« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/30

便利で不便・・・

061126a13今日は、休みを取って病院に検査結果を聞きに行きました。何も発見されず問題なかったので、気をよくしてそのまま美容院へ行って髪をカット。思えば1ヶ月前、初めて行った美容院でパーマに失敗して、なんともまとまらない髪で暮らしていたのでした。パーマをかけた翌日には、伸ばしてもらいに行ったけれど、一回しっかりかかったものは、そう簡単には取れなくて、ようやく髪も伸びてきたので、カットしたら少し落ち着きました。やれやれ。
せっかく休んでいても、金曜日からうまくすすまない仕事が1件あって、結局午後は何度も携帯電話がなることに・・・。はぁ。話していてもなかなか埒があかないんだけれど、それって今じゃなきゃ駄目なのかなぁ?と思いつつ対応・・・。何のことはない、明日に解決は持ち越し。携帯電話って、便利だし今更なくなったら困るとは思うけれど、連絡つかなかったら諦めて別の手段を考えるっていう事が減ったなぁ。1日を争うような事ってそんなにしょっ中起きる訳じゃないんだから、少しは待ちながら考えて欲しいものです。いつもなら、着メロのラフマニノフの♪パガニーニの主題による狂詩曲がなると嬉しくなるんだけどね。
画像は、秋葉原UDXビルの街路樹。雨で濡れた地面に反射してきれいでした。

2006/11/29

恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイスのバカラのシャンデリアです。日曜日の昼間だったので、ライトが付いていても、夜のようなきらびやかさはないけれど、やっぱりきれいですね。周りには散歩中のワンちゃんがいっぱいいました。
0611260706112614
06112604061126a11
        ランチの間は椅子に座って、その後はクリスマスツリーの飾り付けがされた所で、何枚か撮影したのですが、ちっともカメラの方を見ないので諦めたら、ケリーも情けない顔して「ヤレヤレ」って感じですね。耳の垂れ方も相当ガックリモードです。


2006/11/28

ミル挽き珈琲

061125a57東名高速の鮎沢パーキングエリアで発見したのですが、「世界初 一杯毎に豆を挽く珈琲」という販売機。おもしろいのは、「あなたのためにドリップ中」、なんて珈琲がカップにそそがれるまでの機械の中の生映像が見られる事です。たしかに粉を溶きました、というインスタントコーヒータイプのものよりは、香りもいいし味も美味しいです。ちゃんとフタがついて出てくるので、ドライブ中には便利です。
061125a56061125a60

2006/11/27

テンプレート

テンプレートを変更したら、画像の位置と文字の頭がずれちゃった所がある。友達リンクを新たに作ってみました。こうしてブログは、いじるんだけど、HPの方はさっぱり・・・なんとかしなくちゃだわ。

2006/11/26

日帰り温泉 時之栖

イルミネーションも見たいし、温泉も入りたいなぁ・・・と思い立って、昨日は午後から御殿場の時之栖(ときのすみか)まで行ってきました。東名高速が空いていたので、夕方早くに御殿場に着いたので、とりあえずアウトレットへ。富士山がとてもきれいに見えました。
061125a01061125a13
 ☆  ♪  ☆  ♪   ブラブラ買い物していたら、あっと言う間に暗くなりました。クリスマスツリーの後方には観覧車のイルミネーションも。右の上にあるのは三日月です。
ここ時之栖のイルミネーションは、電飾のトンネルになっていて、まぶしいです。週末の夜ともなると、大勢の人でにぎわっていて、さすがに御殿場高原ビールのビアホールは満席。アジア料理のお店はすぐに入れるとの事で、そちらに行きましたが、ちょっとお高いかな。味もまぁまぁ。
温泉は、「気楽坊」に行きました。ここは一日券の他に、60分という立ち寄り券700円もあるので、それで入浴。気持ちよかったぁ。トルマリン風呂、塩の湯、露天・・・あれこれ入ってすっかり暖まり、すご~くのんびりできました。思い立ったら温泉・・・っていうのもたまにはいいです。
061125a31061125a46

