足でうまいこと歩いているだけなんだそうです。早く分かって良かったです。

さて、夜は1年半ぶりくらいの中学3年生の時のクラス会。たまにしか会わないのに、テーブル囲んだとたんに、まるで休み時間の教室のような賑やかさ。楽しかったです。先生もお元気だったし、みんなも元気だし、本当に元気が何よりですね。

2009/05/22

ハツユキカズラの花

09050909 ハツユキカズラの花を初めて見ました。

苗で買ってきてからたぶん4~5年たっていますが、今年初めて花が咲きました!びっくり。
とても珍しいらしいです。

09051805

ハツユキカズラの葉っぱは、斑入りでちょっと先がピンクっぽいのですが、だんだん葉が焼けて緑が濃くなってしまいました。

白っぽい方が涼しげなんですけど、状態を保って育てるのは、難しいです。

2009/05/19

クリスチャン・ツィメルマン

5月18日(月) 於:サントリーホール
♪J.S.バッハ:パルティータ第2番 ハ短調 BWV826
♪ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 op.111
♪ブラームス:4つの小品 op.119
♪シマノフスキ:ポーランド民謡の主題による変奏曲 op.10

どこまでも上り詰めるか、突き詰めるか、次の景色が何か見えてきたら、そこを越えない所で、とても美しくギリギリを行ける人・・・。もしかしたらそれは綱渡り的なことなのかもしれないけれど・・・。彼の演奏は、いったいどこまで行くのかしらと、その行きつく先を、ひたすら追いかけるような気持ちで、後を一生懸命ついていく、気がつくと引き込まれていて、渦の中のようでもあり、澄み切った湖の中のようでもあり・・・。

読み込まれた楽譜、弾き込まれたピアノ、そして本番で溢れてくるパッションがとめどなく、ホールの隅々まで流れていく。
す~っと心に染みてきて、時にはグイグイと突きつけられますが・・・。
ず~っと心に残る…。

そういう数少ない音楽家。

それを体験したくて、また演奏会を楽しみに待つ。
まったく「ツィメルマン・Holic」ですね。

バッハは、まるで、天使が遊んでいるのが見えるような演奏でした。めずらしくミスタッチもありましたけれど、そういうのを忘れ去ってしまう演奏で、クリアなのに柔らかいというか…、魔法の指でした。

ベートーヴェンは、ずっとルドルフ・ゼルキンのCDを聞いていたので、まったく新しい印象でした。ゼルキンは無骨なんだけれど、なんていうのかとても凛としていて、なお深い暖かさみたいなところがあって、ゼルキンのそういう所がとても好きなんです。
昨夜のピアノは、濁りのない力強さと、あり得ないような美しさ。ベートーヴェンは、きっと晩年に「天からの光」を見ていたのでは、と感じるような音が降り注いでくるような演奏でした。 しかも、優しい包み込むような音から、矢のような音まで・・・。

 ☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆

いやぁ、ここで休憩が入って良かったー。
どなた様にも、ゆっくり呼吸する時間が必要です…。

休憩時間に、調律師の方が、ボコッと鍵盤部分を引き抜いて、奥に持っていってしまって、ピアノの枠だけがポツンとステージの上に残されていました。たぶん、ピアノの枠も休憩が必要だったのでしょう。(笑)

 ☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆

後半のブラームスは、朝焼けの草原で、靄が晴れていって、少しずつ空気が動きだし、お日様の光を浴びながら徐々に花が開いていくような…。
あぁ、言葉にすると陳腐。
何もない所から、色が少しずつのっていくような、とにかく、とても色彩豊かで、あふれんばかりの愛情のつまった音楽で、ブラームスの知らなかった一面を聞かせてもらったような演奏でした。

そしてシマノフスキ。すごい。息をのむような演奏。汲めども、汲めども、けして尽きることのない泉のような、ツィメルマンのキラキラした音楽のエネルギーが、縦横無尽にホールの中を踊っているような…。

