« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/30

ミラクルリーフのその後

08092502 先月から水に浮かべていたミラクルリーフ・・・育ちましたが、何故か1本だけ。他からはまったく芽が出ません。coldsweats02 何でかしら???
ぼちぼち切り取って、土に植えた方がいいのかなぁ?もっといっぱい芽が出てミラクルに増えるかと思っていたのに、残念です。
最初の様子はこちら

2008/09/26

仏芸術アカデミーの小澤征爾さん

小澤征爾さんは、2001年に仏芸術アカデミー準会員に選出され、そして今度は正式会員に。今日はその就任式の模様がニュースで流れたようです。

いつまで見られるか分かりませんが[TBSニュース 動画あり][フジテレビニュース 動画あり][AFP BBnews 画像10点あり]それぞれで見られます。でもでも、気になっている剣はどこにも映ってないです・・・。いずれ音楽の友か、何か雑誌に出るといいなぁ。

2008/09/24

なつかしのメロンアイス

08092401懐かしいアイスクリーム、メロンボールです。ファミマで販売中のR45のシリーズの中にありました。

蓋をあけるとメロン味のアイスクリームが・・・。なんとな~くアイスクリームというよりは、シャーベットだったように記憶していたんですが、ほんのりメロン風味で美味しかったです。

2008/09/23

歌舞伎でヤマタノオロチ

今日は九月大歌舞伎の11時からの部を見てきました。3つ芝居があって、終わったら3時40分・・・長かったです。3階の後ろの方の席で2500円、花道は見えませんけれど舞台が見下ろせてリーズナブルで、なかなか良いかも。

1つ目の演目は、『竜馬がゆく~風雲篇』、竜馬は市川染五郎さんでした。池田屋事件の後、竜馬が西郷隆盛に会い、おりょうを妻に迎えるあたりの話。2つ目は『ひらかな盛衰記』という主君の忘れ形見を守る為に自分があえて捕まるという吉右衛門さんの義太夫狂言・・・というものだそうです。

そして3つ目『日本振袖始』、これがヤマタノオロチ。「八岐大蛇」と漢字で書くと恐ろしいですね。で、この大蛇が玉三郎さん・・・美しい。壺のお酒を飲みつつ踊る姿は妖艶でした。生贄に差し出されたお姫様の福助さんもまた美しかったです。スサノオノミコトが染五郎さん。それにしても「素戔嗚尊」って一発で変換出来るなんて知らなかった。(笑)

染五郎さんは3演目とも出てました。夜の部もあるわけですからすごいです。歌舞伎もたまには、楽しいかも。日本の文化なのに、ほとんど理解していなくて恥ずかしい限りですが、1演目だけ見られるシステムもあると分かったし、しかも、その幕見料金は700円~900円なので、意外に気軽に見に行けるものなんですね。

2008/09/22

むくげが咲きました。

08091302 1ヶ月ほど前に、ちょっとよれよれになったムクゲの鉢植えを買いました。たしか350円くらいだったかな?大きな鉢に植え替えて、日当たりの良い場所において・・・。
ようやく咲きました。うれしいです。葉ばかりが育って、花は来年かしらと諦めモードになっていたところ、気がつけば蕾みがいくつか付いていて、9月にようやく咲きました。

2008/09/19

新日本フィル定期演奏会

新日本フィルハーモニー交響楽団の新シリーズが始まりました。'08-'09のテーマは「秘密」です。
そしてその1回目は、「衝動と死による償却」というタイトルがついています。

9月11日(木)サントリーホール
モンテヴェルディ:マドリガル曲集第7集より 『眠っているの、ああむごき心』*
ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』より『前奏曲と愛の死』
ジェズアルド:5声のマドリガル曲集 第5巻より『お慈悲をと私は泣いて訴えるのだが』*
・・・休憩・・・
モンテヴェルディ:マドリガル曲集第7集より 『ああ。私の恋人はどこに』*
バルトーク:バレエ音楽『中国の不思議な役人』(全曲)op.19
ジェズアルド:『だが、惨しい苦しみの源である貴女』*

