« 新日本フィル定期演奏会 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン »

2009/04/30

『グラン・トリノ』(試写会)

少し前になりますが、試写会で「グラン・トリノ」を見てきました。

クリント・イーストウッド、監督・主演です。頑固な老人で、息子にも孫にも煙たがられ、隣人のアジア系移民には偏見を持ち、心配してくれる神父にまで、悪態をつき・・・。孤独な生活の中、愛犬と話しながらビールを飲む時間と、愛車のグラン・トリノだけが、彼の心を穏やかにしてくれる。

なんと正直なキツイ「言葉」が台詞としてポンポンと飛び出すことか。でもそのことが、戦争によるけして癒されることのない彼の心の傷の深さや、真正直で、不器用な生き方しかできない主人公の事を、とても良く理解させてくれて、気がつくとなんだか愛すべき頑固爺さんになっているんです。けっこう笑っちゃうシーンもあって、ほとんどが素人さんの出演者なのに、とっても自然で、隣に住むおばあさんとイーストウッドとのやりとりなんて、言葉が通じていないのにすごく面白いんです。

暴力が、暴力を呼び、けして問題は解決されないのだけれど、心の強さや生きざまは胸に迫ってきて、忘れられない映画。すでに私的には、今年度のベスト3に入ったと思います。

« 新日本フィル定期演奏会 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン »

映画」カテゴリの記事

コメント

クリントイーストウッド。

ここ最近作られた映画は、残念ながら見れてないです。

昔はよく自分の父親の膝の上で、イーストウッドの西部劇を一緒に見てた思い出があります。

いい感じに老けてくイーストウッドが羨ましい。

movieコリパンさん、こんばんは!
クリント・イースウッドといえば、マカロニ・ウエスタンとダーティ・ハリーですよね。
でもあまりちゃんと見たことないですけれど。
本当に、かくしゃくとしいて、ちょっとチャーミングな所もあり、
素敵な年の取り方ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/44849240

この記事へのトラックバック一覧です: 『グラン・トリノ』(試写会):

« 新日本フィル定期演奏会 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン »

フォト