= = = = =

はぁ・・・それにしても、音楽が終わる前の信じられない所で、拍手した人がいましたけど、あれは失礼でした。

さて、そして注目のBプロ。プログラムには当日発表とありますが、もう全部Aプロで良いです。もう一度聞けることを幸せに思います。
そうそう、今回のプログラムは、とてもきれいな緑色に、金色の文字の表紙です。

note世界中がお待ちかねの新録音!
バツェヴィチ:ピアノソナタ第2番、ピアノ五重奏曲 は7月に発売予定だそうです。

2009/05/17

ミニバラとベルフラワー

09050914_2ようやくミニバラが咲きました。

この季節は、いろいろな花がいっせいに咲き始めて、自然の力のすごさを感じます。何しろ、たいした世話もしていないので、お日様の光と土と水のおかげです。

09050912

切り戻して、葉っぱだけで冬越ししたベルフラワーも一気に咲きました。

満開になる前の鉢は・・・みんな蕾みが太陽の方を向いています。09042408

毎朝、鉢をクルッと回して、向きが偏らないようにしたのですが、光の方に進もうとする力ってスゴイですね。びっくりしました。和名は「乙女桔梗」というそうです。

2009/05/16

芋焼酎 金峰櫻井

061126i28 金峰櫻井です。白麹と黒麹で作ったものをブレンドしているらしいのですが、美味しいです。お湯割りじゃない方がいいかも。これからはロックの季節かな。でもウチでは水割りです。

なかなか手に入りませんが、偶然、よく行くお店で、棚にあるのを発見!タイミングが良かったようです。

2009/05/15

新日本フィル定期演奏会

新日本フィル定期演奏会 5月14日 サントリーホール
マルティヌー : 
リディチェへの追悼
プフィッツナー : チェロ協奏曲第3番 イ短調(遺作)
ベートーヴェン : 交響曲第5番ハ短調op.67
指揮 :下野竜也
チェロ : ガブリエル・リプキン

新日本フィルの定期演奏会には、テーマがあり今季は「秘密」。そして昨夜は『運命の綾』というタイトルがついていました。(新日本フィル・プログラムHP)先月のR.シュトラウスに続き、やはりこういうプログラムのせいか、空席が目立ちました。

初めて聞いたマルティヌー、プフィッツナーは、どちらも重い、響きも曲調も・・・。音楽は音楽だけ切り離して存在しうるものじゃないんですね。やはり背負ったものがある、美しいところからだけ生まれるものじゃないのだなぁ・・・なんて事を思ってしまいました。リプキンのチェロはとても伸びやかな音色で、また機会があったら聞いてみたいと思いました。

後半の「運命」は・・・う~む。なんというか、縦軸があっていないというか微妙にづれているというか、どうも熱演のわりには響いてこないというか・・・。あの暗いところからぱぁっと明るいところに出たような、開放感さえある3楽章から4楽章のあそこで、ワクワクしなかったのは、初めてかもしれません。オーボエとかフルートとか、管楽器のソロやコンマスの音色は格別なんですけれど、オケとしてひとつにまとまってから弾けてくるようなエネルギーが感じられず、昨夜はちょっと残念でした。

2009/05/13

ハーブの花

09033125 ラベンダーが咲き始めたのは、3月末でした。ほんのり薄紫色の花がつき始めてきれいだなぁ・・・少し切って干してドライフラワーにしようかしら・・・と思いつつすっかり忘れてしまいました。09042417

いまやビヨンビヨンに茎が伸び放題。花も満開かな。

09050306 チェリーセージも満開です。お日様と水だけで、すくすく育って、毎年花をつけてくれます。

2009/05/10

ケリーも衣替え

08110235暑くなったり、涼しくなったり、毛の多いワンコも大変です。犬連れOKのお店で食事をするときは、毛が飛ばないように、洋服を着せています。「洋服を着る=お出かけ」できると分かっているようで洋服を着ることは嫌がりません。

08110260

こちらは横浜のベイクォーター
テラス席ならワンちゃんOKのお店が何軒かあります。
寒い季節に行ったので、膝掛けを借りましたが、今の季節なら、外で食事も気持ち良いですね。08111508