指揮:クリスティアン・アルミンク
ソプラノ:ナンシー・グスタフソン
声楽アンサンブル:ラ・フォンテヴェルデ*
合唱:栗友会合唱団

    前半3曲、後半3曲はいずれも続けて演奏されました。とても変わったプログラムの組み方だなぁと感じていましたが、プログラムを読んでなるほど!でした。

    続きを読む "新日本フィル定期演奏会" »

    小澤さんに合う剣とは・・・!

    昨日小澤征爾さんが仏芸術アカデミーの本会員に選出された事を日記に書きましたが、フランス芸術アカデミーには正装があって、礼服と剣を身につけるのだそうです。こちらの「パリノルール」さんのblogに詳しいのですが、「その人にあった剣」というのが素晴らしいですよね。映画監督のロマン・ポランスキー氏は、持つところがフィルムになっていて素敵ですね。
    さて、小澤さんは、どんな剣になるのでしょうか?

    下記のCDは、フランス国立管弦楽団との録音です。ビゼーの交響曲はあまり演奏される機会がないと思います。パリ管との演奏は若い頃の録音で、溌剌としたエネルギーに溢れていますが、こちらのフランス国立管との録音は、落ち着いた感じで、艶やかな音です。サン・サーンス、しばらく聞いていなかったので、早速i-podに入れようかな。

    B00007M8PD

    ビゼー:交響曲ハ長調
    小澤征爾 ビゼー フランス国立管弦楽団
    EMIミュージック・ジャパン 2003-02-26


    by G-Tools

    B000TLYF9M

    ビゼー:組曲「アルルの女」他
    小澤征爾 ビゼー フランス国立管弦楽団
    EMIミュージック・ジャパン 2007-10-24


    by G-Tools

    B00007M8PE サン=サーンス:交響曲第3番
    小澤征爾 サン=サーンス フランス国立管弦楽団
    EMIミュージック・ジャパン 2003-02-26

    by G-Tools

    2008/09/17

    小澤征爾さん フランス芸術アカデミー本会員に

    小澤征爾さんが、日本人で初めて、フランス芸術アカデミーの本会員に迎えられたそうです。
    ニュースはこちら。

    フランスと言えば、昔は、小澤さんとパリ管弦楽団の組み合わせのレコードをよく聞いていました。お若い頃はけっこうパリ管を振っていたと思います。
    下の2枚は、LPで聞きましたけれど、私の印象では、パリ管ってとっても瑞々しい音色で、華やかだったと思います。久しぶりに聞いてみたいので、CDで買い直そうかな・・・。

    B00007M8P7 チャイコフスキー:交響曲第4番
    チャイコフスキー パリ管弦楽団
    EMIミュージック・ジャパン 2003-02-26

    by G-Tools
    B00005FFJW チャイコフスキー:交響曲第6番
    パリ管弦楽団 チャイコフスキー 小澤征爾
    マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1997-04-25

    by G-Tools
    B0009N2VGE チャイコフスキー:交響曲第6番
    小澤征爾 チャイコフスキー パリ管弦楽団
    ユニバーサル ミュージック クラシック 2005-06-22

    by G-Tools

    2008/09/14

    小澤征爾指揮 サイトウ・キネン・オーケストラ

    小澤征爾指揮 サイトウ・キネン・オーケストラ
    モーツァルト : 交響曲第32番 ト長調 K318
    武満徹 : ヴィジョンズ
    マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」
    9月6日(土) 松本文化会館

    オーケストラBプログラムの初日、ヤナーチェクのオペラ「利口な女狐の物語」から1週間がたち、オーケストラの演奏会を聞きました。座席は1階の後方でした。近くにNHKの生放送のためのテレビカメラがありました。

