« やわらか戦車 | トップページ | 小山実稚恵&宮本文昭 »

2007/02/03

アラビアの夜の種族 上・中・下

古川 日出男著、「アラビアの夜の種族」文庫本全3巻、ようやく読み終わりました。長かったけど、読み終えると長さを感じない物語です。アラビアのファンタジー、語り手と、その物語を聞いて書くことを許された人との間の緊迫感とか、期待感とか、読み進めなければいられないようなワクワク感がありました。語られる物語は「災いの書」と呼ばれるもので、それを書きとめる間に、ナポレオンがエジプトに侵攻してきてカイロの街ももはや・・・という現実の問題とが、幾重にも同時に進行していくので、思わず気持ちがせいてしまう・・・ような構成になってます。様々な人が、運命の流れにのまれていく様は、人は生まれながらに決められてる「さだめ」があるのかも・・・なんて事を考えてしまいました。指輪物語で9巻読んだのも時間がかかったけれど、これも1ヶ月くらいかかっちゃいました。

アラビアの夜の種族〈1〉アラビアの夜の種族〈1〉
古川 日出男

by G-Tools

« やわらか戦車 | トップページ | 小山実稚恵&宮本文昭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私も古川日出男さんの本を読もうと
図書館に行ったら今日は休館日でした。

小澤征良さんがすすめていた「ベルカ、吠えないのか?」です。きっと私の場合、読み終わるのに1ヶ月以上かかりそうです(*^_^*)

azuさん、こんばんは、初めまして。
月曜日って休館日の所多いですよね。「ベルカ、吠えないのか?」はなかなか面白そうですね。古川さんの著書は、何か他にも読んでみたいと思っていたので、教えてくださってありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/13777703

この記事へのトラックバック一覧です: アラビアの夜の種族 上・中・下:

« やわらか戦車 | トップページ | 小山実稚恵&宮本文昭 »

フォト