« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/28

寒いけど春眠

2月に入って、急に冬らしく寒い日が増えてきましたが、昼間は暖かくなることも多いし、身体の方は冬仕様でいこうか、春仕様に変わろうか、すっかり季節に翻弄されている感じです。3月もそこまで来て、まさしく「春眠暁を覚えず」で眠いのに、気候は冬型だったりするので、なんとなく体調がすぐれなくて、だるいような気がしてしまいます。まぁ、多少怠けたい気持ちもあるから、余計に停滞感が漂っちゃうわけですが。その上、花粉症の為の薬も飲み始めたから、それもまた眠い原因なのかも。暖冬がそのまま春になるのか、どっかーんと寒さが来るのか?地球がおかしくなると、人間の身体も反応しちゃいますよね。それにしても、今日で2月も終わりかぁ。年があけてもう2ヶ月たっちゃったわ。

2007/02/25

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

今年も5月のGWにラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが東京フォーラムで開催されます。今年のテーマは、「民族のハーモニー」ということで、作曲家も多彩です。昨年までのベートーヴェンや、モーツァルトの方が、聞きたい曲が絞れたかも。少し前に発表されたプログラムをながめては、あれこれと印を付けたけれど、のだめの影響か?ラフマニノフのP協2番や、ガーシュインは何回かあるみたいです。それにしても、あぁなつかしい。もう30年近く前だったか、ハンガリーの三羽ガラスと言われたピアニスト、3人とも美しい青年でしたが、そのうちの一人であるデジュー・ラーンキも参加アーティストに名前があるではないですか!今はどんな演奏をするのかなぁ?と、バラードさんブログを読んでから気になって、CDやDVDを探していたのですが、生演奏が聴けるのが一番!5月が楽しみだわ。

2007/02/24

流れ星

記憶にある「流れ星」は、いつのことだったかしら。もう15年位前だろうか?タングルウッドという所、夏の夜空だった。本当に早くて、あぁ流れ星、きれいと思う時には、すぅっと消えてしまっていたっけ。とても願い事なんて言える時間はなかったと思うけれど。このテンプレート、右上のあたりにたまに流れ星が現れます。せめてこの星に、今日お誕生日のあの人にあたたかな祝福あれと、祈りましょう。

2007/02/23

ほっと一息、お茶の時間

先日、京はやしやで、日本茶のフレーバーティーを飲みました。「煎茶りんごとバラ」だったのですが、お茶の苦みとリンゴのさわやかな香りは、考えるとミスマッチのようですが、飲んでみるとなんともさわやかで、その上バラの柔らかい香りもして、日本茶もこういう楽しみ方があるんだなぁとびっくりしました。考えてみると、朝、珈琲を飲んで、会社についてもまたコーヒーを飲んで・・・。ランチの後にコーヒー、夕方コーヒーと、コーヒーばかりの毎日。ゆっくりとお茶を飲む、ということをしてなかったなぁ。コーヒーもお茶も入れたては、香りもよくて、ホッとするけれど、オフィスで飲むコーヒーはどうしても時間がたっているから、ちょっと苦かったりして、味も香りもねぇ・・・。仕事が忙しい時ほど、ゆっくりと気持ちを落ちつけるためにお茶の時間を持とうかしら。

2007/02/21

プリムラ ジュリアン

07021711買ってきて植え替えた次の日に、何故かすべての花が落ちてしまいましたが、2週間くらいでようやくまた咲きそろいました。プリムラ・ジュリアンは、最近では色が増えて、その上、育てやすいので冬の定番です。

2007/02/18

東京マラソン、お疲れさま!

