« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/30

お昼はストロガノフ650円なり

Phone063
会社の近くの細い道に、お昼頃になるとベトナムカレーを売りに来るワゴン車が止まります。何曜日に来ているのか分からないけれど、以前に食べたら美味しかったので、今日の昼休みにちょっとのぞきに行ってみると、なんともう1台車が止まっていて、こちらはストロガノフ!ビーフと、スパイシーチキンと、カレー風味があるようで、右の画像は、ハーフ&ハーフ、左側がビーフ、右側がスパイシーチキンで650円です。なかなか美味しいんです。ただ、1人でやっているから、注文聞いて、ご飯つめて、ストロガノフかけて、お金もらっておつり出して・・・が以外と時間がかかるところが難点。とくに今日、車の中にいた女性は汗だくで気の毒になるくらいでしたが、数名しか並んでいなかったのに、20分くらい待っちゃいました。お昼休みは少しでも時間がおしいからなぁ・・・。
そういえば、東京フォーラムの中庭は有名ですが、ネオ屋台村のHPを発見、ずいぶんといろいろな所に出ているみたいですね。移動できるから毎日違うお店が来て楽しいかも。会社のそばにも、もっといろいろなお店が移動してきてくれるといいなぁ。

2006/08/28

笑うイヌ・・・!

06082705
昨日、あまりにも毛が伸びすぎたので、ブリーダーさん(ペットショップも経営してらっしゃいます)の所へ連れて行きまして、カットしてもらいました。06082727耳の毛もきれいに短くなりました・・・でもやっぱり片方垂れてます。親ばかではありますが、やはりかわいいです・・・と思ったら、足を噛んできました・・・。
オイ!痛いじゃないかぁ。これは、たいくつで遊んで欲しい時の合図なんです。ちょっと、痛いじゃないのよ、と厳重注意したところ、笑ってますよ・・・。なんだかなぁ・・・。
1週間前の21日の画像を見るとずいぶんとサッパリしたのが分かりますね。

2006/08/27

模様替え(BlogPet)

きょうMelodyは夏はblogするはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Melody」が書きました。

2006/08/26

UDON

つまらない映画でしたぁ・・・。話が進むたびに、スクリーンと観客席の距離が離れていく感じで、最初のうちはくすくすと笑い声も少しは漏れていましたが、中盤あたりからは、し~ん・・・と静まりかえった劇場内でした。それにしても、うどんを食べる主役の大写し、人差し指をたてたような、おかしなお箸の持ち方で。なんだかなぁ・・・。うどん屋を手伝う仲間は、長い髪の毛ダラリダラリと・・・厨房に入る人って髪の毛を1つに結んだりして、気を使うと思うんですけれどねぇ。2時間以上の長さだけれど、登場人物の誰にも感情移入できないので、ひたすら、つまらなくなっていったのかな。役者を揃えればいいってもんじゃないんですね。

2006/08/25

『小堺クンのおすましでSHOW21』

『小堺クンのおすましでSHOW21 ~リトル・グランド・ウッズ~ 』
去年に続き、今年も見てきました。午後7時開演で、終了11時・・・。9時半頃、休憩が15分入りましたが、何しろ笑いっぱなしの4時間で、笑い疲れました。金曜日の夜で良かった、平日だったら翌日午前半休くらいしちゃうところでした。それにしても、芸人さんの底力というのでしょうか、客席からあがった「お題」と「最後の台詞」で、即興で芝居を作ってしまう、小堺一機さんと、松尾伴内さん、伽代子さん(欽ちゃん劇団)、あさりどの、堀口文宏さんと川本成さん、この5人の出演者に拍手、拍手!話をひっぱって行くのは小堺さんだけれど、それについていく出演者もすごいですよね。大汗かいて必死の堀口君は、客席からもらった最後の台詞をすっかり忘れて大変な事になっていましたが、そういう時の、他の出演者のフォローも面白くて、ライブならではの緊迫感もありました。ちなみにその時のお題は、「髪の毛のうすい美容師」と「すきすきうさこちゃん」でしたっけ。作家の君塚さんが、松尾さんは芸だけど、堀口君は事故だとおっしゃったそうですが・・・それもうなずけます。本当に大笑いした4時間でした。来年も行きたなぁ。『おすましでSHOW』は会場を見回すと、比較的年齢層が高い方が多いのですが、たぶん皆さん、リピーターで毎年楽しみに来ているんだと思います。大人が通えるステージがあるっていいですよね。

2006/08/24

007のアストンマーチン

06071928
007、ジェームズ・ボンドの乗るボンドカーって、毎回映画の中の楽しみでもありますが、このアストン・マーティンは、20作目の『007 / ダイ・アナザー・デイ』の時のもので、姿を消すことが出来るすぐれものでした。アイスランドの氷上をビュンビュン走って、とんでもない車だったっけなぁ。次の007は、配役も変わってどんなになるんだろう?けっこう好きなので、「007 製作40周年記念限定BOX」も買っちゃったりしております。
06071921
こちらのロータスエスプリが登場する「私を愛したスパイ」では、この車(なんと水陸両用)が、海から上がってきて、砂浜にいる海水浴に来た人達をびっくりさせるのですが、その砂浜に一瞬、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの姿が見えます。キャバリア好き以外には、どうでも良いことですけどね。見つけた時は嬉しかったです。

