« 小澤征爾さん ウィーン国立歌劇場も降板 | トップページ | ナルトのお菓子 »

2008/06/06

ヴーヴクリコとヴァベットの晩餐会

08060608 誕生日のプレゼントでヴーヴクリコのシャンパンをいただきました。冷やしてぐぅっといこうと思います。

で、ヴーヴクリコといえば、思い出すのが「バベットの晩餐会」という映画。アイザック・ディネーセン原作のデンマーク映画で、地味だけれど、見終わった後に、幸せな感覚がひたひたと細胞を浸してくれるような、本当に素敵な映画なんですよね。で、その映画の中で、晩餐会に出されるシャンパンがこのヴーヴクリコで、その時に、こういうシャンパンがあるのを初めて知りました。あぁ、映画がまた見たくなりました。

DVDでもう一度見てから、本も読んでみようかな。
そういえばアイザック・ディネーセンは、「アフリカの日々」の作者でもあって、映画「愛と哀しみの果て」の原作なんですよね。この映画の中のシーンで、ロバート・レッドフォードとメリル・ストリープが、猿にモーツァルトのクラリネット協奏曲を聴かせるシーンと、髪の毛を洗ってあげるシーンがあって、それがアフリカの大地の、おおらかな感じとか、ひたすら地平線が遠くて、大地の広さというか大きさが、スクリーンにど~んと映し出されて、とても感動した記憶が残っています。

B00005N0T8 バベットの晩餐会 【字幕版】
ステファーヌ・オードラン
ソニー・ミュージックレコーズ 1989-08-21

by G-Tools

バベットの晩餐会 (ちくま文庫) バベットの晩餐会 (ちくま文庫)
Isak Dienesen 桝田 啓介

by G-Tools
B00116D6C6

愛と哀しみの果て (ユニバーサル・セレクション2008年第3弾) 【初回生産限定】
ロバート・レッドフォード.メリル・ストリープ.クラウス・マリア・ブランダウアー.マイケル・キッチン.マリク・ポーエンズ.マイケル・ガフ.スザンナ・ハミルトン, シドニー・ポラック
Universal Pictures Japan =dvd= 2008-03-13

by G-Tools

« 小澤征爾さん ウィーン国立歌劇場も降板 | トップページ | ナルトのお菓子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/41447560

この記事へのトラックバック一覧です: ヴーヴクリコとヴァベットの晩餐会:

« 小澤征爾さん ウィーン国立歌劇場も降板 | トップページ | ナルトのお菓子 »

フォト