061125a53061125a25

2006/11/24

クリスマスイルミネーション(2)

東京タワー、丸の内の後は、お台場。まずビーナスフォートとTOYOTAの間の中庭。これは廃材を利用したツリーだそうです。近づいてみると、サイズの違う木が何枚も貼り付けられていました。
06112223061122a26061122a30

061122a3206112235



          
               最後は、アクアシティ側にあるクリスマスツリー。ここは7色に変化するらしいので、また別の日に見てみたいと思います。真夜中でしたけど、何人もの人たちが見に来ていました。

2006/11/23

クリスマスイルミネーション(1)

06112205夕べは、それほど寒くなかったので、都内各所のクリスマスイルミネーションを見に深夜のドライブ。
東京タワーの真ん中の窓には、TOKYOと5色のイルミネーションが・・・。いつからだったのかな?行ってみて初めて知りました。タワーの足下にもクリスマスツリーや、ベンチがイルミネーションに彩られています。
06112209
06112212
06112215_1


東京タワーの後は、丸の内の仲通り。赤いイルミネーションが道の両側の木に巻き付けられていて、きれいです。ここは23時に消えるみたいです。ツリーは丸ビルの中のもの。
0611222006112221

2006/11/22

横浜ベイサイドマリーナのクリスマスツリー

06111802
クリスマスツリーの間にあるのは、鯨の尾ひれです。分かるかな?白いクリスマスツリーも素敵。

2006/11/20

その後のトウモロコシ

0611170210月19日にそろそろ収穫しようかと思ってから天気の良い週末にでもと考えているうちに、どんどん寒くなってきたので、そろそろ鉢植えも冬の花に変えなければ・・・。で、これがそのウチの一つのコーンです。かわいい!わずか8cmほどです。
先週から1週間、リフレッシュ休暇中ですが、何しろ取得期限が迫っていたので、とりあえず休みを取って、何するでもなく、区の無料検診を受けたり、母や妹とランチを食べに出かけたり、もう着ない(というより着られなくなった)洋服を整理したり、たまっている雑誌をまとめたり・・・。ひたすらのんびり。本当は本を3冊読む!と宣言しておりましたが、昼間ウチにいると、意外なところの埃が気になったりと、急に主婦モード。普段さぼってるから、掃除もどこから手を付けたら良いのやらぁ。で、ついつい片付け始めたジャンプを読んでしまうのでありました。休みも後一日かぁ。結局、本は10ページくらいしか読んでないわ。でも、仕事のメールは毎日2~3回チェック。貧乏症だなぁ。

2006/11/19

横浜ベイサイドマリーナ

昨日、横浜ベイサイドマリーナのアウトレットに行ってきました。ケリーも一緒に買い物できるお店も多いので、連れていきました。店の前に「welcome」という緑色の犬のステッカーが貼ってある店は中にも入れます。もちろんバッグに入れてるか抱っこしておりますが。
061118a12cc061118a05
061118a04061118a03


♪ついにヘアカットした垂れ耳のケリー。

ちょっと寒かったけれど、お店のデッキ側はワンコも一緒に食事が取れるので、停泊中のヨットを見ながらコーヒーとピザを食べました。ケリーはいつも椅子の上にバスタオルを敷いてその上に座らせます。一緒にテーブルを囲んでる気分で待ってます。先週、ついにカットしたので、まん丸い小さな頭に目と鼻の3点黒マークで、なんだかとぼけた顔になっちゃいました。あぁ・・・。

061118a19

夕方には、出てしまったのですが、夜にはクリスマスツリーの点灯式があったようです。久しぶりに行ったら、ペットの洋服屋さんがなくなってました。残念。SEIKOの時計屋さんは、最近出店したのかな?だいぶお安くなってましたので、ちょっと早いけれど、母の誕生日プレゼントを買いました。期間限定でハロッズも出店していたので、ジャムやハーブティもたくさん買っちゃいました。