2006/08/22

模様替え

行く夏を惜しんで・・・テンプレートを花火にしてみました。日一日と、空は高くなり、風は涼しくなり、夕方が早くやってくるようになりました。こうして2006年の夏が終わっていくんですねぇ・・・でも、まだまだ暑いけど。朝も強い陽射しと高い気温を感じて目が覚める時もあるし、こういう時こそ、夏ばてしないように気をつけなくちゃね。

2006/08/21

残暑お見舞い申し上げます。

06073009
夏ばて気味のケリーです。耳の毛をワンコ用バリカンでそろそろ刈らないといけません・・・が、ワンコは体温が高いので、こちらも大変・・・。週末あたりになんとかしなくちゃだわぁ。

2006/08/20

「THE 有頂天ホテル」DVD

う~む、これって面白いのかなぁ?微妙・・・というのが見た感想。たぶん、脚本だけすごいんだと思うんですけれど、なんとなく肩すかし的な感想も多いようだから、劇場で鑑賞した人達もあれ?って思ったんでしょうね。映画的なおもしろさってどこにあったのかな。DVDだけで見た時に、「あ、この映画、大きなスクリーンで見たかったなぁ!」と思えるかどうか、というのが感想の基準の1つでもありますが、これは、DVDで充分でした。客室係の松たかこが、不倫中の津川雅彦とその彼女麻生久美子が真剣だとどうして分かったのかなぁ?まして、真面目な不倫恋愛に触発されて、やりたい事をやらなくちゃって思って、それで昔の彼氏の佐藤浩市を説得しちゃうって・・・。動機として弱すぎると思うんですけどね。

2006/08/19

映画「ゆれる」

映画「ゆれる」は西川美和監督の2作目、前作の「蛇いちご」も崩壊していく家族の中で、冷静な妹の孤独、破天荒な兄の優しさ、喧嘩しながらも強く意識しあう兄妹の葛藤が、とても心に迫ってくるような映画でしたけれど、今回もすごい・・・。家族って親子よりも、兄弟の方が、強い嫉妬、あこがれ、を近しいからこそより強く心の底に秘めているんじゃないかと思います。今回の兄、香川照之は田舎で親のガソリンスタンドを継ぎ、優しくて弟想いで、一見穏やかに暮らしている。一方、奔放に生きる写真家の弟、オダギリジョーは、事件が起きたことにより、その奔放な性格はなりを潜め、とても常識的で兄、家族想いの一面が浮き彫りにされます。だからこそ、お互いを追いつめていってしまうのかなぁ。裁判や、拘置所での香川照之の演技は、兄が長く抱え持っていた不満がやるせないほどに表現されていて、見ている側も翻弄する。何が真実で何が事実なのか、もう誰にも解らなくなる。兄を助けたい一心の弟オダギリジョーも、今までに見たことのない兄の姿に、追いつめられていく。父親の伊武雅刀、その兄えで弁護士の蟹江敬三の兄弟の確執も、主人公達に重なってきて、幾重にも心のひだがゆれていく・・・。最後のシーンで、オダギリジョーに「お兄ちゃーん」と呼びかけられて、それに気がついた香川照之の兄の笑顔でほっとしました。本当にいい映画でした。金曜夜 渋谷アミューズCQNにて鑑賞

2006/08/17

芋焼酎 宝山 芋麹全量

060719i11_1
宝山シリーズの芋麹全量、西酒造です。最近HPもオープン、ものすごく凝ったHPです。芋の根がするすると伸びて、様々な説明頁に行けるようになっていて、うっかりするとたくさんある焼酎のラインナップの頁に行き着きません・・・。さて、この芋麹全量は、芋の麹を使っているらしいです。瓶には、黒麹と書いてあります。そして「出来高アルコール度数28度」ということ、度数は出来た時のものになるそうで、毎年違うようです。月1回位の頻度で、ほぼ定価で買える3軒の酒屋さんを回っては、手に入りにくいと言われている焼酎を買ってきておりますが、これも本当に運良く買うことが出来ました。芋の甘みがあって、とても美味しいです。でも「綾紫」の方がもう少し甘いかな。

2006/08/16

クロサンドラ

きれいなオレンジ色の花と、つやのある深い緑の葉っぱで、元気に咲いています。でも横から見ると不思議。茎と花の境はどこかな?どこから花びらが出てくるんだろう???
0608050806080509

2006/08/14

ドリアンプリン!

