« 竹炭入りのエクレア | トップページ | ツィメルマン 大賀ホール演奏会の延期 »

2007/11/29

新日本フィル 定期演奏会

11月28日(水) 於:サントリーホール

ベートーヴェン作曲 ミサ・ソレムニス ニ長調op.123

指揮 : クリスティアン・アルミンク
ソプラノ : ルート・ツィーザク→エリン・ウォール
アルト : 池田香織
テノール : マティアス・サカリアセン
バス : 福島明也
合唱 : 栗友会合唱団

ちょうど休暇の最後の一日だったので、ちょっと早めに行って、指揮者のアルミンクさんのプレ・トークを聞くことが出来ました。ベートーヴェンは、キリスト教そのものではなく、教会に対して疑問を持っていたのではとの事。実際に音楽のフレーズを録音で聞かせてくれて、解説してくれました。通訳の方があまりにもどんどん「文語っぽく」しゃべるので、もっとゆっくりしゃべってくれるといいのになぁ・・・と思いながら聞きました。

休憩なしで80分、もう少し長かったかな。ソプラノは急病により変更あり。なんというか、この時期にこの曲を聴いて、一年締めくくった感じがしてます。12月はクラシックの音楽会の予定もないし。

アルミンクさんは、終始、歌って指揮をしてました。子供の頃から身近に「ミサ」がある欧米の人達のなじみ方と、我々日本人の「ミサ」に対する感覚は違うんだろうなぁ、と思いながら聞きました。というのも、アルミンクさんが歌いながら指揮をしている程には、合唱がついて行ってないような感じがしたからです。でも指揮者の「歌」はオーケストラも歌っていたと思います。
第4曲のソロ・ヴァイオリン、新日本フィルのコンマスの崔さんの響きがとても美しい「歌」でした。終わった後も、アルミンクさんが、しきりに他のソリストと一緒に並ばせようとしてましたけど、本当に素敵なヴァイオリンでした。

さて、新日本フィルのサントリーのシリーズは12月も1月もないので、ちょっと寂しい。その間、オケを探そうかなぁ。

07112841
この画像はサントリーホール向かって左側のイルミネーション。まだセッティング中でした。
07112836
ヘルメットをかぶった人が後ろにいます。みんなにカシャカシャと撮られて、気が散って作業しづらかったかも・・・。
07112845
こちらは、ホール前の足下に照らし出されていました。 去年はクリスマスツリーが真ん中にセットされていたのですが、今年はこれからなのかな?

« 竹炭入りのエクレア | トップページ | ツィメルマン 大賀ホール演奏会の延期 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/17227052

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本フィル 定期演奏会:

« 竹炭入りのエクレア | トップページ | ツィメルマン 大賀ホール演奏会の延期 »

フォト