« 探し物って・・・。 | トップページ | プリン・ジャム ビター味 »

2007/06/12

『トランスアメリカ』

トランスアメリカ / TRANSAMERICA』この映画のコピーは、【スカートの下に何があるかよりももっとだいじなこと】です。男性として生まれたけれど、ずっと違和感を持って暮らしていたブリーは、ようやく肉体的に女性になる手術を受ける事が決まるのですが、その直前にNY警察からトビーという少年の父親を捜す電話を受け・・・。なんとトビーは実の息子、カウンセラーからこの問題を避けるのは良くないと言われて、教会の人間と偽り息子を引き取りに。実の父であることを隠すブリーと、その日暮らしの若者トビー、二人のLAまでの奇妙な旅が始まります。主役のフェリシティ・ハフマンがとっても良いんです。子供の心配をしながらも、自分の新しい人生を歩もうとしているブリーの、辛かった今までの道のりが少しずつ分かってくるのだけれど、切なくて暖かくて、なんとも優しい気持ちになる映画でした。自分らしさって人それぞれなのよねぇ。さて、余談ですが、トビー役の日本語吹き替えは「ロードオブザリング」でフロドの声を担当した声優さんだとか。トビーが、車の中で「ロードオブザリング」を語るシーンがあるので、ニヤリと楽しめるらしいです。

B000FDK9TYトランスアメリカ
フェリシティ・ハフマン ダンカン・タッカー ケヴィン・ゼガーズ
松竹 2007-01-27

by G-Tools

« 探し物って・・・。 | トップページ | プリン・ジャム ビター味 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/15411804

この記事へのトラックバック一覧です: 『トランスアメリカ』:

« 探し物って・・・。 | トップページ | プリン・ジャム ビター味 »

フォト