« エフゲニー・キーシンピアノリサイタル | トップページ | 私の誠心誠意・・・う~む »

2006/04/30

小澤征爾さんの誠心誠意

誠心誠意、人に何かを伝えることがこんなに画面を通してドクドクと流れてくるなんて・・・。今日放送されたNHKBSでの『小澤征爾教育ドキュメント 中国と結ぶ「終生の絆」』は、昨年行われた「音楽塾」の中国でのリハーサルから本番までのドキュメンタリーでしたが、見ているこちら側も、疲労するほどにエネルギーが溢れていました。ただ、それは感動もしましたが、今の世の中の物質的に恵まれた中にある空虚に気づかずに、日々を送っている若者達を見て、10年後、20年後の世の中がどんな風になっているのかを想像することの恐ろしさでもありました。
一人っ子政策で、欲しなくても何もかもが与えられて育ってきた中国の若者達。音大に進み、ソロとしての技術は磨かれたものの、オーケストラで合奏する、人と合わせて弾くということが、ひどく苦手なのですが、リハーサル中にも真剣味のない若者達に対して、小澤さんは声をからすほどの練習の後、ひどく落胆するのですが、「私の個人的な人生の重みを分かって欲しい」と、中国人の若い音大生に語りかけるのです。ベートーヴェンを知らない人にベートーヴェンを教えるのは、赤い色を知らない人に、赤ってこんな色なんだよと教えるくらい途方もないことのようにも見えました。けれど、「朱に交われば赤くなる」という諺がありますが、実にたった1人の朱が、若い学生達を赤く染めていくようなリハーサル風景は、小澤征爾さんの「誠心誠意」が溢れて突き刺してくるような迫力でした。途中から加わったサイトウキネンなどでもおなじみの演奏家達も、「合わせること、聴き合うこと」の大切さを必死に伝えていましたが、昨年のオペラ塾の裏側がこんなに大変だったなんて・・・。でもあのオペラは例年に比べてちょっと「?」な演奏だったので、理由はなんとなく分かりましたが、淋しい気持ちがします。
中国に限らず、日本だって、たくさんの食べ物、便利な機械、溢れる情報・・・等の中で、今さらハングリーにならなくても充分暮らしていけるのは同じこと。もはや「ハングリー精神」なんて言葉も、なんですか?なんて聞かれてしまいそうですから、誠心誠意とか一生懸命になることが減っていってしまうのかもしれません。そう考えるととても恐いなぁと思います。

« エフゲニー・キーシンピアノリサイタル | トップページ | 私の誠心誠意・・・う~む »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。遅いコメントですが…。
先日、遅ればせながらこの番組を見ました。
いやー、最初の方、あまりの合ってなくて思わず笑ってしまいました。いくら超エリート音大生=ソロ命(+一人っ子で協調性が無い)っていったって、あれはいくらなんでもひどい…(^^;)。必死にリハをする小澤さん、自分の声、思いの届かなさ加減に、内心地団駄を踏んでらしたことでしょう。
でも、彼が懸命に学生に訴えかける姿は、とてつもないエネルギーに溢れてて、本当にこの人は全身全霊をかけて音楽に対峙するし、人にも向き合うのだな、と感動しました。中国人学生たちにも(多い少ないの差はあるでしょうけれど)小澤さんの心は届いたんじゃないでしょうか。まぁ、あれで届かかったら何をやっても駄目でしょうが。。。

小澤さんには体を少し労わっていただきたいものですが、でもまたハードスケジュールになっちゃってるんですよね(^^;)。

青猫さん、こんばんは!あの番組見るとびっくりしますよね。あれだけ合わないオケもなかなか聞けないですよね。先週の「復活」もそうだったんですよ。小澤さんの本気は絶対に皆に届いたと思うけれど、あれを今年もやっていたのかと思うと、病み上がりの体力を考えたら、なんとも複雑な気持ちになりました。来年は「カルメン」だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/9837208

この記事へのトラックバック一覧です: 小澤征爾さんの誠心誠意:

« エフゲニー・キーシンピアノリサイタル | トップページ | 私の誠心誠意・・・う~む »

フォト