土曜日の夜、花火も順延だし、小学生の姪が遊びに来たので、横浜の中華街に行きました。何度か行った台湾料理のイ尓 好(ニーハオ)は、屋台風な店で、活気があって、店内の壁には所狭しと、いろんな人の色紙が貼られています。(その中には小澤征爾さんの写真とサインもあるのです。)レタス炒めや空芯菜炒め、チャーハンにお粥、とあれこれ食べて、すっかりお腹がいっぱいになり、中華街を歩いていると、ややや!ドリアンプリン???これはいったい・・・と興味津々で1つ買ってきました。匂いは普通のデザートのプリンと変わらないけれど、味はかなり甘くて濃厚なプリンでした。
0608121506081319

2006/08/13

東京湾大華火祭

昨夜の予定の花火が順延になり、今夜、東京湾の花火大会でした。お台場の橋の上からちょっとだけ、見てきました。
060813a2806081305
060813a36

2006/08/12

芽が出たらラッキー!

06081102
芽が出たらラッキー、ハッピー!とアメリカからのお土産にいただいたコーン・・・植えてみましたよ。芽が出ましたよぉ。露が葉っぱに・・・。でもこの後どうしよう?トウモロコシがなるかしら?鉢植え大きくしなくちゃ駄目だわね。

2006/08/09

NARUTOどんぶり

06081014
ファミリーマートで対象商品を買って、6ナルト集めてもらいました。NARUTOラーメンどんぶりだってばよ!って漫画読んだことない人には、分からないですけど・・・。

2006/08/08

ケリーの耳が・・・。

060802a12c旅行中の画像を見ていたら、ケリーの耳が両方とも立っている!(笑)そうそう、風が吹いてきたんだったっけ。それにしても、両耳たつと、こんな感じなのね・・・なんかウサギの耳みたいだけど・・・。(玉原ラベンダーパークにて。)

2006/08/07

小澤さんはタングルウッド

音楽塾で復帰した小澤征爾さんは、すでにタングルウッド。スポーツ報知のwebに記事が出ていました。記事によると「1万人以上の聴衆から6分間のスタンディングオベーション」だったそうです。すごいなぁ。。。あの芝生の上に響き渡る「復活」も想像しただけで、ゾクゾクするけれど、森の中で鳴りやまぬ拍手もどんなにかすごいだろうか!行きたかったなぁ・・・。そういえばタングルウッドに行ったのは、何年前だろう?あの時は、ものすごい風がふきあれてたような記憶があるんだけれど、その中での、R.シュトラウスの「アルプス交響曲」は、自然と協演、いや、競演状態で、ちょっと忘れられない演奏でした。小澤さんは、この後は松本でサイトウキネン。休養あけてもスケジュールはいっぱいなんでしょうね。すごいなぁ。
マーラー:交響曲第2番
マーラー:交響曲第2番

2006/08/06

芋焼酎 晴耕雨読 3種類

060719i32
やっと揃いました、晴耕雨読3種類。佐多宗二商店の「不二才(ブニセ)」、「不二才ハイ」は、骨太な芋焼酎と言った感じで好きなのですが、この「晴耕雨読」はとても呑みやすい芋焼酎だと思います。一番左は、通常のもので、サツマイモと白麹、中央はコガネセンガンで黒麹、かめ壺仕込み・貯蔵、夏期限定商品、右がサツマイモ、白麹、かめ壺仕込み・貯蔵で秋期限定商品です。1年かけて揃えました。でも、手に入りにくい焼酎ではないと思います。

2006/08/05

初めてのワンコ一緒旅

060802a20今回、宿泊した「渓山荘」は、食事をする所にも一緒に犬を連れて行ける宿です。ケリーを初めての場所でたった一匹で部屋に残すことは無理だと考えていたので、本当に良かったです。建物は古いかと思いますが、どこも清潔で、すっきりと涼しげなアジアンインテリア。お食事も美味しかったし、温泉もお湯が柔らかくて、ぬるいのですが、身体の芯から暖まりました。宿は、沼田ICを降りて10分ほどです。
060802a09
近くに道の駅があって、朝取ったばかりの野菜がたくさん売られていて、小さめでしたがレタスは2つで100円、トマトは5~6個で250円。安くて新鮮なんて素敵。
上の方には玉原ラベンダーパークがあり、ケリーを遊ばせました。園内の奥にはドッグランもあるようです。

06080341
翌日は軽井沢まで回りました。軽井沢はワンコOKのお店も多いので、嬉しいです。このThree Dog Bakeryは代官山や自由が丘にもあるお店です。ここはスパゲティやワッフル等が食べられます。食事の後は、プリンスホテルのアウトレットで買い物をして帰ってきました。帰りの車の中では、ケリーはぐっすり寝ていました。やっぱり疲れたんでしょうね。

2006/08/03

軽井沢(犬連れの旅)

軽井沢

夏休み中です。
昨日と今日で、一泊、犬連れ温泉の旅です。
   

2006/08/01

ペチュニア

梅雨があけて、ようやく夏本番かと思ったら、昨日、今日とちょっと涼しいです。
もう少し太陽の強い光が当たってくれると、花ももっと元気に咲いてくれるのですが。私のように、あまりちゃんと世話をしない人間にとっては、太陽の光が草花を育ててくれるので、もう少し夏の陽が欲しいなぁ。でもあまり暑いのもつらいけれど・・・。
06070808

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

フォト