« 歯医者さん | トップページ | ラッキークローバー »

2007/11/15

クリスチャン・ツィメルマン&ギドン・クレーメル(1)

11月15日 サントリーホール
ギドン・クレーメル / ヴァイオリン 
クリスチャン・ツィメルマン(ツィマーマン) / ピアノ・・・持参
♪ブラームス
 ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 op.100
 ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 op.78 「雨の歌」
 ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調 op.108
【アンコール】
  ニーノ・ロータ:映画音楽「ラ・ドルチェ・ヴィタ(甘い生活)」
  モーツァルト :ヴァイオリン・ソナタ第39番 第1楽章、第2楽章

今夜聞いてみて、初めてジャパンアーツのHPに出ていたニューヨークでの評の意味する所が分かりました。
さながら、相手の家で練習しているように、ただそこに奏でられる音を聞きながら、ゆっくりと確かめながら、編んでいくように演奏している二人は、とても大ホールにいるような気負いは、欠片もないのです。

どちらかと言うと、休憩前までの2番と1番は、ホールを埋めている観客の方が緊張しているような空気がありました。あんまり優しくて柔らかい演奏なので、一音だって聞き逃したくないような、息をひそめて耳をそばだてるように、そして何かを期待しつつ、聞いていたように思います。だから正直な所、ちょっとした物足りなさも感じちゃいました。

休憩後の第3番は、クレーメルさんの強いヴァイオリンに反応するように、ツィメルマン様もぐぃ~んと背中に力がみなぎってくるのが見えるようでした。というのも、今夜の席は背中から拝む座席でしたので。

ツィメ様が時々、弾いている時に左手をぐるぅっと回すようにするのを見たいなぁと思っていたのに、譜めくりの方の頭で見えん・・・。アンコールでは見れましたけどね。日本人ではなかった譜めくり君は、ツァーに全部ついて回るのかな?ツィメ様のピアノをあんなに間近で見られるなんて、すごい勉強になるでしょうね。羨ましい・・・。それにしても、ほんの少し足を引きずっているようで、いつものようにスタスタとは歩いていませんでした。

夢のような一夜はまばたきとともに終わり・・・という位、甘い時間はなんと短い事か・・・生活するにはいたりません。アンコールのタイトルがわからず、帰りのホールエントランスに張り出された題名を見て、ためいき!「ら・どるちぇ・う゛ぃた・・・あま~いせ・い・か・つ」と平仮名気分に浸りました。演奏もどきどっき~ん!!なロマンティック・・・。

モーツァルトは、譜面が紙一枚なので、弾き始めたらパラリとめくれてしまうので、途中でばしっと叩いていましたね。思わず会場もみんな笑ってました。この曲を聞くのは初めてなんですが、それぞれがちょっと即興的に弾いてるような所があったのですが、オリジナルもそうなのかな?このパートは僕はこんな風に弾いちゃうぞぉ、なんて掛け合いしているみたいで、すごく楽しそうでした。お互いの「すごさ」が分かりすぎてるから、どんな音でも呼応できちゃうんだろうなぁ・・・。ある意味二人の世界だったのかも。キラキラした「ツィメ様のモーツァルト」でした。

ツィメルマン様の事ばかりに目と耳が引っ張られておりましたが、クレーメルさんがあぁいう音を出す人だとは、思いもよりませんでした。なんていうのかなぁ、柔らかいのだけれど、遠くに響いていくような音というのかなぁ。彼は、パガニーニをギャンギャン、キンキン弾く人、ものすごいテクニックの人、という印象だったのですが、音楽はとても深くて大きくて。フランクが楽しみでなりません。横浜はまだチケットあるみたいだし、行きたくなっちゃったなぁ・・・。

今夜は、休憩時間に青猫さんにお目にかかれて嬉しかったです。素敵で知的な方でした。またお話したいです。

今夜の美しい空間をキラキラした音とともに、ガラスの瓶にいれておきたいような気持ちです。

« 歯医者さん | トップページ | ラッキークローバー »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

素敵な一夜を過ごされたんですね~♪
お御足はやはりお悪いのでしょうか? 心配です。

ツィメルマンもクレーメルも大好きな演奏家、そしてブラームスのヴァイオリンソナタはこれまた大好きな曲。
しかし、この二人が共演してこの曲を演奏するとどうなるのか、ちょっと想像がつきません。
ああ、やっぱり11月に帰国すればよかった!
トラよりツィメ様やん~!
思いっきり歯軋りしています。

