« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/31

宮本文昭さんのブログで小澤塾

ブログ『オーボエ奏者・宮本文昭』を見つけました。オーボエ奏者の宮本さんがどんな人かというのは、詳しくは公式HPにプロフィールがありますが、だいぶ前に、煙草のCMでもの哀しくも美しいオーボエの音色を披露していた事を覚えている人も多いかな。サイトウキネンオーケストラのオーボエ奏者を始めとして、ここ数年は日本に戻ってらしてご活躍でしたが、昨年のサイトウキネンオーケストラで、小澤さんが最後の参加になる宮本さんと、ステージ上で固い握手を交わしていたのを見て、お疲れさまでした、と思う反面とても寂しい気持ちに襲われました。演奏者としては一区切りつけられるそうですが、このブログでは、先日の小澤塾での事が書かれています。演奏するテクニックがあっても、オケの中で他人を推し量ること、考慮すること、予想することの必要性等について書かれていますが、オーケストラに限らず、日常生活の中でも、周りの人の仕事や暮らし等、推し量ることって大切ですよね。みんな一人で生きてる訳じゃないんですものね。ものすごく仕事の出来る人がいたとしても、チームに入って、協調しながら共同もしくは、協同することは、意外と簡単じゃないなぁ・・・なんてことをちょっとばかり思いました。それにしても「小澤塾」はやはり大変だったようですね。それを越えてきて、あの熱い演奏になったんでしょう。小澤征爾さんは、もうタングルウッドに行ったのかなぁ。休養あけて、すでにすごいスケジュールだけど・・・。

2006/07/30

芋焼酎 豪放磊落

060703i02
良い名前ですよね。「豪放磊落」・・度量が大きく快活で、小さなことにはこだわらないさま・・だそうです。あの「魔王」を作っていた酒造に勤めていた杜氏さんが、東酒造に戻って作られたとか。小さなことにこだわらずに、豪快に飲みましょうというネーミングなのかな?でもちびちび呑んでますが・・・。豪放磊落の反対語は「小心翼翼」(しょうしんよくよく)あまり聞いたことのない言葉だなぁ。調べてみると、「気が小さく、いつもびくびくしているさま」「細かいことにまで気を配り、慎み深くするさま」と2つ意味がありました。後ろの方ならいいけどね。

2006/07/29

新日本フィル定期演奏会

♪オーガスタ・リード・トーマス:楽園への歌(2002)
♪ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱付』op.125
指揮:クリスティアン・アルミンク
独唱:S日比野幸、A加納悦子、Tトーマス・モーザー、Bクレメンス・ザンダー
合唱:栗友会合唱団(合唱指揮:栗山文昭)
昨夜はサントリーホールで新日本フィルの定期演奏会でした。指揮のアルミンクさんは音楽監督で、音楽会の始まる前にプレトークという事で、曲の解説をしています。なかなかその時間に間に合わないのだけれど、昨夜は少しだけ聞くことができました。たくさんの人が聞いていましたから、みんな楽しみにしているのだと思います。演奏前に指揮者から曲の解説があるなんて、いいですよね。
1曲目は初めて聞く曲で、とらえどころもなく・・・。15分くらいの短い曲なのですぐに終わってしまった・・・。第九は、疾走する演奏とでも言いましょうか、とにかく早い!2回席から見ていてると、木管、金管の人達が息継ぎが大変で、音が間に合わないくらいでした。びっくり!テノールの人も息継ぎが辛そうでした。アルミンクさんの新解釈、この間のブラームスもそうでしたが、ゆったり聞けなくて、終わる頃には疲れてしまう。でも、ものすごく熱のある演奏なので、けして嫌いな訳ではないんですけれど・・・。第九は何十回と生演奏を聴いているから、自分の中で心地よいメロディの流れとか速さができてしまっているせいかなぁ、昨夜は、びっくりしつつ聞きました。第4楽章は、20分ちょっとくらいだったような・・・。音楽の深さや感動は長さじゃないんだけれど、それにしても、走り抜けた第九でした。