07021801それにしても、ずっと暖かかったのに、今日はなんて寒い一日だったんでしょう。朝、まだまだ暗いうちに、フルマラソン初の夫が出かけていきました。運良く抽選にあたっての参加です。画像は、午后1時過ぎのゴール付近ですが、まだまだ小雨がぱらついていて、海風もありで寒かったです。とてもこの中から夫は見つけられないなぁ・・・。でもきっとまだどこかを走っているかも、と思いゴール前に移動。07021806ゴールの前は関係者しか入れないので、その手前の観客席に上りましたが、雨で座るどころではなく、みんな立って声援を送っていました。頭にアヒルのぬいぐるみを付けてる人や、ミッキーマウスの耳を揺らして走っている人や、みんなそれぞれ楽しんでるんだなぁ・・・と、寒いのも忘れてしばしゴールに入る人たちを見ていました。こんな事ならなんか目立つ帽子でもかぶってもらえば良かったな・・・なんてその頃一生懸命ゴールを目指している夫の事も知らずに・・・のんきな妻です。公式HPや携帯のサイトで、5キロごとのラップタイムや通過時間が分かる事になっていたのですが、アクセスが集中しているせいか、まるきり表示されず、夫がどこにいるのか分からないし、まさか携帯電話に連絡するわけにもいかないので、とりあえず、待ち合わせ場所へ移動。
07021809
ビッグサイトの中、青い風船の下に平仮名とアルファベットが書いてあり、待ち合わせの目印になってました。ここでようやくサイトに繋がり、夫は35キロ過ぎた事は分かったのだけれど、あれあれ?その後はどこ行っちゃったのかなぁ。会場の中に到着ランナーの最新情報が張り出されるのですが、何しろA4に小さな字でプリントアウトされているので、みんながそこに集まってとても読めませんでした。なんとここで、お友達から電話があり、無事ゴールしたとのこと!早速、こちらの場所をお知らせして会うことができました!握手した彼女の手がとても冷たくなっていて、いかに寒い雨の中での大変なレースだったのか、それでも走りきったあとの清々しさがあって、感動しちゃいました。彼女を待ってる間に夫からもゴールしたと連絡があり、同じスポーツクラブの人達にも会えて、ほっとして、会場を後にしました。沿道で応援してくださった方達は、声をかけてくださるだけではなく、おにぎりをくださったりと、とても励まされたそうです。本当に皆様の暖かい気持ちに感謝です、ありがとうございました。

2007/02/17

東京マラソン

明日は、東京マラソンが開催されます。新宿の都庁前をスタートして、飯田橋から皇居に向かう時にたぶん斑鳩(ラーメン屋さん)の前を通るんじゃないかなぁ?それはどうでもいいか。(笑)そして、竹橋からぐるっと皇居を半周して祝田橋を左に曲がり、日比谷を右に曲がって、芝公園を通り(このあたりで東京タワーが見えるのかな)品川駅前でUターン。日比谷に戻って、銀座三越前から日本橋を通りひたすら浅草へ。そこでまたUターンして、銀座に戻り、築地、入船、豊洲・・・そしてゴールは東京ビッグサイト。東京はあいにくの雨模様で、ここ数日に比べてかなり寒そうだし、北風も吹くとか。それにしても、東京の街をあげてのビッグイベントって今まで経験ないから、いったいどんな感じになるのかなぁ?どこで応援しようかしら。みんながんばれ~!

2007/02/16

DoCoMoだけ・・・。

07020305
かなり大きいです・・・。
椅子にどっかり座ってます・・・。
夫はこんなものばかり持って帰ってきます・・・。
そういえば、ドコモダケのブログツールができたのだけど、どうしようかなぁ。

2007/02/14

芋焼酎 もぐら

06021939
芋焼酎もぐら、こちらも「さつま無双」です。「五臓六腑にしみわたる」と栓に貼ってありますが、ほんとにそんな感じです。お湯割りでも水割りでもど~んとしていて美味しいです。これも、「竈」「坐忘」と同じ和紙をぺたっと貼ったラベルです。