2006/11/17

芋焼酎 月の中

060102i31
岩倉酒造の月の中(つきんなか)です。なかなか手に入らないのですが、ラッキーなことに酒屋さんで買うことができました。これは美味しいです。水割りにして飲んでしまうと、なんか薄いかなぁ?というような、少し物足りないような、すっきりとした味に感じますけれど、お湯で割ったら、芋の甘くて独特な良い香りがしました。ロックかストレートの方がもっと美味しいのでしょうけれど、私はそれでは飲めないので、お湯で割って飲んでます。

2006/11/15

新日本フィル定期演奏会

新日本フィル第408回定期演奏会 於:サントリーホール
『メフィストの囁き』
♪ヴェルディ 歌劇『運命の力』序曲
♪シューマン チェロ協奏曲イ短調op.129
♪リスト メフィスト・ワルツ第1番
♪バルトーク 4つの管弦楽曲op.12
 指揮:ジョルト・ナジ
 チェロ:スティーヴン・イッサーリス 
 ♪アンコール カタロニア民謡より 鳥の歌
ジョルト・ナジさんの指揮は、初めて聞きましたが、居住まいの正しいしゃきっとした優しい先生という感じ・・・うまく言えませんけれど。今回のプログラムはいずれもメフィストに関連しているのですが、人間の業、怖いところ危ないところに、ついつい近づいてしまう、誘惑にはなかなか勝てないという心の隙に忍び込んでくるメフィストは、芸術の世界では、かえって活躍しちゃうのかもしれません。チェロのスティーヴン・イッサーリスさんも初めて聞きましたが、なんと伸びやかな音を出す人なんでしょう。プログラムによると1730年製のフォイアマン・ストラディヴァリウスだそうです。すぅっと伸びていく音の先に美しいものがあるような演奏でしたが、そこはシューマンなので、悩み多い美しさでした。アンコールの鳥の歌は、彼の編曲なのかなぁ?カザルス版とは違うような・・・。でも哀しく美しい曲なので、ジワ~っと来てしまいました。
ところで、3曲目のリストのメフィストワルツには、副題があります。「村の居酒屋での踊り」と聞いてピンと来る人は、間違いなく「のだめファン」でしょう!千秋のピアノ課の卒業試験の曲目です。帰宅して、思わずチェック、6巻読み直しちゃいました。あはは。

2006/11/14

瑠璃茉莉

06102215
るりまつり、まだまだ咲き続けています。夜、フラッシュをたいて撮ってみました。冬越せるかなぁ。鉢植えに水をまきにいくと、かならず、このルリマツリの茎が洋服にくっついてきます。モジョモジョしてるので、分かっていても毎度毎度、「虫か?」と冷や汗が出るのです。虫が嫌いなのに、よく花なんか植えるわねぇ・・・。と言われたこともありますが、本当に、虫は全般的に何からなにまで苦手なので、葉っぱの裏とか虫を見つけると、身体が冷たくなります。でも割り箸持ってきて、ポイしてます。それに、あのトウモロコシに実がなったのも、きっと蜂が受粉してくれたからだと思いますので、多少は感謝しなくてはなりません。トウモロコシは小さく実がなりました。

2006/11/13

小澤征爾さんとユンディ・リさん、そして千秋のピアノ

12月の新日本フィルの定期演奏会に、なんとなんと、ユンディ・リさんが追加出演となりました。先週かな、新日本フィルからお知らせが来て、びっくり!嬉しいなぁ。去年の夏に、小澤さんとの演奏で、グリーグのピアノ協奏曲を聞いたのが初めてでしたけれど、ロマンティックで清潔感のあるピアノの音が美しく弾けてました。今度はどんな演奏を聴かせてくれるのか、すごく楽しみです。
ところで、今夜の「のだめカンタービレ」。あれだけラフマニノフ聞かされると、もう全曲聴かずにいられようか!であります。ラフマニノフのピアノ協奏曲2番といえば、やはりこれでしょう!

