« 『蒼いみち』小澤征良著 | トップページ | 新日本フィル定期演奏会(BlogPet) »

2006/06/30

『アンデルセン・プロジェクト』

昨夜、世田谷パブリック・シアターで『アンデルセン・プロジェクト』を見てきました。ロベール・ルパージュの1人芝居、2時間ちょっとありました。1人3役を演じ分けるのですが、不思議な感覚にとらわれて、ぐいぐい引き込まれてしまいました。来週には、白井晃さんによる日本語版の上演あるので、とても楽しみです。それにしても、アンデルセンというと、「人魚姫」とか「マッチ売りの少女」「はだかの王様」とかいくつかは童話を知っていたけれど、今回の芝居を見て、あらためて話の持つ影とか、救いがない部分とか、考えちゃいました。何かを強く望むと、結局はどこかにしわ寄せが来るのかもしれないけれど、望む事はやめられないし、夢を持つことはやっぱり悪くないものね・・・。

« 『蒼いみち』小澤征良著 | トップページ | 新日本フィル定期演奏会(BlogPet) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

そう言えば、人魚姫もマッチ売りの少女も
悲しい結末でしたよね。
望まないで生きるよりも、望みを抱いて生きる事の方が、夢を抱きながら生きる方が
人生を輝かせるものにすると思います。
大望でなくても、それがたとえささやかな夢であっても、持ち続けていたいですよね。
人は何かを求めて止まないってところに
生きている価値があるような気がするの。
そういう風に考える年代になっているって
ことでしょうか。

みどりさん、こんばんは!
何も望まないで生きるなんて出来ないものね。たとえそれが、自分には無理で分不相応だったとしても、やっぱり夢があるからがんばれるんだものね。人魚姫だって、幸せだったんじゃないか・・・と思ったりしております。東京マラソンにはエントリーしたのかな?

東京マラソン、エントリーしたんだけど
応募者多数の場合、抽選になっちゃうんですよね。 
くじ運に賭けてます。
きっと、当日は東京の皆様には交通規制などで、なにかとご迷惑もかけちゃうのかな。
市民ランナーたちの夢のために、ちょっとの
しわ寄せ、お許し下さいね!(^^;)

みどりさん、こんばんは。
抽選に当たると良いですね。2月ですよね。東京は結構寒い時期だわね。頑張ってね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/10740146

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンデルセン・プロジェクト』:

« 『蒼いみち』小澤征良著 | トップページ | 新日本フィル定期演奏会(BlogPet) »

フォト