バスタオル等を敷けば、椅子の上OKのお店もありますが、椅子の上は座らせないで、というお店もあるので、小さいドッグバギーを買いました。

08032329

だんだんとワンコOKのお店が増えてきて、嬉しい限りです。

2009/05/09

ハリー・ポッターと謎のプリンス

この間、試写会に行った時に、ついに予告編を見てしまいましたので、焦って読みました。
映画「ハリーポッターと謎のプリンス」は7月15日に公開、シリーズ第6作目ですね。第1作の「賢者の石」が97年に出版されてから、07年の第7作目、最終章「死の秘宝」まで10年。映画は01年からだから、俳優さん達にとっても長いシリーズですね。ジェームズ・ボンド並ですよね。

子供の頃って、大人が嫌がるモノが好きだったり、いずれ分かる事でも、我慢できずに今知りたいと思うし、いっぱい時間があるのに、なんだかいろんな事を急いじゃったり・・・。大人になってすっかり忘れちゃった様々な「若気の至り」的な事を思い出させてくれる物語ですね。

それに、たくさんの登場人物が、それぞれ生き生きとしていて、こっちで騒いでるその向こう側で、悪口言ってたり、何食わぬ顔でいたずらしていたり、いくつもあるモニターを同時に見ているがごとくに、ザワザワした学校の中の様子が分かるところが、ますますすごい。

さて、映画のできはどんなでしょうか。映画を見てから、最終巻を読もうと思います。

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6) J. K. Rowling 松岡 佑子

静山社 2006-05-17
売り上げランキング : 326

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5) ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4) 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻) Harry Potter and the Order of the Phoenix (UK) (Paper) (5) ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 携帯版

2009/05/08

冬から春の花

この時期、急に暖かくなって、いっせいにいろいろな花々が咲き始めますが、冬の花もまだまだ咲き続けていて、植え替えるのもためらわれます。

09041808

スイートアリッサムは冬から初夏までかなり長い間咲き続けてくれます。09022617

ビオラは冬からずっと頑張っていますが、この時期になると、何故かどんどん茎が伸びて、ひょろひょろと背が高くなります。

さて!まさか花が咲くとは思っていなかったのは、これです。09041817

昨年の夏、「蚊よけの草」ということでポットで2苗買ったのですが、どんどん伸びて、10cmくらいだったのものが、今では30cmを越える勢いです。そしてついに蕾みをつけて開花!

葉っぱの名前は覚えていないのですが、花の付き方はゼラニウムに似ていますね。たしかニュージーランドの方の葉と書いてあったような、ものすごく曖昧な記憶もあるのですが…。ハーブゼラニウムに似ているかも!

2009/05/07

『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』(試写会)

さて、これも少し前に試写会で見ました。ジュリア・ロバーツが久しぶりに主演、共演はクライヴ・オーウェン、監督は「フィクサー」のトニー・ギルロイ。とは言っても、見てないのでどんな手法の映画監督なのか、全く知りりませんでしたが…。

125分長かったですー。退屈で。いっそしっかりとコメディにしてくれればいいものを、半端にシリアスだったりして、疲れました。
何度も過去に戻って、現在の状況を分からせる、という演出手法ってどうなんでしょうか?かなり練ったストーリーで、なるほど!と思わせてくれるならともかく、少々強引に、謎とか嘘を作り出して、何が本当か煙にまこうとしすぎで、終わってみれば、だまされた方も笑えないので、なんだか後味も悪く・・・。やれやれな映画でした。

元CIAとか元MI6ってもっと頭脳明晰で、スマートだと思うんですけどね。
2人ともがクビになったという設定だったら、もう少し笑えたかも。
グラン・トリノがベスト1なら、こちらはワースト1と言うことで。

2009/05/05

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 3日目

09050505

3日目の今日は、朝から曇り空で今にも降りそう・・・。屋台での食事が出来ないかも・・・と食べることをまず心配(笑)