2007/02/13

チョコレート

毎年、お菓子会社の甘い誘いにのって、とりあえず買ってしまいます。自分の食べたいものだったりするわけですが、今年は箱にト音記号が付いていたので、モロゾフのラ ブランシュール(左)とちょっと食べてみたかったレダラッハ(右)。自分が食べたいのもあって、選ぶのが楽しいのだけれど、売り場に行ってびっくり。フランスやらベルギー、NY、スイスと生産地別になっていて、異常に高い・・・!告白するにはこういう高いお値段じゃないと駄目なのでしょうか。大変だなぁ。でも人を押しのけるように列に入っていって、鋭い眼光でチョコレート選んで買ってるあなた・・・。それじゃぁ幸せが近づいてきませんがな・・・。
07021013_107021006_2

2007/02/12

アイスクリームまでL-92

07020705さて、そろそろいや~なスギ花粉の飛ぶ季節となりました。コンビニで見つけたL-92入りのアイスクリーム、ヨーグルト味でさっぱりしていて美味しいです。乳酸菌もアレルギーに良いらしいと聞いたことがありますが、毎朝ヨーグルトも食べているけれど、効果の程はどうなんでしょう。ピタっと治らないかなぁ。

2007/02/11

日光いろいろ

07021018昨日は日帰りで、日光に行ってきました。日光の輪王寺と二荒山神社へお参りに。輪王寺には「鬼門除け」のお札があって、昨年のお札をお返ししに行って参りました。輪王寺でお参りしてから二荒山神社に行って、お参りしておみくじやらお守りやら、あれこれ買って・・・。この時期はいつも雪が積もっていたように思いますが、暖冬なんですね。中禅寺湖や上の方には雪があるそうですが、ここらは空気は冷たいけれど、お参りして歩くにはとても良かったです。
画像は、湯波料理!これは恵比寿家のランチ。これに天ぷらとご飯、お吸い物がつきます。湯波のおさしみって美味しいですね。
お土産は湯沢屋で豆乳水ようかんと普通の水ようかんを買いました。甘みがほどよく美味しかった。明治の館のカフェ(下の画像)でコーヒー&ケーキの後、日帰り温泉やしおの湯でのんびりしてきました。あぁ温泉っていいなぁ。ここはお湯がわりとぬるめなので、ゆっくりのんびり入っていられます。来年は泊まりで行こうかな。

2007/02/10

ニッコウケッコウ!

ニッコウケッコウ!
日光駅近くの明治の館、チーズケーキ。ニルバーナです。さっぱりとしていて美味しい。
これから温泉行きます。

2007/02/09

ゴールデンクラッカー

07012305黄色い小さな花がいっぱい咲いている「ゴールデンクラッカー」。キク科の植物だそうです。小さい鉢で買ったので高さは30cmほどですが、うまく育てばもっと大きくなるらしいです。

2007/02/08

新日本フィル定期演奏会

2月7日(水) サントリーホール
新日本フィル定期演奏会 第413回
指揮:フランス・ブリュッヘン
モーツァルト作曲
♪歌劇『フィガロの結婚』K.492 序曲
♪交響曲第39番変ホ長調K.543
♪交響曲第40番ト短調K.550
昨夜はオールモーツァルトのプログラムでした。前回は2005年の2月にシューベルトを聞いたブリュッヘンさんですが、素敵な緑色のカマーバンドでゆっくりと登場。(よ~く見ると靴も濃く深い緑色・・・に見えました)。フィガロと39番は、ブリュッヘンさんは指揮台から離れずに、続けて演奏されました。今回はコントラバスが一番後ろで、第2ヴァイオリンが向かって右側の、通常だとヴィオラかチェロの位置に座っていました。こういう配置もあるんですね。聞き慣れたオケのハーモニーとはちょっと違って、ロマンティックな感じのモーツァルトではないのですが、なんとなく落ち着く演奏でした。特に40番が良かったなぁ。昨夜はちょっと疲れていたのですが、すぅっと穏やかな気持ちになるような演奏でした。なんとびっくりしたのは、アンコール!40番の一楽章をアンコールで演奏してくれたのですが、みんながこの曲をもう一度弾けること、聞けることに心から喜びを感じているような、それはそれは素敵な空間でした。拍手にこたえて、嬉しそうにオーケストラの間をゆっくりと歩いて出てくる姿が忘れられないです。また来日してくれるといいなぁ。

