« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

小澤征爾さんの誠心誠意

誠心誠意、人に何かを伝えることがこんなに画面を通してドクドクと流れてくるなんて・・・。今日放送されたNHKBSでの『小澤征爾教育ドキュメント 中国と結ぶ「終生の絆」』は、昨年行われた「音楽塾」の中国でのリハーサルから本番までのドキュメンタリーでしたが、見ているこちら側も、疲労するほどにエネルギーが溢れていました。ただ、それは感動もしましたが、今の世の中の物質的に恵まれた中にある空虚に気づかずに、日々を送っている若者達を見て、10年後、20年後の世の中がどんな風になっているのかを想像することの恐ろしさでもありました。
一人っ子政策で、欲しなくても何もかもが与えられて育ってきた中国の若者達。音大に進み、ソロとしての技術は磨かれたものの、オーケストラで合奏する、人と合わせて弾くということが、ひどく苦手なのですが、リハーサル中にも真剣味のない若者達に対して、小澤さんは声をからすほどの練習の後、ひどく落胆するのですが、「私の個人的な人生の重みを分かって欲しい」と、中国人の若い音大生に語りかけるのです。ベートーヴェンを知らない人にベートーヴェンを教えるのは、赤い色を知らない人に、赤ってこんな色なんだよと教えるくらい途方もないことのようにも見えました。けれど、「朱に交われば赤くなる」という諺がありますが、実にたった1人の朱が、若い学生達を赤く染めていくようなリハーサル風景は、小澤征爾さんの「誠心誠意」が溢れて突き刺してくるような迫力でした。途中から加わったサイトウキネンなどでもおなじみの演奏家達も、「合わせること、聴き合うこと」の大切さを必死に伝えていましたが、昨年のオペラ塾の裏側がこんなに大変だったなんて・・・。でもあのオペラは例年に比べてちょっと「?」な演奏だったので、理由はなんとなく分かりましたが、淋しい気持ちがします。
中国に限らず、日本だって、たくさんの食べ物、便利な機械、溢れる情報・・・等の中で、今さらハングリーにならなくても充分暮らしていけるのは同じこと。もはや「ハングリー精神」なんて言葉も、なんですか?なんて聞かれてしまいそうですから、誠心誠意とか一生懸命になることが減っていってしまうのかもしれません。そう考えるととても恐いなぁと思います。

2006/04/26

エフゲニー・キーシンピアノリサイタル

今夜はサントリーホールで、エフゲニー・キーシンの素晴らしいピアノを聞いてきました。ずっと聞きたかったけれど、なかなかタイミングが合わなくて、CDでの音だけだったのですが、なんと言ったらいいのでしょう。良い意味で毒があるような演奏でした。ジワジワとその毒がまわってくるのが嬉しくなるような。前半はベートーヴェンのピアノソナタ2曲、後半はショパンのスケルツォ4曲。というプログラム構成にも驚かされましたが、私にとっては、ずぅっと耳に慣れ親しんできたルドルフ・ゼルキンのベートーヴェンがあるので、同じ楽譜からこういう音が連なってくるのねぇ・・・とびっくり。ショパンもまたしかり。とても骨太でありながら、繊細な音楽・・・う~ん、言葉にすると安っぽくなっちゃうなぁ。とにかく、ピアノの前に座ったとたん、何かが降りてきたとでもいうような演奏、こういう人を天才と言うのでしょうね。アンコールは7曲。その中のモーツァルトのトルコ行進曲は、一音一音がはっきりとしているのに、流れがとまることなく、何かが注ぎ込まれていくようなすごい演奏でした。1時間もアンコール曲を弾いてくれて、そのほとばしるエネルギーに、聞いている私も頭の先から徐々にストレスがはき出されていくような感じがしました。

2006/04/25

さて、いったい何だったのか?

年とともに脳も硬くなり、記憶力も低下していくのは、仕方ないといえば仕方ないけれど、そういう物忘れで、困ったことがお起きないように、なるべくメモしなくちゃ・・・と思っていたにもかかわらず、2週間くらい前から気になっていたカレンダーの○印。何故か25日に○がついていました。そして、自分で○をつけた事は覚えているのに、しかも電話をかけながら○を書いたことまで覚えているのに、肝心な用事が思い出せないのでありました。仕事が終わる時間まで、スリルとサスペンス!いったい何を忘れているのだろう?「あっ!」と手をたたくことが起きるのだろうか?だがしかし・・・何も起きずに一日終わってしまいました。そんな今日は雷記念日です。

2006/04/23

芋焼酎 『不二才 はい』

060102i25_1
春の季節限定出荷『不二才 はい』です。アルコール度数30%で、白麹ですっきりとしていますが、強い、どっしりといった感じです。普通の不二才(ぶにせ)を濾過しないで製品にしたものだそうです。佐多宗二商店の焼酎はどれも美味しいです。つまみが、揚げ物でも合います。それくらいスッキリしてる感じです。