今日は朝10時から3つのコンサートを聞いてきました。

clover小曽根真(ピアノ)
  (ホールC)(1500名)
♪バッハの作品をもとに変奏・即興演奏
 曲目とゲストはこちら→

clover小林道夫(チェンバロ) (G402)(100名)
♪“バッハ「平均律クラヴィーア曲集 第2巻」より 前奏曲とフーガ”
 ・第13番 嬰ハ長調 BWV882 ・第14番 嬰ハ短調 BWV883
 ・第23番ロ長調 BWV892 ・第24番ロ短調 BWV893
 ・第9番 ホ長調 BWV878 ・第10番 ホ短調 BWV879
 ・第19番 イ長調 BWV888 ・第20番 イ短調 BWV889
 ・第5番 ニ長調 BWV874 ・第6番 ニ短調 BWV875
 ・第16番 ト短調 BWV885 ・第15番 ト長調 BWV884
 ♪アンコール シンフォニア5番

cloverアンヌ・ケフェレック(ピアノ)(ホールD7)(220名)
・J.S.バッハ/ブゾーニ:コラール前奏曲「主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ」BWV639
・J.S.バッハ:カプリッチョ 変ロ長調 「最愛の兄の旅立ちにあたって」BWV992よりアダージッシシモ
・J.S.バッハ:前奏曲 第4番 嬰ハ短調 BWV849(平均律クラヴィーア曲集 第1巻より)
・J.S.バッハ:前奏曲 第22番 変ロ短調 BWV867(平均律クラヴィーア曲集 第1巻より)
・J.S.バッハ/コーエン:カンタータ「イエスは十二使徒をひき寄せたまえり」BWV22よりコラール
・J.S.バッハ:前奏曲 第8番 変ホ短調 BWV853(平均律クラヴィーア曲集 第1巻より)
・J.S.バッハ/ブゾーニ:トッカータ、アダージョ ハ長調 BWV564
・J.S.バッハ:パルティータ 第2番 ハ短調 BWV826
・J.S.バッハ/ブゾーニ:コラール前奏曲「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」BWV659

感想は下記・・・。

続きを読む "ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 3日目" »

2009/05/04

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2日目

09050406さて、2日目の今日は、午後4時から夜まで、3つのコンサートを聴いてきました。

cloverJ.S.バッハ (G402)
♪ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ 第1番 ト長調BWV1027
♪無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008(ヴィオラ・ソロ版)
♪「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004」よりシャコンヌ(4つのヴィオラ版) 野平一郎編曲
今井信子(ヴィオラ)
曽根麻矢子(チェンバロ) 瀧本麻衣子(第2ヴィオラ)
松山香澄(第3ヴィオラ) 大島亮(第4ヴィオラ)

cloverJ.S.バッハ (ホールA)
♪2台のピアノのための協奏曲 第1番 ハ短調 BWV1060
♪2台のピアノのための協奏曲 第2番 ハ長調 BWV1061
♪3台のピアノのための協奏曲 第1番 ニ短調 BWV1063
児玉麻里(ピアノ)
児玉桃(ピアノ)
小曽根真(ピアノ)
ジャン=ジャック・カントロフ(指揮) シンフォニア・ヴァルソヴィア

cloverJ.S.バッハ (G402)
♪無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
♪無伴奏チェロ組曲 第4番 変ホ長調 BWV1010
♪アンコール:7番よりサラバンド
堤剛(チェロ)

感想は下記・・・。

続きを読む "ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2日目" »

2009/05/03

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

09050303 いよいよ始まりました。「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、熱狂の日音楽祭2009」今年はバッハとヨーロッパがテーマです。

notes公式HP  
memo公式レポートブログ

cloverベルリン古楽アカデミー
♪J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番ハ長調BWV1066
♪J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068

バロック音楽を演奏するために結成されたというベルリン古楽アカデミーの演奏で、2曲聞いてきました。

あらためて全曲聞来ました。その昔、たぶんネヴィル・マリナーとかカール・ミュンヒンガーとか、イ・ムジチ合奏団とかのレコードで、ヴィヴァルディやバッハを持っていたように思いますが、何かをしながら聞いていて、聞くことだけに専念したことって無かったような・・・。

古楽アカデミーの音は、とっても柔らかくて、やさしくて、古楽器の音がこんなに温かいとは!2階席だったので、楽器の細かい所までは見えませんでしたけれど、ちょっと大きめのトランペットとか白木のような色のオーボエとか・・・。3番の方は、有名な「G線上のアリア」が入ってますが、普段はこれ一曲だけを、染みいるようなヴァイオリンの音色で・・・というスタイルに慣れていたせいか、わりとあっさりとした演奏でしたが、実際3番全曲を通して聞くと、G線上だけが特別ではないんですね。休日の午後にぴったり。とっても爽やかな気分になりました。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

フォト