2006/07/27

小澤征爾音楽塾 マーラーの復活

昨夜のコンサートに行ってきました。 2000年から始まった音楽塾は、今年で7回目、幸いにして全部聞いてますが、初めてオペラではないプログラムです。このプロジェクトはオーディションによって選ばれた若い音楽家達の教育を目的としたもので、各パートには、サイトウキネンなどのオケで活躍する演奏家がコーチングスタッフとして参加しています。昨夜のコンマスは、豊嶋泰嗣さん、フルートには工藤重典さん、オーボエには宮本文昭さん、そしてハープには吉野直子さんが参加されていました。先日放送された「小澤征爾教育ドキュメント」は昨年の音楽塾のものでしたが、やはり音を合わせる、オケで弾くという事は、大変なことだったのだろうと思います。出だしで、コンマスの豊嶋さんが、椅子から身体が浮くほどに力強く弾き始めてましたが、それは弦楽器パートを引っ張っていこうとするあらわれなのだと・・・それに続く、ヴィオラ、チェロ、コントラバスが、バラバラバラ~っと弾き始めた時に、今年もまた大変な状態からこのプロジェクトが始まったのだと想像できました。実際、最後まで出だしが合わない箇所はいくつもあったし、とんでもない音が聞こえたきたりもして、ハラハラドキドキのスリルとサスペンスでしたが、アルトのナタリー・シュトゥッツマンが歌い始めた時、あぁ、そうだ、今夜はマーラーを聴きに来てたんだ・・・と感動しました。本当になんと深くてやわらかい、そして凛とした声なんでしょう!終演後の拍手に小澤さんが、各セクションごとに立たせていましたが、その時の金管楽器の人達のヤッタ~っといった感じの喜びようを見て、何もない所からマーラーの音楽を作り上げる事ができた事が、若い音楽家達にとって、きっと忘れられない宝物のような体験になったのだと感じました。それでも、あの演奏にはとまどった人も多かったのかも・・・。普段はあんなにあっさり拍手がやまないのになぁ・・・。ずっと立って拍手を送り続けていたのは、小澤さんのご長男、征悦さんでした。征良さんも最後は立って拍手を送ってらっしゃいました。休養中はご家族もご心配だったのでしょうから、昨夜の演奏会は、とても嬉しかったのかもしれません。
それでも、なんとなく聴き足りないというか、なんとな~く物足りなくて、帰宅してから古いビデオを引っ張り出しました。「OZAWA」1985年版のSONYから出たビデオです。もう何度も見たけれど、久しぶりに見ると、ここでも小澤さんは若い音楽家に誠心誠意、伝えようとしているんです。ものすごいエネルギーで、若い指揮者が受け止め切れてない感じに見えます。このビデオの中では、R.ゼルキンとのリハから本番のシーンがとても好きです。それと最後のジェシー・ノーマンの地の底から湧くような声。音楽って、本当にいかに生きるかなんだろうなぁ。生き様が音になって出てくる、それが、マーラーでもベートーヴェンでもね。さぁ、明日の夜は新日本フィルの定期演奏会です。真夏の第九!オオ、フロイデ!なのだ。

