« ミニ薔薇が咲いた!その2 | トップページ | 『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』 »

2007/05/14

恩田陸『ライオンハート』

ライオンハート
恩田 陸
4101234159

何度生まれ変わっても、同じ人を求める・・・なんとも切なく、そして暖かい話でした。短編小説が集まって長編小説になったような連作なのですが、そのどれもが、エリザベスとエドワードの話で、二人はとにかく「出会う」事だけを目的に、運命の糸にひっぱられていくのですが、この二人はどうやって出会えるのだろうかと、ハラハラする。そしてすぐに来る別れの時に哀しくなり、次にまた出会えるその瞬間をドキドキしながら待つ。すっかり恩田ワールドにはまってしまいました。不思議な話だけれど、どこか懐かしいような優しさ溢れる物語でした。

« ミニ薔薇が咲いた!その2 | トップページ | 『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/15074407

この記事へのトラックバック一覧です: 恩田陸『ライオンハート』:

« ミニ薔薇が咲いた!その2 | トップページ | 『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』 »

フォト