« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/29

シクラメン

08012633 シクラメンって本当に不思議な花びらですよね。どうして咲くときに、反っくり返るのかなぁ?

花言葉は、内気、はにかみ、恥ずかしがり・・・等だそうです。恥ずかしがって裏返っちゃうのでしょうか?

2008/01/27

メロディの命日

26日はメロディの命日でした。2004年に旅立ったので、もう4年です。Me2

前日までは穏やかな顔で、ゆったりと座り、みんなの話を聞きながらのんびりとした様子に見えましたけれど、翌朝は立ち上がるのも大変な状態になり、獣医さんに連れて行く車の中、私の膝の上でコホンと咳をしたのが最期だったように思います。 曇っていてとても寒い月曜日の朝の事でした。

翌日、火葬場に向かう時、突然、車のラジオから、どういう訳かショパンの「別れの曲」が聞こえてきました。火曜日の午前中のラジオから、クラシック音楽が流れるのもとても珍しい気がしました。どんよりと低い灰色の雲の下、車がゆっくりと進み、気持ちは前日から止まったままなのに、「別れの曲」が流れてきたことで、時間が過ぎていくのを実感したという、とても奇妙な感覚を、今でも強く思い出します。あれは、誰の演奏だったのかしら・・・。あれ以来、「別れの曲」は通して聞いてないなぁ・・・。

先週、お墓参りに行ってきました。メロディがウチに来てくれたおかげで、私はう~んと幸せだったわ。今も、ずっと幸せです。聞こえますか?

2008/01/25

小澤征爾さんの教えるという事

月曜日深夜に放送されたドキュメンタリー番組「棒ふりの運命(さだめ)~指揮者 小澤征爾が伝える真髄~」を見ました。

教えるという行為は、演奏するのとまったく同じエネルギーに見えました。あんな風に全身全霊で「僕は今あなたに自分のすべてを持って教えます」というエネルギーをぶつけられたら、それを受け取る生徒の方だって、全身全霊で受け取って吸収しようという覚悟がないと、駄目だと思いました。「教える」とか「伝える」って、本当に難しいんですね。

指揮者って、どうやったら演奏者が演奏しやすいかっていう事と、自分の作りたい、目指す音楽へ向かうという事を同時に進めていくわけだけれど、教えている時の小澤さんの言葉を聞いていると、今さらながら、驚かされる事ばかりでした。

それにしても、夏のサイトウキネンの頃はちょっと疲れて見えましたが、あんなに精力的に動き回っていたら、どんなに元気な人だって、疲れると思います。少しは楽なスケジュールになったのでしょうか?

今月はベルリンフィルでカラヤンの生誕100年記念コンサートを指揮。小澤さんはインタビュー中には、よく「カラヤン先生」の話をすることが多いし、どんなコンサートだったのでしょう。

さて、そんな忙しい小澤さんの北京でのニューイヤーコンサート。なんとYouTubeにありました。

続きを読む "小澤征爾さんの教えるという事" »

2008/01/24

何見てござるな気分

下のお酒に限らず、「何見てござる?」と問いたい事は数々あれど、あまり人様の気持ちに振り回されるのも、ストレスになるので、「何でも見てくださいよ、そのまんまですから・・・」な気分で、我が道をしっかりと歩く事を考えた方がいいかなぁ。

目に見える事、耳に入ってくる事、見ようとする事、聞こうとする事、どれが本当かなんて、分からないし、どれも本当かもしれません。どんな気持ちで受け止められるか、どんな自分で理解できるか、日々、勉強ですね。

2008/01/23

なに見てござる 米焼酎

05120113岩倉酒造の古酒「何見てござる」めずらしく米焼酎です。

後ろには、「小さな田舎の酒倉で 古いお酒はなに見てござる 静かに田舎を見てござる」と書かれています。

こういう寒い夜には、やっぱりお湯割りでしょうか。これはもうだいぶ前になりますが、夫が知り合いからちょっと味見で分けてもらった焼酎です。ちょっと味見しただけなのですが、その時にはまろやかだなぁ・・・と感じました。

