« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/31

芋焼酎 摩無志

061231i12古澤醸造の「摩無志」です。ラベルがいいですよね。後ろには、「己をみがいて無となり うまい焼酎を造る志のため 日々精進する 」と書かれています。「無我の境地」という事でしょうか・・・ってそれじゃ、テニプリの技のようだわ。HPを見に行ったら、商品の所にはなかったけれど、焼酎が出来るまでというコーナーの一番下に、このラベルを貼る作業がアップされてました。
ラベルからは、ど~んと重くて落ち着いた味を想像していたのですが、案外スッキリしていてサラッとした感じです。

2007/08/30

チュニジア料理は?

ウォーキング中に見つけたチュニジア料理のお店に行ってみました。チュニジアってどこ?チュニジア料理って何?という状態だったのですが、「クスクス美味しいですよ」なんて人から聞いたりして、とりあえず行ってみようという事になったわけです。15人も入ればいっぱいになるような小さなお店に入ってみると、チュニジアの曲が迎えてくれました。たぶん、チュニジアの曲でしょう・・・。

チュニジアは、地中海に面していて、イタリアの向かい側だし、野菜も魚も美味しいのかも・・・ビールよりワインかな?と思いつつメニューを見ると!そうなんですね。イスラム圏ですから、アルコール類はいっさい無いのでした。この時期、一杯のビールは仕事終わって基本なんだけれど、そこはがまん。お風呂あがりの楽しみにして・・・。

メニューに書いてある簡単な説明を頼りに、サラダとマトンのクスクスと、トマト味のチキンと豆の煮込みを頼んでみました。料理の名前は覚えられず・・・。
暑い土地のお料理らしく、香辛料がきいているけれど、意外にサッパリしていて、レモンも入ってるのかな?ちょっと酸味もあって、普通に美味しかったです。ただ、チュニジア料理を食べたことがないので、本当の所は分からないんですけどね・・・。

2007/08/26

ソフトクリーム inサービスエリア

07082401何故か、サービスエリアに入ると、必ずソフトクリームが食べたくなる・・・。

07082422奥四万湖です。湖面は、とてもきれいなエメラルドグリーンに見えました。車でぐるっと回れます。ダムの上の橋も渡れますが、なんと大きな猿がいました。四万は猿や熊が出るそうで、注意を呼びかける看板をいくつか見かけました。07082420遊歩道もあって、湖面からの風を受けながら散歩・・・とは行きません。風がなくてひたすら暑かった・・・。

07082415しゃくなげの滝です。この辺りには、いくつも滝があるそうです。水が流れる音を聞いているだけで、涼しい気持ちになるから不思議です。

070825665部屋のみといういずみやさんに一泊お世話になりました。食事も美味しくて、たくさん出るので食べ過ぎてしまいました。こちらは芋焼酎の品揃えも素晴らしかったです。でも温泉に入りたかったので、お酒はほどほどじゃないとね。初めて食べる山菜もありました。07082440
07082574








裏手は四万川。たえず流れる音が聞こえて、寝付けないかなぁとちょっと不安でしたが、まったく問題なく、たくさん食べて、温泉に何回も入って、熟睡・・・。山間のせいか携帯も通じない場所で、すっかり寛いできました。

帰路は、道の駅に立ち寄って、新鮮なお野菜や苗を格安でたっぷり買い、佐野のアウトレットに足を伸ばして、あれこれ買い物。一泊だったけど楽しかった。

2007/08/25

温泉マークのカプチーノ 四万

四万温泉で…
温泉マークのカプチーノ。四万温泉の柏屋カフェで、昨日の夕方。
なんと、四万温泉ではDocomoのFOMAはまったく繋がりませんでした。携帯が通じないなんて久しくなかったので、ちょっと焦ったけれど、夏休みなんだもん、繋がらない方がいいよね。
それにしても、奥四万湖に上がっていったら猿が橋の欄干を堂々と渡ってきてびっくり。かなり大きい猿でした。少し山にはいると、熊も出るらしい。自然の中の温泉地、たっぷり休んできました。

