« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/29

新日本フィル定期演奏会

新日本フィル定期演奏会 サントリーホール 15時

指揮:クリスティアン・アルミンク
フルート:ヴォルフガング・シュルツ →マティアス・シュルツ
オーボエ:ハンスイェルク・シェレンベルガー

ショスタコーヴィチ作曲 交響曲第9番変ホ長調op.70
ウィリ作曲 『...久しい間...』(2003)
ヤナーチェク作曲 シンフォニエッタ

めずらしく土曜日の午後、新日本フィルの定期演奏会がありました。こういうプログラムでも7割強くらい席がうまっていたかな。この間の20日のツィメルマン、ミュンフン、東フィルは5~6割だったけれど。

1曲目からショスタコなんて、面白いプログラムです。でもスッキリとバランス良く響いてくる金管や木管、しっかりした弦。新日フィルとアルミンクの組み合わせって本当に安心して聞けるようになりました。ファゴットがとても良かったです。この日はここで休憩。

2曲目のウィリでは、フルートのヴォルフガング・シュルツさんが病気で来日できず、息子さんのマティアスさんに交代。とはいえ、美しくきっぱりとしたフルートの音、素晴らしかったです。オーボエのシェレンベルガーさんも、この短い曲だけでは、もったいない2人でした。途中で、イングリッシュホルンや、アルトフルートに持ち替えての演奏で、いくつもの響きを聞かせてもらえました。全体的には遠くにとても美しい山の稜線が見えるような、空気のぴりっと美しい所にふと降り立ったような感覚になる曲でした。不思議。

3曲目のヤナーチェクは、これまた良かった。ファンファーレとオケが呼応して、広がっていき、なんとも心地のよい響き。バランスも崩れず、品が良いんですね。もっと聞いてたいと思わせる演奏でした。

この演奏会は、NHKの収録がありましたが、放送日は未定だそうです。

2008/11/28

CHAGEソロコンサート

CHAGE Concert Tour 2008 ツアー 東京厚生年金会館

今夜はとても楽しかったです。コンサートホールという空間が「楽しい」「嬉しい」っていう気持ちでいっぱいな感じで、約2時間半、暖かい幸せ気分にひたって来ました。アンコールの「2人のアイランド」はCHAGEさんのウクレレ1本で、大合唱。「もってけ~っ」には大笑いでした。それから、紙飛行機も久しぶりに舞いましたね~。後ろから飛んでくるのが頭や肩にささって痛かったですけど。たまたま拾ったら、不動産の広告で折られたものでこれにも大笑い。

それにしても、来年もCHAGE&ASKAはそれぞれがソロ活動のようですが、30周年だからっていう事だけはなくて、やっぱり二人のハーモニーで感動したいな・・・。

CHAGEさんBlog

アイシテル(初回限定盤)(DVD付)
CHAGE 青木せい子 エガワヒロシ
B001EB5DHE

続きを読む "CHAGEソロコンサート" »

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション

08112205恵比寿のガーデンプレイスは、毎年恒例のバカラのシャンデリア。きれいですね。本当にキラキラ。08112208

高さが約5m、幅約3m、クリスタルパーツ総数8,472ピース、ライト総数250燈の世界最大級だそうです。詳細はこちら

08112201 こちらは入り口付近のクリスマスツリー。

寒くなってくると灯りを求める気持ちがおきるのかなぁ。イルミネーションてただキレイと感じるだけでなく、ほっとします。

2008/11/27

ルトスワフスキピアノ協奏曲 クリスチャン・ツィメルマン

11月26日(水) 東京文化会館 都民劇場

ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン
指揮:チョン・ミョンフン 東京フィルハーモニー交響楽団

メシアン:ほほえみ
ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲  (ツィメルマンに捧げる)
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