2006/07/26

カセットで小澤征爾指揮ブラームスP協、ゼルキン、ツィメルマン、シフ

そんなこんなで下に書いたように、カセットの整理をちょっとはしようかなぁと、あれこれ見ていたら、おお!っとすごい感動もののブラームスピアノ協奏曲第1番が出てきました。まず、1978年の小澤征爾&ボストン交響楽団の来日演奏会の生放送を録音したもの。これは普門館か東京文化会館か・・・。私はたしか普門館に行って聞いたんですよ。懐かしい!ピアノはルドルフ・ゼルキンです。1903年生まれのR.ゼルキン、72歳の演奏ですよ。すごい!なんとのびやかなブラームスか・・・。とても自由に弾いている感じがします。生放送だったので、音楽評論家の人の「ピアニストと指揮者が出てきました・・・」なんて実況中継がはいってます。昔は、いくつもクラシック音楽のFM番組があって、いろいろな評論家の人がそのパーソナリティを務めていたんですよね。この声は大木正純さんかなぁ?誰だろう・・・?2つ目はベルリンフィルの定期演奏会、小澤&ツィメルマン(この頃はツィマーマンと表記していたかも)です。これは年度をメモしていないので、小澤さん関連の本とかあれこれひっくり返したみたところ、1986年のベルリンフィル定期にこのプログラムを発見!1956年生まれのツィメルマン、30歳の演奏です。清潔で凛としていて美しい音、そしてロマンティックなんだけれども苦悩している・・・ように私には聞こえます。最近発売されたツィメルマン、ラトル、ベルリンフィルよりも繊細な感じがします。そして3つ目は、1989年のベルリンフィル定期演奏会、小澤&アンドラーシュ・シフ。ゆったりとした骨太な演奏です。どれもライブ録音で、最期にワァ~っと拍手が入るので、一瞬自分の気持ちもコンサートホールにいるような感覚になります。それにしても、みんな演奏が違うのに、小澤さんの指揮はピタっと併走している、時に包み、時にグワァ~っと押し上げるような・・・ソリストはきっと気持ち良いんじゃないでしょうか。さて、今夜はサントリーホール。休養明けの小澤さん、指揮者として復帰は、マーラーの「復活」、楽しみです。

2006/07/25

オーディオとエアチェック

その昔、お給料が貯まると、オーディオを1台ずつ買い揃えていった事がありました。最初はオールインワンというのかな、カセット、ラジオ、レコードプレーヤーが1つになっていて、それに大きなスピーカーという、たしかSONY製のステレオを使っていましたが、ある日、本当にラッキーな事にあるラジオ番組で葉書が読まれ、CDプレーヤー(DENON製)が当たったのです。ちまたではセットのミニコンポが売られていましたが、機械好きな私は、それを期にまず、アンプ(KENWOOD)、そしてスピーカー(YAMAHA)、Wカセット(SONY)、チューナー(KENWOOD)・・・と揃えていったのでした。05012216
ちょうどMDとDATが出てだんだんカセットの利用が減りだした頃、Wカセットが壊れて、悩んだ末、また買っちゃったのが、この画像のデッキ(TEAC)。今は、さすがに壊れたのと、大きいコンポを置くスペースがないので、ミニコンポにしたのですが、それには、カセットが付いていないので、Wカセットデッキだけは残してあります。05012204

若い頃は聞きたい曲や音楽家がいても、欲しいままにLPを買えなかったので、ひたすらFM番組のエアチェックをカセットでしていました。今でも、そのカセットがいっぱい残っているのです。それこそベルリンフィルの定期演奏会や、ザルツブルグ音楽祭、来日したベームや、カラヤン、ゼルキン、ツィメルマンの演奏、小澤征爾さんが新日本フィル以外にも振った日本のオケなど、次々に録音していました。それに、CHAGE&ASKAのラジオ出演などもたまっていって、今でも捨てられないカセットがいっぱい。MDに録音しなおして、保存しようかとも思ったのですが、これがけっこう面倒で、そのままたくさんのカセットが残っております・・・。モノを整理するってエネルギーいりますよね。

2006/07/23

ケリーと食事

週末は、たまにケリーをつれて、犬連れOKのお店に行ってランチをします。ここはお台場のお店で、ワンちゃんの為の食事もあります。これは、馬肉のジャーキーです。とても気に入ったようで、美味しそうに食べていました。この夏は、ケリーを連れて初旅行に出たいと考えていますが、無事に行ってこられるかなぁ・・・。
06071603_106071605

2006/07/20

秋葉原でとんかつ茶漬け

前から一度食べてみたかった、とんかつ茶漬けを秋葉原のUDXビルの中にある「新宿すずや」で食べてきました。「とんかつ茶漬け」はその名の通り、白いご飯にトンカツを乗せてその上からお茶をかけて食べるのですが、これが意外と美味しいんです。トンカツには、最初から濃い味が付いているので、ソースをかける必要はありません。お茶をかけてサラサラっと食べると、思ったほど油っぽくなくて、塩味もほどよく、ご飯が進みました。それにしても、平日のせいか、UDXビルの中の店はどこもガラガラでした。お腹がいっぱいになりすぎたので、食後はヨドバシカメラをブラブラ。ソニーの一眼レフカメラが店頭に並んでいたので、ちょっといじって遊んできました。それにしても、秋葉原もきれいになりましたねぇ・・・。

2006/07/18

芋焼酎 夢華詩話

060703i07
夢華詩話と書いて、「むかしばなし」と読みます。これも山元酒造です。ふんわりとした甘さがある芋焼酎で、お値段もリーズナブルです。 でもパンチのある味ではありません。それにしても、美しい漢字が並んだ名前ですね。昔のことは、夢の華、そして詩のような話なのかな?