B00013TCA0ラフマニノフ
ツィマーマン(クリスティアン) ボストン交響楽団 小澤征爾
ユニバーサルミュージック 2004-01-21

by G-Tools

2006/11/12

阿佐ヶ谷スパイダース『イヌの日』

金曜日に行ってきました。阿佐ヶ谷スパイダース の「イヌの日」は、親子のゆがんだ関係や、その反動からくる友達との関係、裏を返せば、寂しい、相手にされていない、満たされない、愛情の方向が分からなくなる・・・というような、多くの人が心の奥に抱えている孤独、その大きさや深さは人それぞれだけれど、それが舞台の上で、徹底的に強く歪ませられ、もうどうやっても元に戻せないほどの究極の形で突きつけられたような感じです。でも、だからこそ、家族や友達を対して優しい気持ちで暮らすことの大切さを痛感するのだと思います。今回の長塚圭史の脚本も、見終わった後、ずっしりと残るものがあり、すぐには立ち上がれないような重たい気持ちになるのですが、それにしても、それは毒だと分かっていてもまた、彼や彼らの芝居が見たくなるのです。

2006/11/08

黒柳徹子さん、小堺一機さん、戸田恵子さん

10月末に2つ芝居を見ました。一つは「ルーマーズ ~口から耳へ 耳から口へ~」という黒柳徹子さん主演のコメディ。もう一つは『小堺一機&戸田恵子LIVE2006「不定期ライブマン・コミック君!! 初めて逢った気がしない~せっかくなんでまたやります!~」 』という芝居・・・というよりはトークライブ、歌付き、芝居付きと言った方がいいかも、を見ました。とにかくどちらもすごい。プロフェッショナルってこういう事なのでは・・・と、ステージを見ながらしみじみ思いました。両方とも、ただ見ているだけなのに、ステージから発せられるエネルギーが強くて、疲れてしまったくらい。黒柳さんは、舞台上に作られた2階建てのセットの階段を、手すりもつかまず上ったり下りたりを繰り返し、長い台詞をしゃべり、重たい衣装をものともせず・・・。一方の小堺さんと戸田さんは、構成台本はあるのだろうけれど、しゃべる、しゃべる、しゃべる・・・!あっと言う間に二人のステージに引き込まれ、後は飲み込まれるがごとくに、見てるだけなのに息つく間がないような、とんでもないエネルギーの舞台でした。7時に始まり終わりは10時半・・・。超人的な二人でしたけど、小堺さん50歳、戸田さん49歳だそうですよ。あの体力はどこから来るのだろうか、長年培ってきた経験が、自信となるのでしょうね。まさしくプロ。う~ん、一般社会人の私は、いったいどんなプロなんだろう。毎日の仕事や暮らしは、プロからはほど遠いなぁ。

2006/11/07

ヨーヨー・マ&エマニュエル・アックス

ベートーヴェン プログラム
♪ヘンデルの「マカベウスのユダ」の主題による12の変奏曲 ト長調 WoO.45
♪創作主題による6つの変奏曲 ヘ長調 op.34(ピアノソロ)
♪チェロ・ソナタ第2番 ト短調 op.5-2
♪モーツァルトの『魔笛』の主題による7つの変奏曲 変ホ長調 WoO.46
♪チェロ・ソナタ第5番 ニ長調 op.102-2
アンコール ラフマニノフ
♪チェロ・ソナタ作品19から第3楽章「アンダンテ」

