« 恋愛アンソロジー LOVERS | トップページ | 『あさりど2006 なんでそうならないの?』 »

2006/05/20

『クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル』

チェルカスキー、ルドルフ・ゼルキン、そしてツィメルマン。大好きな3人のピアニスト。最初のお二人はもうすでに旅立たれていますが、ツィメルマンからは、瑞々しくて素晴らしいピアノを聴かせてもらえました。
 ♪モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 K.330
 ♪ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番ハ短調 op.13 「悲愴」
 ♪ショパン:バラード第4番へ短調op.52
 ♪ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
 ♪バツェヴィッチ(ポーランドの女流作曲家):ピアノ・ソナタ第2番
 ♪アンコール/ガーシュイン:3つのプレリュード(全3曲)
どんな言葉にもたとえられないけれど、最初の一音から細胞(頭の先から足の先まで)に染み渡ってくるような、優しくて、美しくて、暖かくて・・・涙が出るようなピアノの音です。先日聴いたキーシンは何かが降りてきたような、若さも溢れる天才的なひらめきのある演奏なんですが、ツィメルマンはもっと質が違って、彼を取り巻くすべての空間から、見えない力をすぅっと吸い取って、そうしてそれが彼を通して美しい音となってこぼれ溢れてくるような感じがします。ツィメルマンの中に天使が居るのかも・・・。気が付けば、キラキラと美しい音が、ホールの隅々まで届きわたっているんです。今夜は、心洗われるような、幸せな時間でした。
カメラが3台ほど入っていましたが、どこかで放送されるのかなぁ。アンコールが終わった後、もうこれで最後ですよ、みたいな感じで、ステージ上のカメラを笑いながらのぞいてました。モニターチェックしたら、ドアップでしょう。(笑)
 ♪6月2日の演奏会  ♪新聞評など読んで
★おすすめCDです。

ショパン:バラード.幻想曲
ショパン:バラード.幻想曲ツィマーマン(クリスティアン) ショパン

ポリドール 1991-05-25
売り上げランキング : 161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラフマニノフ シューベルト:4つの即興曲 リスト:ピアノ協奏曲第1&2番 ショパン/ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11 ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番

« 恋愛アンソロジー LOVERS | トップページ | 『あさりど2006 なんでそうならないの?』 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、初めてお邪魔いたします。
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきますね。

アンコールのガーシュイン3曲がなんとも羨ましい(^^)。

ツィメルマンの演奏というのは、閃きとか天才的な感性という雰囲気とはちょっと違いますよね。私は、ツィメルマンの音楽には、自然な音楽の流れを感じます。その自然さというのは、まさに音楽が生まれ出る瞬間を目の当たりにしているような感じでしょうか。

カメラといえば、彼の演奏が映像になるなんて滅多に無いことなので、是非是非放映して欲しいですね(^^)。NHKさん、頑張って~(笑)!

青猫さん、ありがとうございます。
>まさに音楽が生まれ出る瞬間
本当に幸せな瞬間ですね。キラキラと音が輝いて生まれてくるような感じでしょうか。サントリーホールでは、2回ともカメラが入っていました。でももしかしたら、ご自分の記録用だったりしてね。舞台に1台無人のカメラが設置してあったのですが、20日は、最後に自分で覗いていました。お茶目ですよね。だから、「孤高のピアニスト」と言われたりするけれど、本当は全然違うと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/10197440

この記事へのトラックバック一覧です: 『クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル』:

» クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル 2006年公演 in 東京文化会館 [英語めぐり]
5月21日(日)、東京文化会館にて。お髭氏雨男疑惑を振り払うような、良いお天気に [続きを読む]

« 恋愛アンソロジー LOVERS | トップページ | 『あさりど2006 なんでそうならないの?』 »

フォト