2006/07/17

パイレーツ・オブ・カリビアン

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』を昨日の夜見てきました。お台場のシネマ・メディアージュは、土曜以外の夜8時以降の回はすべて、1200円なのですが、日曜日や、連休中もそのサービスがあるとは知らなかった!でもすでに前売り券を持っていたので、それで見ましたが。映画は、面白かった。ジョニー・デップがすっかりジャック・スパロウになりきっていて、ちょっと卑怯だったりずるかったりするけれど、なんとも憎めないキャラクター。その上、え~・・・ここで終わりかぁ・・・という事で、パート3がものすごく待ち遠しいです。なんと15日から「パイレーツ・オブ・カリビアン3」の先行特別前売券なるものが発売されているらしいです。ジャック・スパロウのベア・ブリックって何だろう?そう言えば、「デッドマンズ・チェスト」の前売券にも、ジャック・スパロウアクセサリーが付いてたっけ!映画を見る方は、長いエンドロールを見終わった後、ワンシーンありますので、くれぐれも席を立ちませんように。

2006/07/16

小澤征爾さん、復活

産経新聞のwebサイトにお元気そうな笑顔で登場している小澤征爾さん。良かったなぁ。今月末には、音楽塾の演奏会もあるし、その後はサイトウキネンとまたまたお忙しい日々が始まりそうですが、演奏会はとても楽しみです。中学生の時に見た「オーケストラがやって来た!」という音楽番組での印象は、今でもはっきりと覚えていますが、それから何十年たっても衰えない、というよりますます熱い音楽の情熱は、いつもいつも感動します。この間、カセットテープを整理していたら、ツィメルマンと小澤征爾さん、そしてベルリンフィルのブラームスのP協1番が出てきました。日付を書き忘れていたけれど、たぶん、小澤さんの演奏会記録で探すと86年11月のベルリンフィルの定期だと思います。そのころは、NHKのFM放送でベルリンフィルの定期演奏会はよく放送されていたんですよね。懐かしい。その前年の85年には、新日本フィルとツィメルマン、小澤さんの組み合わせでブラームスのP協2番を演奏しているので、その頃はツィメルマンとずいぶんブラームスを演奏していたんですね。その時のチラシも出てきて、すごく懐かしかった。でも演奏会の記憶が薄れてる・・・。たぶん、この頃の新日本フィルには、ポリーニ、アルゲリッチ、ジェシー・ノーマン、それにゼルキン、ロストロポーヴィチ等々、ものすごい演奏家達がいっぱい来ていたので、私も頭の中でいろんな記憶が一緒になっちゃってるような気がします。なんと贅沢な音楽漬けだったんだろう!

2006/07/15

元気で前向きに。

今日は昼間は仲間との集まりがあり、夜は中学の時のクラス会がありました。どちらの集まりも本当に楽しかった!みんな元気で、前向きで、それぞれがいろんな楽しみを持っていて・・・。それはやっぱり毎日一生懸命生きてきて、辛くて大変だったことも、乗り越えて来ているからなんだろうと思います。近況報告しながら、大変なこともさらっと話す仲間達。ずぅっと名前を思い出すこともなかった中学の友人も、顔を見たとたんにいろんな事が思い出されて、あっと言う間にタイムスリップ。すっかり忘れていた出来事もあったけれど、しゃべって笑って、中学時代と何も変わらないみんながいて・・・。そういうみんなの、明るさとか元気をもらって、こちらもまた元気になれる。ポジティブに生きるには、やっぱり気持ちがしっかりしていないと駄目なんだよね、なんて思いながら帰路につきました。それにしても、今日一日、カロリー多かったかも。おしゃべりに夢中になって笑いながらいっぱい食べちゃったな。