アンコール曲もステキですね。
ツィメ様のモーツァルトは昔のソナタ集が、ご本人は置きに召さないようですが、私は大好きなんです♪
あの二人の「ドルチェ・ヴィータ」なんて、想像しただけでトロトロにとろけます~♪♪

今日は♪

もうほ~んとに「あっ!!」ちゅーまに終わってしまいましたね。いつものリサイタルより、ずっと短く感じました。クレーメルさんの音、深くて良かったですよね。かなり遠くの方で聴いたので、明日の西宮でもっと近い音を聴くのを楽しみにしています。あ~フランクが楽しみで楽しみで!ドルチェ・ヴィータもやって欲しいですぅ!(名古屋は無かったんです。)
それにしてもモーツァルトの楽譜さっさと厚紙でも張り付けりゃいいのにねぇ、と思うのは私だけでしょうか(笑)。日本公演終了まであのままで行くのかな。

>即興的に
あれは、殆どか、全く練習では合わせて無い様に思いました。ツィメ様も名古屋で始めて楽譜みたっぽい演奏でしたよ~。でも初見であのスピードで弾けるなんてやっぱり凄い!(初見て決め付けたらダメですけど)

ところで、Melodyさんのブログをお気に入りにリンクさせて頂いても宜しいですか?調査隊の隊員にはこちらの方で勝手に登録させて頂いてますのであしからず(笑)。

♪バラードさん
そうですよ、帰国するべきでしたよぉ。もう、トロトロでドロドロに溶けちゃいますよ。
今さらですけど、行ける場所の公演全部買えば良かったという気持ちです。お財布空っぽになっても。(笑)
とにかく、全く想像できなかった演奏でした。
あぁいう寄り添うような、優しいというか、言葉が見つからないけれど、ブラームスが聴いてたら、ほほえむような演奏だと思います。

♪petit violaさん、こんばんは!
本当にあっという間でしたよね。もっと弾いてぇ!って思いました。終わらないで、終わらないで、って思いながら聴いていました。
アンコールは様子見ながら変えたりするのでしょうか?
明日は西宮なんですね。どんなフランクを聴かせてくれるんでしょうね。
ものすごく楽しみです。
リンクの件、こちらこそよろしくお願いします。
調査隊!頑張らなくちゃね。(^_^)v

先日はお世話になりました。
えてして「綺麗」「カッコいい」「素敵」という話題に終始しがちなのですが(^_^;)、またお話させてくださいませ。

サントリーは、気の置けない友人宅でのサロン・コンサートを聴いてるかのような気分でもありました。それか、お互いの家での本気入ったリハって感じかしら。。。
ツィメルマン、かなり一生懸命楽譜を目で追いかけてて、全然暗譜してないのね、とか色々考えてしまいました(^_^;)。

♪青猫さん だって、本当に綺麗ですよ。本当に美しいですよ。あのキラキラした音をまとって優しい顔でそこにいるだけで、もう全身音楽があふれ出てるような、そんなお姿ですよね。
軽く合わせ始めて、だんだん熱がこもってくるような演奏ですよね。
行ける場所の公演は無理しても全部買っておけば良かったなぁ・・・なんて今さらながら思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/17085801

この記事へのトラックバック一覧です: クリスチャン・ツィメルマン&ギドン・クレーメル(1):

» ギドン・クレーメル&クリスティアン・ツィメルマン 2007年日本公演 11月14日(水) 愛知県芸術劇場コンサートホール [プティっとした、のーと]
ギドン・クレーメル&クリスティアン・ツィメルマン 2007年日本公演  公演日:11月14日(水)  会場:愛知県芸術劇場コンサートホール 開演:6時45分 ヴァイオリン:ギドン・クレーメル ピアノ:クリスティアン・ツィメルマン 演奏曲目 ブラームス:ヴァイオリ...... [続きを読む]

» クレーメル&ツィメルマン デュオ・コンサート 2007年 in サントリーホール [英語めぐり]
2007年11月15日(木)19:00開演 サントリーホール <プログラム> ブ [続きを読む]

« 歯医者さん | トップページ | ラッキークローバー »

フォト