05120115_205120114_2

2008/01/21

指揮者リッカルド・シャイー病気で

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の来日が取りやめになったそうです。なんだか、演奏会の中止というニュースが、とても多いような気がします。その後、皆様元気になったのかなぁ?キーシンは復帰したようですが、一番心配なツィメルマンさまの怪我の具合はどうなのでしょう。なんとドイツ・グラモフォンのサイト(10日の日記で紹介)からツァーの情報が消えているんです・・・。復帰はもう少し先になったのでしょうか・・・。気になります。

そんなニュースを梶本音楽事務所のwebサイトで読んでいたら、ショパン・プロジェクトなるものを見つけました。ラフォルジュルネのプロデューサー、ルネ・マルタン氏のプロデュースで、世代の違う複数のピアニストが入れ替わり立ち替わりで、約1時間ほどのショートプログラムを数日かけて弾くというものらしいです。

さて今夜はこれから小澤さんのドキュメンタリー番組が放送されますが、さすがに2:40AMまでは起きていられないので、寝ることにします。

2008/01/20

あったかスリッパ

Usb0801ヨドバシカメラでポイントがたまったので、USBに差し込むと暖かくなるスリッパを買ってきました。足が寒くなるくらいなら、早く寝ればいいのだけれど、ついつい夜遅くにパソコンに向かうものだから、これは良いかも・・・。USBに差し込まなくても、このスリッパだけでけっこう暖かいです。

2008/01/19

小澤征爾さんのドキュメンタリー

サイトウキネンのメルマガでお知らせがありました。

♪ドキュメンタリー番組「棒ふりの運命(さだめ)~指揮者 小澤征爾が伝える真髄~」が放送されるそうです。長野朝日放送の制作で、全国のテレビ朝日系列局で19日から27日までの間に放送があるとの事。

東京は、テレビ朝日で、1月21日(月)26:40~27:10 深夜ですね。録画予約すると22日だから間違えないようにしなくちゃだわ。

ちなみに●大阪:朝日放送 1月19日(土)25:30~26:00 ●長野:長野朝日放送    1月20日(日)25:10~25:40

その他の地域については、テレビ朝日内の系列局での放送時間で確認できるようです。

2008/01/17

スンドゥブオ?

08011712 姓はスン、名はドゥブオ・・・ではありません。純豆腐男、これでスンドゥブオです。男前豆腐店の商品ですが、いわゆる豆腐チゲ。豆腐300グラム、スープ300グラム。ほどよい辛さです。豆腐は少々固めの絹ごしです。シメジとか、白菜、もやし等の野菜や肉を足してちょっと煮込めばできあがり。寒い夜には身体も温まって良いですね。

男前豆腐店は、ネーミングが上手いし、新商品も季節ごとに出てくるし、商売上手なんですね。でも豆腐の味が、飽きるんですよね。

2008/01/15

お酒のおつまみにかりんとう

よく行く酒屋さんで売っているかりんとう。これが意外とお酒にあうんです。升本屋さんという所のかりんとうで、塩みつと多胡麻をよく食べます。かりんとうって食べ出すと止まらないのだけれど、夜中に焼酎飲みながら、ボリボリ食べてるから、いつまでたっても痩せないんだなぁ・・・。

だいたいは、夕飯後にスポーツクラブに行って、プールをフラフラ歩いて、ジャグジー入って、のんびりと肩と背中のコリをほぐして帰ってくるのだけれど、それで焼酎飲んでおつまみつまんでたら、カロリーオーバーだわ。でもそういうぼぉっとした時間が「ほっとするひととき」なんですけどね。