2007/02/06

ゼラニウムのつぼみ

07012301
もうすぐ咲くかしら・・・と毎日楽しみにしているのですが、1週間くらいあまり変化がありません。

2007/02/05

ご先祖さまはイギリス生まれ

タータンチェックが似合います・・・と思います。0702041007020428

2007/02/04

小山実稚恵&宮本文昭

1月30日に、杉並公会堂で、聞いてきました。このシリーズはピアニストの小山実稚恵さんがプロデュースしていて、今回はその第一回目。小山さんはずっと宮本さんと演奏したかったとおっしゃっていました。曲の間にトークが入るのも良いですね。
♪曲 目
J.S バッハ:平均律第1集より第1番 プレリュード・フーガ、半音階的幻想曲とフーガ
ベートーヴェン:オーボエ・ソナタop.17(原曲 ホルン・ソナタ)
シューマン:アダージョとアレグロop.70
リスト:<愛の夢>第3番、<エステ壮の噴水>
バッハ:シチリアーノ
フォーレ:夢のあとに
ドニゼッティ:オーボエ・ソナタ/ほか
<アンコール>
サン・サーンス 「白鳥」
大島ミチル  「風笛」(ドラマあすかのテーマ)
至福の時・・・でした。まさしく。アンコールの白鳥が聞こえてきた時には、身体中の細胞がふるえるような・・・。あぁ、違いますね。たぶん最初からずっと細胞はふるえていたんだと思います。そして一曲一曲とすすむうちに、もうホールがすべて宮本さんのオーボエの音、音楽にすっぽりと包まれて、とても暖かく優しく穏やかに、長い長い1秒が揺れる音とゆっくりすすむ・・・。言葉ってチープだなぁ。とにかく素敵で、幸せな音楽が天上からふってきた夜でした。宮本さんは、「オーボエを極めたいと思っていたけれど、それはとても果てしなく終わりがないと気づいて、それならば違うことにもチャレンジしてみたいと、演奏活動を終えることにした」というような事をおっしゃっていました。宮本さんの音を直接聞けなくなることは、とても残念だけれど、でも宮本さんの音楽にはこれからもふれる機会があるかと思いますので、そちらも楽しみにしたいと思います。感謝。

2007/02/03

アラビアの夜の種族 上・中・下

古川 日出男著、「アラビアの夜の種族」文庫本全3巻、ようやく読み終わりました。長かったけど、読み終えると長さを感じない物語です。アラビアのファンタジー、語り手と、その物語を聞いて書くことを許された人との間の緊迫感とか、期待感とか、読み進めなければいられないようなワクワク感がありました。語られる物語は「災いの書」と呼ばれるもので、それを書きとめる間に、ナポレオンがエジプトに侵攻してきてカイロの街ももはや・・・という現実の問題とが、幾重にも同時に進行していくので、思わず気持ちがせいてしまう・・・ような構成になってます。様々な人が、運命の流れにのまれていく様は、人は生まれながらに決められてる「さだめ」があるのかも・・・なんて事を考えてしまいました。指輪物語で9巻読んだのも時間がかかったけれど、これも1ヶ月くらいかかっちゃいました。

アラビアの夜の種族〈1〉アラビアの夜の種族〈1〉
古川 日出男

by G-Tools

2007/02/02

やわらか戦車

07011402やわらか戦車とやわらかベビー・・・。良くできてるなぁ・・・。作者のブログや、グッズ関連のブログ「やわらか戦車連合軍」を見ると、いっぱいグッズが出ているのが分かります。すごいなぁ・・・こんなに化けるとはね。ビジネスというか産業というか、発見し、発展させる。ということでしょうか。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

フォト