« 世界最速のインディアン(DVD) | トップページ | 再びミューザ川崎 »

2007/08/08

芋焼酎 カンゴシナ

不二才や角玉、晴耕雨読でおなじみの佐多宗二商店の芋焼酎カンゴシナです。ラベルは「CANGOXINA」不二才の初留取り44度だそうです。CANGOXINAとは、ヨーロッパで16世紀に描かれた地図に記載されている、黄金伝説の国ジパングの入り口にある主要な街、「鹿児島」のことだそうです。濃いです。濃いけどスッキリ。ボトルがちょっと面白くて、注ぎ口が真ん中ではありません。たしか「刀」(芋焼酎)と同じだったような?05120122
05120124

« 世界最速のインディアン(DVD) | トップページ | 再びミューザ川崎 »

焼酎」カテゴリの記事

コメント

またまた芋焼酎知識仕入れo(^-^)o

名前といい瓶といい洋酒みたいやね
焼酎は漢字が素直に読めないのが多くて
店でみかけてもフリガナなかったら注文しにくいのがあるけど(;^_^A
これなら大丈夫・・
ん、、“X”が。。(^^;

♪さっかんさん、こんばんは!
たしかに“X”って読めないかも・・・。その上、44度と高い度数なので、うっかり注文すると、ず~んと酔いがまわるかも!家で水割りしていると、結局どれも薄くなるんですけど。(笑)

おぉ!!ほんとだ!!!
注ぎ口がずれてる^m^

ちょっとおしゃれな焼酎ですねヽ(^。^)ノ

♪コリパンさん、こんばんは!
このボトル面白いですよね。使い道がある訳でもないんですが、なんとなく取っておきたくなる瓶です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/16053282

この記事へのトラックバック一覧です: 芋焼酎 カンゴシナ:

« 世界最速のインディアン(DVD) | トップページ | 再びミューザ川崎 »

フォト