2008/01/13

宮本文昭著「オーボエとの時間」

読み終わってからだいぶたってしまいましたが、とても素敵なエッセイです。残念ながら、昨年の3月にオーボエ奏者としての活動は終えられましたが、その後は教える事だけではなく、コンサートの企画プロデュースやテレビ・ラジオの司会、そして指揮者というあらたな活動も始められて、ますます活躍の場が広がっている宮本さん。でもやっぱりまだまだ、あの艶やかで明るいオーボエの音を聞いていたかったですけれど・・・。宮本さんがやめて、サイトウキネンオーケストラの音はものすごく変わってしまった、と私はとても残念に思ってます。

このエッセイは、ちょうどオーボエ奏者としてピリオドを打たれる頃に出版されたもので、宮本さんがどんな風にオーボエと出会い、どんな風に演奏者になっていくのかが、軽妙な語り口でつづられています。偶然にも高校生の時のドイツ語の先生が、小澤征爾さんのお兄さんだったというのにはびっくりです。

軽い文体なので読みやすいけれど、「覚悟」を持って音楽に立ち向かっている姿には、感動しますし、励まされる気もしました。音楽に限らず、自分の道を進む、我が道を生きるのは、やはりそれ相当の覚悟が必要なんですよね。

オーボエとの「時間」
オーボエとの「時間」 宮本 文昭

時事通信出版局 2007-04
売り上げランキング : 27296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファイナル・オーケストラスペシャル・ライヴ-オーボエ協奏曲集 疾風怒濤のクラシック案内 (アスキー新書 41) (アスキー新書 41) 宮本文昭・オーボエの至芸 Fumiaki Miyamoto ファイナル・コンサート-070328

2008/01/11

芋焼酎 馬鹿野郎 他

07121901去年の暮れ、仕事が終わり、9時近くによく行くお店に行ったところ、忘年会シーズンまっさかりで満員。仕方なくブラブラ歩いている時に見つけた焼酎のお店に入ってみると・・・!

初めて見ました。「馬鹿野郎」という芋焼酎。口当たりがソフトでとても飲みやすかったです。

ネットで調べてみると、熊本県の山都酒造という所の芋焼酎で、この酒造は他にもネーミングの面白いお酒が・・・なんと「はげあたま」とか「天使の分け前」なんていう焼酎があるようです。どこかで見つけたら買って飲んでみたいです。

07121902他にもこの日はいくつか飲んでみました。途中から良い気分で、味はあまり覚えてないのですが・・・。

この「赤芋仕込み」はしっかりした芋の味がしました。どっしり甘いけど後味はスッキリで強い印象です。 宮崎県の寿海酒造協業組合の焼酎です。

07121903_2 07121905_2 龍宝と黒伊佐錦(新酒・無濾過)もどちらも初めて飲みましたが、すでに味は忘れてしまいました・・・。

皆でいろいろ取って、味見していたので、記憶が一緒になっちゃいました。

2008/01/10

ついにレコードプレーヤー

08010508お正月休み中についにレコードプレーヤーを買いました。

こんな感じで聞いてます。

針がレコードに落ちる瞬間ってワクワク。これはスタートボタンを押せばオートですが、昔はやや緊張しながら、そぉっと針をレコード盤に置くようにしたものです。懐かしいなぁ。

続きを読む "ついにレコードプレーヤー" »

2008/01/07

スタート好調!

今日から仕事です。本当にゆっくりできた年末年始。夏休みや有給休暇だと、ウチにいてもついついメールチェックして、仕事モードを引きずってしまうけれど、お正月は、他社もみんな止まっているので、何も気にせずどっぷり休みを満喫できました。便利になったおかげで、かえって不便になってしまった事もあるんですよね。

今日は会社で新年会がありました。いろいろあって忘年会がなかったので、景品の抽選もある新年会。すっかりビールで良い気分。ぽぉっと楽しく久しぶりの仲間とおしゃべりしていたら、どうやら自分の名前が呼ばれておりました。

掃除機当たりました!(^_^)v もうウチのは古くてそろそろ買い換えなくちゃ・・・と思っていたので、ものすごく嬉しいです。感謝。

2008/01/06

東京都現代美術館

昨日、木場にある東京都現代美術館に初めて行ってみました。「アートとデザインの遺伝子を組み替える」という企画展示の入場券を知人からもらっていたので、お正月休みももうおしまいだし良い機会だから、足を伸ばしてみました。

