« 先週、松本で・・・ | トップページ | 秋の気配色濃く・・・。 »

2006/09/13

サイトウキネンオーケストラ Bプロ

06091110c
11日の夜、サイトウキネンオーケストラのオーケストラコンサートBに行ってきました。今年は運良くチケットが取れて、2つのコンサートに行くことができました。
♪武満徹/ディスタンス 笙:宮田まゆみ オーボエ:加瀬孝宏
♪ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」 ピアノ:内田光子
♪ショスタコーヴィッチ/交響曲第5番
先日のエリアのコンマスは、崔文洙さん(新日本フィル・コンマス)でしたが、今日はベートーヴェンが潮田益子さん、ショスタコが矢部達哉さんでした。ディスタンスは、初めて聞きましたが、奏者が距離を取って演奏するということで、前にオーボエ、2~3メートル離れた後ろに笙。2つの楽器の異質な音が融合して、ホールに満ちていく感じは、なんともいえず不思議な感じでした。続く、「皇帝」では、内田光子さんの演奏は久しぶりに聞きましたが、溢れてくるエネルギーが留まるところを知らず、というか、オーケストラをあおり、それがまた新たに自分に火をつけるような、多少のミスタッチなんていいのよ、と言わんばかりのピアノでした。すごい。小澤さんの背中はずうっと内田さんの動きを追いならが受け止めてるような・・・。この1年の間で、ユンディ・リ、ポリーニ、キーシン、ツィメルマンと聞いてきた私には、内田さんの演奏が一番男っぽかった・・・というと語弊があるかな、骨太で、豪快なものでした。それにしても白熱した演奏、こういうのをものすごい演奏っていうんだと思います。と、休憩時間にほっと一息ついておりましたが、なんとその後のショスタコーヴィチがそれを上回るすごい演奏だったのです。溢れるというより、ほとばしる!と言うのでしょうか、小澤さんの身体全身から、すごい音楽の力が出ていて、それがもう、オケも会場も包み込んでどこかに連れて行っちゃうような、言葉にするとチープになっちゃうけれど、本当に「発熱」するような演奏だったと思います。超一流のプレイヤーに火がつくと、オーケストラって生き物みたいにとんでもない音が鳴るんですね。特にティンパニーが素晴らしかった。ベルリンフィルの首席奏者のライナー・ゼガスさんだと思いますが、あんなティンパニー聞いたことないです。

« 先週、松本で・・・ | トップページ | 秋の気配色濃く・・・。 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/11877856

この記事へのトラックバック一覧です: サイトウキネンオーケストラ Bプロ:

« 先週、松本で・・・ | トップページ | 秋の気配色濃く・・・。 »

フォト