« さて、いったい何だったのか? | トップページ | 小澤征爾さんの誠心誠意 »

2006/04/26

エフゲニー・キーシンピアノリサイタル

今夜はサントリーホールで、エフゲニー・キーシンの素晴らしいピアノを聞いてきました。ずっと聞きたかったけれど、なかなかタイミングが合わなくて、CDでの音だけだったのですが、なんと言ったらいいのでしょう。良い意味で毒があるような演奏でした。ジワジワとその毒がまわってくるのが嬉しくなるような。前半はベートーヴェンのピアノソナタ2曲、後半はショパンのスケルツォ4曲。というプログラム構成にも驚かされましたが、私にとっては、ずぅっと耳に慣れ親しんできたルドルフ・ゼルキンのベートーヴェンがあるので、同じ楽譜からこういう音が連なってくるのねぇ・・・とびっくり。ショパンもまたしかり。とても骨太でありながら、繊細な音楽・・・う~ん、言葉にすると安っぽくなっちゃうなぁ。とにかく、ピアノの前に座ったとたん、何かが降りてきたとでもいうような演奏、こういう人を天才と言うのでしょうね。アンコールは7曲。その中のモーツァルトのトルコ行進曲は、一音一音がはっきりとしているのに、流れがとまることなく、何かが注ぎ込まれていくようなすごい演奏でした。1時間もアンコール曲を弾いてくれて、そのほとばしるエネルギーに、聞いている私も頭の先から徐々にストレスがはき出されていくような感じがしました。

« さて、いったい何だったのか? | トップページ | 小澤征爾さんの誠心誠意 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
「何かが降りてきた」というのは全く同感です。
特に奇抜な演奏でもなく楽譜に忠実に弾いているのに、今まで聴きなれた演奏とは違って聴こえるのが不思議です。

良かったですね~
ゆっくりと魂を休める時間って必要ですよね~~~
今、私も素晴らしいピアノを聞きたい気分です。。

バラードさん、いらしてくださってありがとうございます。本当に耳に響くよりも先に、何かが見えるような感じがありました。5年後、10年後のキーシンを聴いてみたいです。
はまゆうさん、こんばんは!
ちょっと昼間会社で重たい事があったので、エネルギーをもらえたような気がします。魂も幸せにしてあげなくちゃね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/9781745

この記事へのトラックバック一覧です: エフゲニー・キーシンピアノリサイタル:

« さて、いったい何だったのか? | トップページ | 小澤征爾さんの誠心誠意 »

フォト