続きを読む "東京都現代美術館" »

2008/01/05

小澤さんは北京で演奏会

小澤征爾さんは、北京で12月31日と1月1日に新年演奏会だったそうです。YouTubeにもニュースがありました。相変わらず忙しいですね。キャスリン・バトルとは何十年か前にオルフのカルミナ・ブラーナで共演してましたっけ。彼女のオンブラ・マイフのCMは、ものすごく強いインパクトで覚えています。

去年放送されたスペシャル番組の中で、ある時、指揮棒を忘れてしまって変わりの棒を借りたけれど、どうもうまくない、なじまないので、棒無しで振ってみたら案外良かったから、それ以来、棒を持たないとおっしゃってましたけど、このドビュッシー(YouTube)では、なんと途中で棒が手から離れて飛んでいってしまうんです。客席で受け取った人はびっくりでしたでしょうね。

続きを読む "小澤さんは北京で演奏会" »

2008/01/04

おみくじ

08010308毎年3日は、日比谷通りに大学駅伝を見に行き沿道で応援して、それから日枝神社に行きます。昨日も行ってきました。デジカメで撮って見ましたが、走る選手にピントを合わせるのは、なかなか大変、手に持っているデジカメを選手に合わせて左から右に動かしながらシャッターを押してみました。でもちょうど信号が変わって車が走り出し、画像の真ん中に車が写ってたり・・・。今年は夫のワンセグ携帯で、通り過ぎた後の選手達がゴールを目指すのを見たりしつつ、最後の選手が芝公園を越えていくのを見送りました。

その後、日枝神社へ。お参りをしてから、ねずみの置物や守護矢を買いました。日枝神社には守護矢と破魔矢の両方があるのですけれど、どう違うんでしょう?

続きを読む "おみくじ" »

2008/01/03

プリン入りのどら焼き

08010202ゆふいん創作菓子 「ぷりんどら」だそうです。昨日、東名高速の港北SAで偶然見つけて買ってみました。本当にどら焼きにプリンが挟んでありました。びっくり。甘い中にもカラメルソースの苦みがちょっとあったりして、まさしくプリン!
08010205ネットで調べてみたら、花麹菊屋というお菓子屋さんで販売していました。食感もふわっと柔らかで、また機会があったら食べたいです。

行きの東名高速はそれほど混雑もなく、港北と足柄サービスエリアでちょっと休憩。どこにも犬連れの人がたくさん。最近ではドッグランのあるところも。サービスエリアは本当に便利になって、いろんな物が売ってるし、トイレもきれいだし、休憩するのも楽しいです。

08010220これは富士山に向かう途中の西臼塚駐車場からの眺め。いつも午後は頂上に雲が帽子のようにかかっているのですが、昨日はすっきり。上空の風が強かったのかな?帽子のような雲は、傘雲というらしいです。

夫の実家を7時過ぎに出た時は、東名の横浜町田まで30キロの渋滞。途中から予定通り箱根に抜けて、天山温泉へ。

続きを読む "プリン入りのどら焼き" »

2008/01/02

夕焼けの富士山

夕焼けの富士山
浅間神社から見えた夕陽をあびはじめた富士山。
今日はよく晴れてすっきりと美しい富士山を見ることができました。初夢が富士山だといいなぁ!(携帯電話よりアップ)

2008/01/01

2008年です。

2008今朝は良い天気で、清々しいです!寒いけれど窓をあけて新年の空気を部屋に送り込みましょう。

シャンパンにイチゴを入れてみました。でもイチゴがすごく大きかったので、実は半分に切ってます。プリティウーマンのワンシーンでしたが、暮れに見た芝居「ア・ラ・カルト」でそれを真似ての大笑いのシーンがあったので・・・。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

フォト