たぶん、この先ツィメルマンのピアノでこの曲を聴ける可能性はとっても低いだろうな、と思ったのと、一度聞いただけでは、「すごいなぁ」という感覚的な印象が強く残るだけかもしれないと思ったので、最終公演も行ってきました。20日の1回目とこの日の4回目の演奏、2回を聞くことが出来ました。

ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲 ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲
ルトスワフスキ(ヴィトルド) ルトスワフスキ BBC交響楽団

曲名リスト
1. ピアノ協奏曲~クリスティアン・ツィマーマンに捧ぐ
2. ヴァイオリンと管弦楽のためのパルティータ~アンネ=ゾフィー・ムターに捧ぐ
3. チェーン2(ヴァイオリンと管弦楽のための対話)~パウル・ザッハーに捧ぐ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オケから始まって、すっとツィメルマンがピアノを弾き出すと、その最初の一音で、会場の空気が変わるような気がしました。音楽の神様と繋がるような感じとでも言うのでしょうか。ツィメルマンに限らず、素晴らしい演奏家って、最初の一音で、ホールにその音楽家の色を付けられる人なんじゃないかなぁ・・・。素晴らしい緊張感と美しい音、不安と喜びが一緒に来るような音楽なんですけれど、それが目の前に迫ってくるようでもあり、逆に引っ張られるようでもあり、どの音も澄んでいて濁りがないので、難しいメロディなのに、細胞が揺らされるような感覚を持ちました。

続きを読む "ルトスワフスキピアノ協奏曲 クリスチャン・ツィメルマン" »

2008/11/25

『60PEAK ミカエルの唄』

60PEAK ミカエルの唄
出演:大堀こういち 小林顕作 川本成 右近良之
10月15日(水) 於:六行会

(先月見て、φ(..)メモだけしてたので、備忘録として。)
右近(元THE CONVOY)、小林(ダンス・カンパニーコンドルズ)、大堀(元ナイロン100℃)、川本(あさりど)、という4人それぞれが、別の活動の場を持っている人達の芝居だったので、どんな風にまとまるのか?どんな味のぶつかり合いになるのか?と興味を持って見に行きました。

男性4人の芝居って面白かった。たぶん、それなりアドリブも飛び交っているのでしょうけれど、お互いの仲の良さというか、信頼関係のような空気感がずっと舞台の上にあって、その上、物語のテーマである「友情」、しかも魂になってもなお続いている友への気持ちが、とても心地よかったです。人はやっぱり1人で生きている訳じゃないんですよね。
このユニットの第2回はあるのかな~。

2008/11/24

ポインセチア

08112102 クリスマスといえばポインセチア。赤と緑の組み合わせが鮮やかで、あちらこちらの店先でもたくさん見かけます。小さい株が安かったので、4つ色違いで寄せ植えにしてみました。
それにしても、今日は寒かったです。昨日も一昨日も天気が良くて、表を歩くのも気持ちよかったけれど、今日は午後から雨。今週はあまり天気が良くないみたい。出かける予定が多い週なので、あまり寒い雨にならないといいなぁ。

2008/11/23

ツィメルマンのルトスワフスキ

11月20日(木) サントリーホール
ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン
チョン・ミョンフン指揮 東京フィルハーモニー交響楽団

メシアン:ほほえみ
ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲  (ツィメルマンに捧げる)
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

B0012PYFL2 ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲
ツィマーマン(クリスティアン) ルトスワフスキ ルトスワフスキ(ヴィトルド)
ユニバーサル ミュージック クラシック 2008-03-19


by G-Tools

ツィメルマンの為に作曲されたピアノ協奏曲、CDで聞いているだけではなんだかよく分からない難しい曲だな、といった感じでしたが、音楽というのは、やはり演奏されることで生きるのだなぁ・・・としみじみ感動しました。

最初の一音から、なんてきれいな音だろうか・・・と驚きました。ツィメルマンって一瞬にしてホールの色を変えられる人です。4楽章、切れ目なく演奏されるのですが、だんだんとツィメルマンを中心に音楽が集まっては拡散していくような感じが、まるで目に見えるようでした。指揮はミュンフンというよりツィメルマンだったかも。オケの演奏はあまり余裕がなかったみたいです。この先何度か演奏していくうちに、良くなっていくのかもしれないので、最終公演の方が良いかも。