2007/08/23

小堺クンのおすましでSHOW22「スウィングしなけりゃ意味がナイ」

Osumashi『小堺クンのおすましでSHOW22「スウィングしなけりゃ意味がナイ」』を昨夜見てきました。7時開始で、終了したら10時15分でした・・・3時間15分、昨年の4時間に比べたら短めですが、3時間越えてるんですから、相変わらず出演者の皆様はパワフルです。最後にタップダンスで締めるのですからね。それにしても、大笑い、疲れるほど笑ってきました。会場にいる人達がみんな声を出して大笑い、そこにいる人みんな楽しくて幸せって、すごくいいですよね。

2007/08/20

ペチュニアの八重咲き

07080407_2花びらがフリルのようで、かわいらしい花が咲いています。夏はやっぱりペチュニアですね。でも切り戻ししなかったら、鉢からデロデロと垂れ下がって、なんだか夏ばてした葉と茎状態です・・・。

2007/08/19

イッセー尾形 一人芝居

イッセー尾形さんの一人芝居を初めて見てきました。「LUCKY LUCK SHOW 落狂楽笑」という夏のイベントで、21_21DESIGN SIGHT(六本木ミッドタウン)の中に、横に長い客席が設置されていました。長椅子の上には、スポンジ状のようなビニール製の座布団が敷かれていて、意外にも座り心地が良かったです。

午後3時から、だいたい1時間半くらいだったでしょうか。笑いっぱなし!「政治家」で始まり、「ピザ屋」「停電ホテル」「チェロおばさん」「ヘイ、タクシー!」「ダーザインオサム」という6つの一人芝居を、着替えまでパフォーマンスの延長として見せる演出には、びっくりしましたが、そこがまた面白いですね。舞台の上手に洋服がハンガーで掛けてあり、その前にはカツラなどの小道具や、メイク道具、鏡が置いてあります。次のキャラクターを作り上げていくのを、客席から見ている、ワクワクしながら着替えを見るなんて、楽屋を覗いているようで、ちょっと不思議だけれど、目が離せないなっていう感じでした。
それにしても、6人6様、そうそう、こんな人いるいる!人間って真剣になるほどおかしかったりするのよね。
こんなすごい事やってたんですね。また機会があったら、イッセー尾形さんの一人芝居に行こうと思います。

2007/08/17

ブルーノートで矢野顕子グループ

今夜は、知り合いに誘われてブルーノートでライブ。( ⌒o⌒) 矢野顕子(ピアノ、ヴォーカル)、アンソニー・ジャクソン(ベース)、クリフ・アーモンド(ドラムス)のトリオです。実は、CMで流れていくる歌くらいしか知らなかったのですが、あの独特の世界観は、きっと後にも先にも矢野顕子さんだけでしょう。ベースの人もドラムスの人も、たぶん日本語を理解していないけれど歌詞ではなく、「矢野顕子の音楽」に反応して演奏できるのでは?という感じがしました。うまく言えませんけれど、哀しみを暖かく包もうと歌っているように聞こえました。

2007/08/16

夜も暑い

ここ数日は、夜9時過ぎても暑いです。( iдi ) 通勤電車は、お盆で夏休み中の人も多いから、座れる程じゃないけれど、比較的空いてます。でも会社に着くと汗だくで、しばらくすると冷房の為冷え冷え。膝から下は冷えのせいかだる~い。夜はプールとサウナで汗を流していましたが、いつも通っているスポーツクラブもお休みなので、夫と一緒にウォーキング。駅と家と商店街くらいしか知らない街を、隣の駅まで初めての道を歩いてみれば、意外な所に、イタリア料理の小さなレストランがあったり、つまみとビールのおしゃれな雰囲気のお店があったり、3台の車があるような大きな家があったり・・・。考えてみれば、自分の住んでいる街の回りがどんな所だったのか、ほとんど知らなかったので、夜の散歩はなかなか楽しいです。これでもう少し涼しかったら良いんですけれどね。

