« ビオラ | トップページ | ア・ラ・カルト~役者と音楽家のいるレストラン~ »

2008/12/19

シモンボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ

12月18日(木) 東京国際フォーラムA
指揮:グスターボ・ドゥダメル
シオン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ 
ピアノ:マルタ・アルゲリッチ 
ヴァイオリン:ルノー・カプソン 
チェロ:ゴーディエ・カプソン
ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリン、チェロの為の三重奏曲
マーラー:交響曲第1番「巨人」

ベネズエラには、貧しい子供達が、音楽をすることによって、麻薬や犯罪に染まることなく育つようにという国家プロジェクトがあるそうです。選抜されたメンバーで構成されたという若くて、溌剌としたオケでした。

会場に入ってみると、なんと客席に小澤征爾さんが!ここでお見かけできるとは。アルゲリッチに会いに来たのかな。後半はもう客席にはいらっしゃらなかったので。
しつこいようですが、30年位前、「小澤&アルゲリッチ、ラフマニノフ3番」を楽しみにホールに行ったら、チャイコフスキーの1番にプログラムが変更されていたという事があり、あの時の大ショックをあらためて思い出しましたぁ・・・。

それにしても、国際フォーラムは広すぎました。
1曲目のベートーヴェンは、美しく整った演奏といった感じ。アルゲリッチに火が付かないかなぁ・・・なんて思いながら聞いておりましたが、3楽章の最後、ちょっとだけ熱くなりかけたか、と思わせる所はありましたけれど。でもカプソン兄弟はともに本当にきれいな音で、柔らかくもあり、またしっかりとした演奏。普通のホールで聞いてみたいと思いました。何しろ、だだっ広いフォーラムAの1階後ろの方の席だったので、音が飛んでこないんですよね。すべての音が拡散して行ってしまってまとまらない。弾いてる方も音が戻ってこないというか、客席に届くより先に天井に上がっていってしまうような感じを受けるんじゃないかしら?それでも、鳴りやまぬ拍手に応えて、3楽章の最後の部分をアンコールで再び弾いてくれました。

休憩後のマーラーは、びっくりするほど大人数が舞台上に。何人のってたんでしょう。時々、金管あたりから、不安定な音が聞こえたりもしまして、空中分解しそう、というか、空中で浮遊してバラバラになりそうな音楽を、指揮のドゥダメルがひっぱり戻して、地に足付けた演奏をさせている感じ。弦が指揮によく呼応していて、これがもっと普通サイズのホールだったら、客席にどんどん迫ってくるような演奏に違いないだろうと思いました。なんで、5000も入るフォーラムAだったのかしら?

マーラーを聴きながら、このオケはきっとチャイコの4、5番あたりの方が合うんじゃないかな?と思ったら、前日の演奏はチャイコとラヴェルだったんですね。アルゲリッチを聞きたくてこちらのプログラムにしたので、他の曲目チェックしてませんでした。

鳴りやまぬ拍手とブラボーの後、舞台は暗転。ごそごそとオケがうごめいている?と思ったら、明るくなってびっくり!全員、ベネズエラの国旗色のジャケットを着ているではありませんか。椅子の下にでも隠してたのかしら?アンコールは、バーンスタインのウエストサイドストーリーから「マンボ」。のだめのSオケよろしく、チェロは回るは、コントラバスは回わるは、ホルンはハチマキで踊り、ファーストヴァイオリンも立ち上がって踊り・・・!賑やかで楽しいアンコールとなりました。

アンコールが終わったら、オケのメンバーがジャケットを脱いで客席に投げ入れていました。いつもそうなのかな?とにかく楽しいコンサートでした。いつかまた普通のホールで聞きたいと思います。
ここに映像があります!e+Movie

B001446618 フィエスタ
ドゥダメル(グスターボ) カステジャーノス バーンスタイン
ユニバーサル ミュージック クラシック 2008-04-23

by G-Tools

« ビオラ | トップページ | ア・ラ・カルト~役者と音楽家のいるレストラン~ »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

メリークリスマス!
http://guide.jp.real.com/special/14_classic/?src=newsletter081224

flairセベさん、ありがとうございます!
ネットの時代になって、見たかったもの、聞きたかったものが
こういう形で見られるなんて、嬉しいな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/43469435

この記事へのトラックバック一覧です: シモンボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ:

« ビオラ | トップページ | ア・ラ・カルト~役者と音楽家のいるレストラン~ »

フォト