(♪ツィメルマンによるルトスワフスキについての講演や演奏の事→ジャパンアーツの記事

続きを読む "ツィメルマンのルトスワフスキ" »

2008/11/18

アダムとイブというビール

08110331ベルギーのビールです。日本でのカテゴリーは発泡酒になるそうですが、かなり濃い味。スパイシーで美味しいです。ルーベンスの絵画を下絵にしたラベルも、なんだかこのビールを飲みたくなりますよね。

このお店にビールの説明があります。コリアンダーが入ってるんですね。なるほど!だからスパイシーだったんですね。瓶につられて買ったので、味については詳しくは知りませんでした。こういう時ネットって便利ですね。
ルーベンスの絵画「アダムとイブ」を下絵にしたラベルのデザインも大人気。ほどよいホップの味...

2008/11/16

東京タワー

08110865今年東京タワーは50周年だそうです。 ここのイルミネーションも毎年楽しみです。イルミネーションの間を歩けるので、みんな記念撮影しています。

08110856_2 上に登ったら、きれいな東京を見下ろせるのかな。最近は登った事ないですけれど、「夜景とライブ」というイベントもあるようですね。

「東京タワーを階段で登ろう」なんていうのもあるんですね。外階段なんて、この時期寒そうですが、600段かぁ・・・。子供が15分で登れるそうですが、おばさんはいったい何分かかるんだろう?やや高所恐怖症なので、試さないでおきます。

それにしても、私の子供の頃は、展望台が赤だったんですけど、今は白なんですよね。

2008/11/14

御殿場から富士山

08111409今日は、休みを取って御殿場のアウトレットまで行ってきました。お天気にめぐまれて、富士山がスッキリと美しく見えて、気分爽快!

ワンコも連れて行ったので、食事は外でしたが、ぽかぽか陽気で気持ちが良かったです。08111442走って遊んで、毛がボサボサです。でもこのおニューのチェックの洋服はなかなか可愛いかも。これは、この間お台場で買ったものです。

私はこれといったモノが見つけられず・・・でも、夫や母は気に入ったものが見つかったようです。

4時を過ぎると、イルミネーションが点灯し始めました。暗くなったらきっとキレイでしょうね。

08111462 帰りは、御殿場のインター近くにある鈴廣に寄って、ひものと蒲鉾をお土産にと思った所、さすがに夕方に行くと、だいぶ売れちゃって残りが少なくなっていました。

2008/11/10

クリスマスツリー

映画が終わった後、外の気温は14度。アクアシティからデックスの方に歩いていくと、毎年恒例のクリスマスツリーのイルミネーションを見ることができます。ちょうどツリーの後方には、レインボーブリッジが見えます。

08110839

このクマちゃんは、 子熊の下にある質問に答えてボタンを押すと、涙が消えます。

08110844

クリスマスツリーは、LEDの電飾で描かれる画像が、どんどん変化していき、とってもキレイでした。

続きを読む "クリスマスツリー" »

2008/11/09

レッド・クリフ

昨夜、見てきました。レッドクリフのオフィシャルサイト

○○節って良くいいますけれど、この監督ほど「節」が似合う人はいないかも。「ジョン・ウー節」健在!炸裂!
鳩が飛ぶのは、お約束、独特の演出、語り口。途中からトニー・レオンがトム・クルーズになって、馬じゃなくてバイクに乗って疾走していたとしても、まったく違和感ないかも。(笑)