2007/08/14

CD50%オフでアックスのショパン

閉店するショップで50%オフ!(*⌒3⌒*) もっと早く気がついていれば・・・いつからセールだったんだろう?でもとりあえず何が残っているかのぞいてみた所、おお!キーシン、宮本文昭、アックス、バーンスタイン、ヨーヨー・マ・・・。ボロドス&小澤征爾さんのチャイコP協1番は、確か買ったはず・・・?と買ったような?まだのような?で、何度か2枚同じCDを買ってしまった事があるので、今回は慎重に。絶対に持っていないものを昨日3枚買って、家で調べて今日また買いに行っちゃって、昨日目に入らなかったものまで含めてまた3枚。でも半額だからかなりお買い得でした。

エマニュエル・アックスを初めて聞いたのは、たしかアイザック・スターンの伴奏者としてだったと思います。アックスって伴奏者や室内楽のイメージが強いので、ショパンのピアノ協奏曲のCDを出していたのは知らなかったです。彼はポーランド人なんですね。ルービンシュタインにも教わった事があるそうです。

さて、このCDはショパンの時代のピアノ1851年ロンドン製エラールで弾いているそうです。オケもオリジナル楽器と記されています。ショパンはプレイエルを好んで弾いていたそうですが、いずれにしても、昔のピアノの響き、室内楽のようなショパンのP協をしっとり聴ける素敵な演奏だと思います。

B0002ZEZO0ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番
アックス(エマニュエル) エイジ・オブ・インライトゥンメント管弦楽団 マッケラス(サー・チャールズ)
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-11-17

by G-Tools

2007/08/13

ラーメン揚州商人

あんまり暑いから、酸辛湯麺が食べたくなって、昨夜よく行く揚州商人の恵比寿店に行ったら・・・なんと今週末で閉店だそうです。あらまぁ。残念。でも知らないうちにいっぱい支店が増えてました。酸辛湯麺を食べに行ったけれど、夏限定のトマトの刀切あえ麺に変更・・・トマトの味がしっかりして、本当にパスタみたいでしたけど、熱くもなく冷たくもなく、微妙かなぁ。八角とトマトの味はなかなか美味しかったので、麺以外にも合うんじゃないかとは思います。

2007/08/12

東京湾大華火祭

昨夜、首都高から見ました。キレイでした。(*´▽`*)第20回になるそうです。さすがに見物渋滞で、なかなか進まないので、ゆっくり走りながら窓を開けて撮ってみましたが、ぶれてますね。
0708112507081119
0708113707081149


2007/08/10

再びミューザ川崎

昨夜、ミューザ川崎に行ってきました。( ̄_ ̄|||) 8時開始だったので、食事してから行けて、しかも2000円。1曲だけではありますが、こういうのっていいですね。
フェスタサマーミューザKAWASAKI 2007
♪演奏:日本フィルハーモニー交響楽団
♪指揮:小林研一郎
♪曲目:チャイコフスキー 交響曲第5番ホ短調
  アンコール:ダニーボーイ(弦楽器のみ)
コンサートに行き始めたのは、「オーケストラがやって来た!」という番組で知った新日本フィルの定期からという事もあり、日本フィルもコバケンこと小林研一郎さんも聞く機会がなかったので、初でした。
席はLAブロックで、なんだか斜めな感じで見える景色が落ち着かないのですが、音楽が始まればその辺りの事より別の事が気になって・・・。あの指揮でよく合うなぁ・・・あ、合ってないか・・・な所もありましたけど、そこはオケと指揮者の付き合いも長いので、大丈夫なのでしょう。やたらとティンパニーの音がきつく聞こえたのは、席のせいだけでもなさそうですが、ヴァイオリンが聞こえにくかったのは、席のせいかしら・・・。

チャイコフスキーは、どの曲でも、だんだんと足早になっていくような所があり、気持ちが急いてくる、しかし少し立ち止まろうと言い聞かせ、深呼吸し、また歩き出し、気がつくと小走りになり、そのうちしっかりと腕を振り力強く足を踏みしめながら行こう・・・と意識する、走る、とどまる、走りたい、と何回も葛藤を繰り返し、ある時点で蓋がはじけ、どわ~っと感情があふれ出して、なんだか巻き込まれちゃう・・・というような曲が多いなぁと勝手に思っているのですが、昨夜の演奏は、走り出しては、躓き、転びそうになっては立て直し、行くと思わせてはまた止まり・・・と、どうにも流れてこなくて、時々突出して金管とか木管が聞こえてくるし、ティンパニーは固いし、残念ながら大好きなチャイコフスキーではありませんでした。なんでかなぁ、テンポもずいぶんいじってたようだし、でもどうやらチャイコ5番は十八番らしいので、あれがコバケンさんの今のチャイコなんでしょうね。