ヨーヨー・マもエマニュエル・アックスも本当に楽しそうでした。今回の来日公演では、バッハの無伴奏ソナタと、エマニュエル・アックスとのデュオの4公演がサントリーホールの20周年記念ということで組まれていましたが、私はアックスのピアノが聞きたくて、今日の公演を選びました!どんな風にだって君の好きなように弾いていいよ、僕が受け止める・・・みたいな感じのアックスのピアノは、とても気持ちいいんです。もう何年も前ですが、たしかアイザック・スターンと来日したのを聞きましたが、彼がピアノだとみんな楽しくなるのかもしれないなぁ。優しくてふうわりと広がって、いろんなものを包んでいくようなヨーヨー・マのチェロの音色と、寄り添ったり遊んだりしているようなピアノの音色で、なんだかとても幸せで暖かい気持ちです。アンコールのラフマニノフがこれまた本当に良かったです。

ベートーヴェン : チェロ・ソナタ第3番&第5番ベートーヴェン : チェロ・ソナタ第3番&第5番
ヨーヨー・マ アックス(エマニュエル) ベートーヴェン

by G-Tools

2006/11/06

のだめカンタービレ

06101201
ドラマが好調なのは、漫画のエピソードの「見せ所」をきちんと拾ってる脚本だからかな、読者を裏切らない感が強いのかもしれませんが、千秋はもう少し育ちの良さというか、品の良さを出してもらえたらなぁ・・・。そうそう、先日買った「のだめカンタービレSelection CD Book vol.2」ですが、オケのエンディング部分が録音されていなかったという事で「修正版」が出ています。あらぁ、ウチのを見たら、☆印がないじゃありませんか。ということで修正版を手に入れました。このCDはいろいろ入っていて、クラシック音楽のCDなんでもいいから欲しいなぁという方にはおすすめかもしれません。でもいいとこ録りなので、全曲聴きたい気分に陥ります。

2006/11/05

芋焼酎 ?ないな

06062515
本格焼酎と書いてあるラベルの下に「?」とマークがはっていて、そこによく見ると「ないな」と書いてあります。ネットで調べて見たところ、「なんだろう?」とういう宮崎の方言とのこと。米焼酎が少しブレンドされているという事です。味はその分すっきりしていて、芋が少し苦手な人も飲みやすいかもしれませんが、「芋」が好きな人にはモノ足りないです。
東京駅にある焼酎オーソリティで買ったのですが、その時には「一人一本」と限定販売になっていたので、入手しにくい焼酎なのかもしれません。
06062517

2006/11/04

ハロウィン

06102502
もう終わっちゃいましたが、カボチャの顔したチョコレート。10月31日、芝居を見に行く移動中、通りかかった麻布十番あたりでは、たくさんの子供達が、黒いマントや帽子などのハロウィンの仮装をして歩いていました。日本でも子供達にとっては楽しい行事になってきたのでしょうか。「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらって歩いているのかな?

2006/11/02

007ジェームズ・ボンド

なんとボンド役をユアン・マクレガーが断ったので、ダニエル・クレイグになったとか。う~ん、そうかぁ。でもユアン・マクレガーよりジュード・ロウの方が、非情な感じがあって、殺しのライセンスを持つ男に近いような感じもするけれど、でもどっちにしても、二人ともまだ若すぎるかな。最も007のボンド役にふさわしい人というアンケートの結果は、言わずもがなでショーン・コネリーだったそうですが、やっぱり初代は印象も強いし、映画自体もCGがないから、映像の中にぎりぎり感があっておもしろかったように思います。ピアース・ブロスナンももう1本くらいは演じるのかなぁ?と思ってたらあっさり終わっちゃったけど、ダニエル・クレイグはどんな007になるのでしょうか。
おお、明日は出張で早起きしなければならないのに、もうこんな時間だぁ。早く寝なくちゃだわ。目覚まし時計は、2つ用意しよう・・・。そういえば、起きたい時間の数字だけ、枕をたたくと良いと聞いたことがあるけれど、やってみようかしら?

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

フォト