« 色づく紫陽花 | トップページ | 『トランスポーター2』 »

2006/06/03

『クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル』(2)

5月20日の演奏を聞いた後、何故だか「どうしてももう一度聞かなければ・・・」という気持ちがどんどん大きくなって、偶然、行けなくなった方からチケットをお譲り頂く事ができました。ありがとうございます。
 ♪モーツァルト:ピアノ・ソナタハ長調K330
 ♪ラヴェル:高雅にして感傷的な円舞曲
 ♪ショパン:バラード第4番ヘ短調op.52
 ♪ショパン:4つのマズルカop.24
 ♪ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」

今日のモーツァルトは、とても丁寧に丁寧に深く深く弾いているような感じでした。その後のラヴェルは、弾けるように、そしてショパンは、美しく・・・本当に細胞1つ1つに染み渡ってくるような演奏でした。でも何かがひっかかる、日本ツァーも1ヶ月たち疲れもたまってきたのかなぁ・・・とちょっとばかり心配してしまいました。ところが休憩後、彼は、紙を手に握って舞台中央へ。楽譜にしては薄いなぁ?と思っていた所、スピーチが始まったのです。30年くらいクラシックの演奏会に行っているけれど、こんな事は初めてでした。

「日本の皆様こんばんは・・・」と日本語で始まったそのスピーチは、最後まで一言一言丁寧に日本語で語られました。ジャパンアーツのブログにもあるように、戦争に参加した日本をとても残念に思ったこと、そしてその事に反対した人達に敬意をもってこの演奏を捧げたいという事をおっしゃっていました。

一番印象的だったのは、「人間同士の事は愛情をもって解決しなければなりません。武器をもっては解決できないのです。」との言葉でした。会場からは、拍手がわき上がりました。その後の演奏は、あふれ出てくるものを、ギリギリの所でコントロールするような迫力がありました。すべての事柄に対して、深く暖かい愛情をもって接することこそが、彼の姿勢なのだと感じました。音楽も、家族にも、聴衆にも、そしてピアノにも・・・。彼はきっと、ピアノを弾くために生まれてきたのではなく、ピアノを弾くことで何かを伝える為に生まれてきたのかもしれません。本当に昨夜の演奏会に行けて良かったと思います。忘れられないショパンのソナタ「葬送」です。

 ♪5月20日の演奏会
 ♪新聞評など読んで

« 色づく紫陽花 | トップページ | 『トランスポーター2』 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

日本語でそんなスピーチがあったのですか!
彼の強い思いの込められた演奏は言葉で表せないくらい素晴らしいものだったでしょうね。

バラードさん、こんにちは!
そうなんですよ、全部日本語で、「日本は親しい友達だからこそ、時には言わなければならないこともある」とおっしゃってました。演奏も素晴らしいというかすごかったです。ショパンの「葬送」は忘れないと思います。

こんにちは。
突然のスピーチには少々びっくりしましたが(スピーチの内容自体は記者会見等を見聞きしてたので驚きませんでしたが)、深く物事を考えて、いろいろなことに真摯に、そして愛情豊かに接する彼の人柄がよく伝わってきたように思います。
彼の思いの深さがうかがえる素晴らしいコンサートでしたね。あの葬送ソナタの素晴らしさは、本当に「生きてて良かった…」と思ったほどでした。

青猫さん、こんばんは!
本当にあの葬送ソナタは、忘れられません。渾身の演奏・・・と言葉にするのも申し訳ないような気持ちです。ただ、彼は「愛情をもつことの大切さ」を言いたかったのだと思います。

こんにちは!
'クラシックが好きだ'からやってまいりました。よろしくお願いします。
私も本日、所沢にてツィメルマンのコンサートに行って参りました!素晴らしかったです。
ラヴェルもあの不協和音の嵐がこんなにも優雅に変貌してしまうなんて!そして私の大好きなショパンも完璧なバラ4番。ソナタも時々ありがちな'濁り'もなく、すごいペダリングテクですよね!
ほんとうにお腹いっぱいの演奏でした。
今日はツィメルマンのCDを聴きながら余韻に浸りたいと思います。
また時々遊びに参ります♪ あこ

acoさん、こんばんは!考えてみれば、ツィメルマンさんは、1ヶ月以上も日本でツァーしてらしたんですよね。この湿気の多い日本で、ピアノを維持することだって、きっとご苦労が多かったでしょうね。それでも本当にきれいで暖かくて、1音1音が輝いていますよね。忘れられない音色、そして演奏です。

初めまして♪
先日、TBさせていただきました。私のブログにもTBしてくださり、どうもありがとうございました。
ツィメルマンの演奏、素晴らしかったですね。本当に色んな事を感じながら聴いていました。私も6月2日のサントリーホールのも聴きに行きたかったのですが、完売でチケットが取れなかったので、所沢に聴きに出かけました。ツアーの最終日だから、どんな演奏になるのだろう、と思っていましたが、あんな演奏を聴けたなんて、幸せです。

それから、HPのほうも興味深く、拝見致しました。音楽だけでなく、映画などもお好きなんですね!また、時々見せて頂きます☆

Yokoさんこんばんは!
ツィメルマンの演奏は、本当に心が洗われるような音の連続で、震えるような感じがしました。HPの方は、ちっとも更新していなくて・・・。少し書き込まなくてはと思っているのですが、いつもブログですませてしまってるんです。私もまたおじゃまさせて頂きます。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/10375316

この記事へのトラックバック一覧です: 『クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル』(2):

» クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル 2006年公演 in サントリーホール ② [英語めぐり]
一体どれだけ言葉を尽くしたらあの素晴らしさを伝えられるのか、甚だ心もとないのだけ [続きを読む]

» クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル [ピアノの小部屋 ☆*:☆*:・’゜ 〜毎日を幸せに A Message for You 〜 ]
昨日、クリスチャン・ツィメルマンのピアノリサイタルを聴きに行きました。 [続きを読む]

« 色づく紫陽花 | トップページ | 『トランスポーター2』 »

フォト