2007/08/08

芋焼酎 カンゴシナ

不二才や角玉、晴耕雨読でおなじみの佐多宗二商店の芋焼酎カンゴシナです。ラベルは「CANGOXINA」不二才の初留取り44度だそうです。CANGOXINAとは、ヨーロッパで16世紀に描かれた地図に記載されている、黄金伝説の国ジパングの入り口にある主要な街、「鹿児島」のことだそうです。濃いです。濃いけどスッキリ。ボトルがちょっと面白くて、注ぎ口が真ん中ではありません。たしか「刀」(芋焼酎)と同じだったような?05120122
05120124

2007/08/07

世界最速のインディアン(DVD)

アンソニー・ホプキンスが夢を追い続ける男をさらっと熱演しています。(^o^) スピードを出し切りたいと、インディアンという自ら改造したバイクを持って、船でニュージーランドからアメリカに渡り、ソルトレイクシティで行われる大会に出るという実話だそうですが、「夢に向かって進む」だけで、知らず知らずにいろんな人が力を貸してくれるんですね。これがまた誰も押しつけがましくなくて、たぶん、なんとなく助けてあげたくなるんでしょうね。みんなベタベタしていなくて、それでいて、妙にワクワク、気がつけば見ている自分も応援していたりして。良い映画でした。

世界最速のインディアン スタンダード・エディション世界最速のインディアン スタンダード・エディション
アンソニー・ホプキンス クリス・ローファード アーロン・マーフィー

by G-Tools

2007/08/05

ナイトミュージアム(DVD)

気楽に見られるかなぁ・・・と思って借りてきました。(ρ_;) 先が読めるというか、まぁそういう意味では気楽に見ました。CGの技術もどんどん進歩してるんだなぁ・・・。

ピアノの森のブログパーツは、ぼちぼち半分くらいの曲が紹介できたかな?1つの顔文字に対して、3曲設定があります。ちなみに今は、ショパンのノクターン19番、20番、リストのメフィストワルツ。アニメの部分にごくたまに、阿字野荘介が登場します。あらためて聞くとノクターン19番いいなぁ・・・。

2007/08/04

向日葵

07072907鉢植えに水を撒くだけの10分程で、汗だく・・・。(@皿@) くらくらしちゃうような陽射しです。日差しとも書くけど、今日は陽射し・・・の方があってるかも。向日葵の種をもらったので、かなり前に蒔きましたが、ちょっと芽がでた頃に、残念ながら強風と雨で駄目になり、結局買ってきました。大きくなるかな。アイスクリームも美味しく感じる、ようやく夏だなぁ!

2007/08/02

小澤さん、ウィーン・フィル、上海?

偶然ネットで見つけたニュースにびっくり(;_;) 9月17日に上海で小澤征爾さん指揮、ウィーン・フィルで「フィガロの結婚」を演奏するそうですが、9月9日まで松本でサイトウキネンでオペラとオーケストラを指揮した後、上海なんて、まったく休みなしに等しいじゃないですか・・・。でもウィーン・フィルのHPにはその情報は見つけられなかったけれど。もう少しゆる~いスケジュールにはならないのかなぁ。
そういえば、小澤さんの指揮で、ウィーン・フィルのアルプス交響曲を聴きに、浜松に行ったのは何年前だろう?あの時、東京ではチケット取れなかったんだっけ。

今日は2週間ぶりにモーニングで「ピアノの森」。いよいよカイの演奏かと思いきや、レフ・シマノフスキ君の素晴らしい演奏が続いていました。また2週間待たなくちゃ・・・どきどき。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

フォト