トニー・レオンが、少林サッカーのチャウ・シンチーやジャッキー・チェンだったら、きっと抱腹絶倒のコメディ映画になっていたでしょう。

と、ついついニヤリと笑いながら、時に吹きそうになるのを押さえながらも、面白かったです。2時間以上あるけれど、あっという間。
トニー・レオン(周瑜)の静の中にある熱い血と、どんな時にも冷静で誇り高い金城武(諸葛亮)の、やり取りが楽しいです。相手を認めるが故に、笑顔の裏で腹の探り合いをしている所なんて、ワクワク。琴を激しく奏でながら、相手の心の内が読めちゃうなんてね。PartⅡが楽しみになりました。

続きを読む "レッド・クリフ" »

2008/11/06

「いつでも今日が人生の始まり!」桐島洋子著

少し前にタイトルがいいなぁと思って読んでみました。だんだん年を取ってくると、新しい事を始めるのを躊躇ったり、思い切ったことが出来なくなったり、というより思い切らなくなるのかな。潔い生き方ってなかなか出来るもんじゃないですよね。

読んでみて、フムフム・・・と思うこともあり、それはちょっとね、と思う事もあり。で、いろいろ考えるきっかけになりました。それにしても波瀾万丈な人生だけど、すっきり、きっぱりしていて、すごいです。
例えば、あんな風に年を重ねていきたいなぁ、と思わせてくれる素敵な女性は誰だろう?と考えると、意外と思い浮かばないけれど。私も元気に、いつまでも気持ちの良い生き方をしていたいなぁ。

いつでも今日が人生の始まり!―50代からの気持ちのいい生き方・暮らし方 いつでも今日が人生の始まり!―50代からの気持ちのいい生き方・暮らし方
桐島 洋子

by G-Tools

2008/11/05

横浜中華街

オペラ『フィデリオ』が終わった後、中華街に行きました。
オペラを観る前にも、中華街で大きな豚まんを半分食べました。熱々で美味しかったぁ!

夜はどこのお店で食べようかしら・・・とフラフラ下見した割には、予約もせず、「フカヒレ」を看板にかかげているお店はどうやら、とても人気があるらしく、予約なしでは入れませんでした。いつも行く台湾料理は美味しいけれど、たまには違う店にも行ってみたかったので、歩きながら探して、なんとなく雰囲気の良さそうな「醉楼」というお店に入りました。こちらです。

08110124通された2階は、簡単な仕切りがあるので、お隣の席は気にならず、落ち着いた雰囲気でゆっくりと食事が楽しめました。 二人からのコース料理を頼んで、その他にこの豚の角煮を夫のリクエストで注文したのですが、これがとっても美味しかったんです。

良い音楽と美味しい食事。幸せ~。

続きを読む "横浜中華街" »

2008/11/03

小澤征爾指揮 『フィデリオ』 ウィーン国立歌劇場管弦楽団

11月1日(土)於:神奈川県民ホール
ベートーヴェン 『フィデリオ』
指揮:小澤征爾
演出:オットー・シェンク
レオノーレ:デボラ・ヴォイト
フロレスタン:ロバート・ディーン=スミス
ドン・ピツァロ:アルベルト・ドーメン
ドン・フェルナンド:アレクサンドル・モイシュク
ロッコ:ヴァルター・フィンク
マルツェリーネ:イルディコ・ライモンディ
ヤキーノ:ペーター・イェロシッツ
ウィーン国立歌劇場管弦楽団
ウィーン国立歌劇場合唱
合唱協力:藤原歌劇団合唱団

08110103 神奈川県民3階からの眺め。15時開演でしたので、始まる前は、青空。ほんの少しだけ色づき始めた山下公園の木々の葉がきれいです。
3階席からは、オケピもよく見えるし、舞台も奥まで見渡せるし、東京文化会館の4~5階から、おそるおそる見下ろすよりずっといい感じです。08110113

1幕が終わった後の休憩時間には、少し陽が傾いてきて、空の色が青から薄紫に赤みがかってきていました。

続きを読む "小澤征爾指揮 『フィデリオ』 ウィーン国立歌劇場管弦楽団" »

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

フォト