2006/07/14

スムーズじゃない日

いろんな事がスムーズに進まない日がある。そういう日は、仕方ないから逆らわずに流されちゃう・・・のも1つの回避方法かなぁと思います。午前中もなんだかなぁ・・・、お昼休みもなんだかなぁ・・・と躓きがあって、さぁこんな日は残業しないで帰ろう、図書館で借りてるDVDも返却したいし・・・と思ったら、なかなか帰れず。遅くなったので、夫と近所のお好み焼き屋さんに。ここは鉄板で焼いてくれたものを持ってきてくれて、やわらかくてとても美味しい。ところが、今日に限ってクーラーが故障しているなんて!こんな暑い日に・・・!入っちゃった手前、出るに出られず、食べている間に、修理の人が来て、なんとか修理して行ったけれど、なんとなくなま暖かい風が・・・。食べ終わって出る頃、ようやくお店は冷えてきました。まぁ今日はそんな一日でしたので、きっと明日は楽しいだろう・・・と思います。

2006/07/13

ルリマツリ

06070805
去年、シーズンの最後に買ったルリマツリ。その時は葉だけでした。なんとか冬を越して、よその家の咲いている花を横目で見ながら、ウチのは蕾みもつかないし、駄目なのかしら?と青々した葉っぱを見ながら、待ちくたびれたころ・・・。咲きました。きれいな薄紫。この季節には涼しげで、とてもきれいです。
さて、ココログのメンテナンスは無事に終わったようです。よかったぁ。

2006/07/09

障害ばかりのココログ

niftyのココログは障害ばかりです。いつもアクセスしづらい状況が続いていて、改善されないんですねぇ・・・。もともとniftyだから、niftyやめるかがまんするかの、二者択一・・・。困ったもんです。フリーのブログ探そうかなぁ。それともブログをやめようかなぁ・・・。
 ◇メンテナンス日時
  2006年7月11日(火)14:00~7月13日(木)14:00の約48時間
48時間・・・何も出来ないのかなぁ・・・。なんだかねぇ・・・。
メンテナンスの状況はこちらですが、どうなっちゃうんだろう。

2006/07/08

五嶋龍ヴァイオリン・リサイタル2006

曲目 イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番
    R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
    ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 
    武満徹:悲歌
     ラヴェル:ツィガーヌ(演奏会用狂詩曲)
アンコール サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン op.20
ピアノ  マイケル・ドゥセク(Pf)  7月6日サントリーホール
行ってきました。いやまぁ、なんと言いましょうか・・・。さながら、近所の子供の発表会に集まった親戚、遠縁、ご近所・・・。まぁ、あの子がこんなに大きくなってぇ・・・的な会場は、クラシックの音楽会独特の緊張感は皆無でした。ポップス系のコンサートで、今か、今かとステージを待ち望む客席の雰囲気がそこにはありました。出てきただけで、きゃーっという声が聞こえてきそうな会場でしたが、イザイは、普通にイザイでした。R.シュトラウスは、もう少しロマンティックな深さがあったらなぁ・・・。ブラームスは、そうですね、40歳になったらもう一度弾いて下さい。武満徹さんは、この日一番緊張感があって良い演奏だったかも。ラヴェルは、非常に素晴らしいリズム感を示してくれましたが、ストラディバリウスが響きすぎるのか、サントリーホールの残響のせいか、止めたい音まで長く響いて聞こえました。黒の上下に身を固めた五嶋さんは、ラヴェルではジャケットを脱いで、半袖姿。なんと驚いたことに、ピアニストのドゥセク氏までおそろいの半袖・・・。この曲は、きっと毎日アプローチが変わっているのかもしれないな、と思わせるような、ピアニストとの掛け合いは、成功したとは言い難かったです。アルゲリッチみたいな人に煽られたらいいのになぁなんて想像してみましたが。ここまで来ると、当然アンコールは、サラサーテか、ロンド・カプリチオーソあたりだろうなと思っていたら、案の定、サラサーテでした。「五つ神童、十で天才、二十歳過ぎればただの人」という言葉がありますが、日本の聴衆は彼を育てないでしょうね。というのも、楽章間の咳やらおしゃべり、あげくには、ソナタなのに、1楽章終わりでの拍手。これはR.シュトラウスでもブラームスでもあり、演奏者の流れとか緊張を妨げるし、アンコールは曲が始まってサラサーテと分かるやまた拍手・・・。音聞きたくないのかな?客席にはバイオリンを習ってるとおぼしき子供達がいっぱいいたけれど、2時間のコンサートは子供には無理があり、寝てる子がいっぱい。でも、こういう体験からクラシック音楽を面白いと思ってくれる子もいるかもしれないから、それもいいのかな。クラシック音楽はけして堅苦しいものじゃないし、1つの曲を様々な演奏家が様々な解釈で演奏するのを聴くのは、本当に楽しいので、たとえば、ギドン・クレメルや、パールマンのブラームスも聴いてみようかなぁなんて興味がわけばいいなと思う。キーシンや、ムター、ナイジェル・ケネディ等々、神童と言われて今も活躍している人達もたくさんいるので、五嶋さんの20年後の音楽を聴いてみたいと思います。あ、20年後だって、まだ37歳だものね。若いわねぇ。