    この日は3曲、それぞれコンサートマスターが変わりました。やはり弦楽器の厚みや響きが違うと思いました。1曲目が始まる前に、亡くなった楽団員の方への黙祷がありました。

    さて、一曲目のモーツァルト。コンマスは男性で、ちょっとお名前分かりませんでしたがオケは、はつらつとした若々しいモーツァルトで、元気ですっきりした響き。32番は初めてでしたが、交響曲とはいえ、切れ目なく演奏されるもので、オペラの序曲だったかもしれないそうです。
    2曲目のヴィジョンズも、初めて聞きました。武満さんの音楽というのは、なんとなくさみしいようで、懐かしくも感じる、ふしぎな揺れというか揺らぎが、ウチから湧いてくるようでもあり、どこかから流れてくるようでもあり、静寂の中にある、何か確実なものが、浮かんでは消えていく・・・。なんだか何が言いたいのか分からなくなりますが、静と動のように相反する感情が、まったく矛盾なくそこに一緒にあるような感覚になります。この曲は、女性のコンマス、たぶんギルバートさんかな。久しぶりに小澤さんの譜面代に総譜が乗っているのを見ました。

    続きを読む "小澤征爾指揮 サイトウ・キネン・オーケストラ" »

    2008/09/06

    サイトウキネンオーケストラ

    サイトウキネンオーケストラ
    ♪今夜は生放送があるそうです♪

    御射鹿池

    御射鹿池
    奥蓼科の御射鹿池です。東山魅夷画伯の名作「緑響く」のモチーフになった池だそうです。最近では吉永小百合さんのCMでも見ますね。

    2008/09/05

    巨峰ソフト

    巨峰ソフト
    談合坂サービスエリアで巨峰ソフト!美味しかったです。この後、清里の清泉療でまたソフトクリーム食べました。これも濃厚で美味しかった!♪

    2008/09/03

    小澤征爾指揮 『利口な女狐の物語』 SKF

    8月31日(日)15時 まつもと市民芸術館
    ヤナーチェク : オペラ「利口な女狐の物語」
    (フィレンツェ歌劇場との共同制作・新演出)

    指揮 : 小澤征爾
    演出 : ロラン・ペリー
    演奏 : サイトウ・キネン・オーケストラ
    女狐ビストロウシカ : イザベル・ベイラクダリアン
    森番 : クィン・ケルシー
    森番の妻・ふくろう : ジュディス・クリスティン
    校長・蚊 : デニス・ピーターソン
    神父・あなぐま : ケヴィン・ランガン
    行商人ハラシタ : デール・トラヴィス
    雄狐 : ローレン・カーナウ
    宿屋の主人 : 松原友
    宿屋の女房 : 増田弥生
    犬ラパーク : マリー・レノーマン
    雄鶏・かけす : 黒木真弓
    きつつき : 牧野真由美
    ダンサー 
    合唱 : 東京オペラシンガーズ
    児童合唱 : SKF松本児童合唱団
    装置 : バーバラ・デリンバーグ
    衣裳 : ロラン・ペリー
    照明 : ペーター・ヴァン・プラント
    振付 : リオネル・オッシュ

    動物役の人はみな着ぐるみを着けていました。

    続きを読む "小澤征爾指揮 『利口な女狐の物語』 SKF" »

    2008/09/01

    サイトウキネン・オーケストラ

    08090106 昨日、8月31日、サイトウキネン・オーケストラを聞きに松本まで行ってきました。今年はグッズが増えていて、ジャムや手ぬぐい、リバーシブルのバッグ、カレンダー、ストラップ等々・・・。08090114
    何年か前に出ていた携帯電話用のネックストラップは、あれ以来見かけないんですよねぇ。こういうグッズは欲しいかも、と思ったら買った方が良いんですね。

    続きを読む "サイトウキネン・オーケストラ" »

    « 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

    フォト