« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 4日目 | トップページ | 使い方がぁ・・・。 »

2008/05/07

連休最後は小澤征爾さん

noteベルリオーズ:劇的物語「ファウストの劫罰」作品24(日本語上演)
指揮:小澤征爾
マルガレーテ:清水華澄(M-sop)
ファウスト:佐野成宏(Ten)
メフィストフェレス:福島明也(Br)
ブレンデル:山下浩司(B-br)
合唱:成城合唱団/成城学園初等学校合唱部/成城学園中学校生徒有志
新日本フィルハーモニー交響楽団

ラ・フォル・ジュルネのチケットが売り出された時には、こちらはまだ発売前でしたが、多摩までは平日だったらとても行けないので、一般売りを待ってチケットを取りました。シューベルト漬けから一気にベルリオーズへ。

この舞台のサイズから溢れそうなほどの、オケとソリストと合唱。小澤さんも、ファウストの譜面代に腕をぶつけてました。子供達は、最後の合唱時に舞台の両袖から静かに歩いて出てきて、ヴァイオリンとヴィオラの前のわずかな隙間で熱唱。可愛らしかったです。アマの合唱団なので、高音とか厚みとか少々残念な所もありましたけれど、最後のクライマックス、メフィストフェレスと契約してしまったファウストが地獄へ連れて行かれる辺り、メフィストフェレスがしてやったりとほくそ笑み、黒い馬が奈落へ疾走していく所は、まさに人馬一体!!指揮、ソリスト、オケ一体で、うわぁ~ゾクゾク・・・でした。小澤さんのベルリオーズって、本当にいつ聴いてもすごいです。

ウチから行くとやっぱり遠いです。でも初めての路線に乗ったりして、何回か乗り換え、ちょっと旅気分で、往復別ルートで行ってきました。と言うことでGWもおしまい。全部付き合ってくれた夫に感謝です。

B0000AFOJR ベルリオーズ:ファウストの劫罰
小澤征爾 タングルウッド音楽祭合唱団 バロウズ(スチュアート)
ユニバーサル ミュージック クラシック 2003-08-21

by G-Tools

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 4日目 | トップページ | 使い方がぁ・・・。 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/41119426

この記事へのトラックバック一覧です: 連休最後は小澤征爾さん:

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 4日目 | トップページ | 使い方がぁ・・・。 »

フォト