2006/07/05

『アンデルセン・プロジェクト』

先日、ルパージュ版に行ってきましたが、今度は白井晃さんの一人芝居による『アンデルセン・プロジェクト』に行ってきました。パリでの仕事を成功させたいカナダ人と、パリオペラ座の担当者、そして移民のモロッコ人・・・という設定だけでも、日本人が一人で演じるのは大変だと思うし、早着替えや背中での演技、たくさんの台詞と、いったいどんな芝居になるのか、とても楽しみでした。う~ん、やっぱり白井さんはすごい役者さんでした。ちょっと大事な所で、名前を間違ってたのは残念だけれど、それを越えて伝わってくるものがたくさんありました。先日のアフタートークは、ルパージュと白井さんでしたが、今夜は、白井さんと長塚圭史さん。この2人の話もとても面白かったです。きっとこの芝居は、もっと練れてきて、熟成してきて、いつかまた白井さんがステージで見せてくれるような気がします。再演を待ちたいです。

2006/07/04

デスノート最終巻

こう見えて週刊ジャンプ読者なので、とっくに『DEATH NOTE デスノート』は終わってたのだけれど、コミックスの読者がいて、なかなかネタばれできないまま。ようやく今日、最終巻が発売されたので、やっと月(ライト)の最期のシーンとか、あれこれ話が出来ました・・・。しかし、ノートを拾った頃の月と、最期の月・・・ものすごく表情が違うのね。高校生の頃は無垢な感じがしてかわいかった。映画もヒットしてるらしいし、漫画って当たると大きいなぁ。でもこれ、小畑さんの作画じゃなかったら、こんなには流行らなかっただろうなぁ。ヒカルの碁もそうだけれど、登場人物がみんなちゃんと成長していくのよね。次はどんな漫画を描くんだろう。

2006/07/03

ケリーの耳

06061804_1
ケリーは右耳が垂れています。時々たつけれど、たいがい、こんな感じで垂れています。子犬の頃、耳の中にテープを貼って立つのを助ける方法もあったのですが、1日でテープにかぶれてしまい、かわいそうだったので。すぐにテープをはがしてしまいました。去年の夏に頭だけサマーカットにしたので、目の回りの毛がなかなか伸びず、いつもくちゃくちゃの顔の周りですが、垂れ耳犬のくちゃくちゃは、けっこう愛嬌があるかなぁ・・・と。(笑)
06061801上から見ても垂れてますね。ワンコが猫のキティちゃんを着てるのもおかしいかな。

2006/07/02

芋焼酎 山元

06021948_1
山元酒造の山元です。黒麹と黄麹だそうです。香りがよくて、味もやわらか、呑みやすいと思います。

新日本フィル定期演奏会(BlogPet)

Melodyは定期も演奏しなかった。
ここに演奏しないです。
サントリーがここまで定期演奏するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Melody」が書きました。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

フォト