2006/04/21

ピンクのマーガレット

ピンクのマーガレットが咲きました!去年、鉢植えで買って楽しんだのですが、花の季節がおわった後は、切り戻して、一回り大きめの鉢に植え替えておきました。そうした所、冬の間も葉っぱは緑のままでした。そして春になり、葉や茎も一回り大きく伸びて成長し、だんだんと蕾みがふくらんでいき、ようやく咲きました。年を越してまた咲いてくれるなんて、嬉しいなぁ。
06041903
06041904

2006/04/19

半熟フロマージュ

06041919sブールミッシュの半熟フロマージュです。上が柔らかめのベイクドチーズケーキ、下がクリームブリュレのような感じで、美味しいです。ブールミッシュはその昔、公園通り、パルコのある角をちょっと右に下がった所にあって、何度も何度も通っては、いろんなケーキを食べたり買って帰ったりしていました。HPを見たら、1973年3月3日に渋谷店がオープンしたとあります。懐かしい渋谷店の中の写真がアップされていました。最初に食べたのはいつだろう?20年以上前だなぁ。私にとっての美味しいケーキの原点の1つです。もう1つの原点は、神保町の柏水堂かな。

2006/04/18

オキザリス

06031803
去年、わりと早く枯れてしまって残念に思っていたオキザリス。なんと咲きました。同じ土を「土が生き返る」という土と混ぜたりして何度も使っているので、種や根が残っていたりするのでしょうか?突然、鉢植えの端の方から意外な草花が育って咲いたりする事があって、びっくりするやら嬉しいやら。自然の力って本当にすごく強いんですね。春になるとちゃんと目が覚めるんですものね。こっちは春眠暁を・・・でありますが。

2006/04/17

男前豆腐店『やっこ野郎』

06041103
先週食べました。これもなかなか濃厚です。最近は、見つけるとつい買ってしまう男前豆腐店の豆腐。今、HPを見に行ったら、商品の種類がずいぶん増えてました。売れてるんでしょうね。納豆もあるみたいだから、見つけたら買ってみよう。

2006/04/16

『Mr.&Mrs スミス』やっとすっきり!

DVDがレンタル開始になったので見ました。ようやくスッキリ!というのも、昨年の秋に飛行機の中で見たのだけれど、なんと最後10分くらいのあたりで、機長からのアナウンスだったか何かがはいって、画面はバチンと切られ、再開した時にはエンディング・・・あれ?最後どうなったの?どうなって落ち着いた訳?と一番肝心な所が分からずじまいで、なんとなく気になってました。で、今回解決!テンポの早い展開で、それなり楽しめる映画です。

2006/04/15

狂犬病の予防注射

06040223
今日は、ケリーの予防注射。
病院に入ったとたん、ブルブルと震えだして、診察台の上でもブルブル。ずぅっとブルブルしているうちに、注射があっという間に終わって帰ってきましたが、GW明けには、フィラリアの血液検査をしてから薬をもらいにいかなければなりません。もうフィラリアの季節なのね。1年は早いなぁ。ケリーはちょっと太り気味で、「くびれがないですねぇ」と言われました。ワンコのくびれって・・・。たしかにぷくぷくしているなぁ。あはは。いや、笑い事じゃないわ、飼い主と一緒にダイエットしなくっちゃね。

2006/04/10

春と冬の間で

06040115
暖かくなったかなぁと思うと、また寒さがやってきて、春と冬が同居しているような毎日ですが、それでもやはり一雨ごとに暖かくなってなぁと感じます。スギ花粉は気まぐれに飛んでいるので、薬はまだまだ飲み続けなければならないかな。オフィスが移転して、通勤経路も変わり、まだまだ慣れません。乗り換え駅では、次の乗り換えにそなえて、一番後ろから前方までホームを歩くのですが、たいがい途中で電車が来てしまうので、一駅ずつ止まるたびに、前へ前へと移動しております。帰りもまたしかり。後ろの方で乗って、前へ前へと移動。そんな訳で、最近はあまり本が読めなくなりました。今夜は雨、明日はもっと降るらしい。雨の通勤はイヤだなぁ・・・。

2006/04/09

ケリーは2歳になりました。(BlogPet)

きょうはここまでYoshimiとblogされた!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Melody」が書きました。

2006/04/07

芋焼酎 赤霧島

Akakirishima
やっと手に入れました。赤霧島!
3月の末に出荷されたそうです。あっちこっちさがして見つけたのは、地元でした。灯台もと暗し!!(笑)
まろやかで甘みがあって、美味しいです。
霧島酒造

2006/04/04

芋焼酎 心水

060102i32_1
芋焼酎の心水です。「もとみ」と読みます。芋の甘みもあり、やわらかい感じのする味で、なかなか美味しいと思います。松露酒造なんですね。松露104はとても美味しかったし、松露の黒麹も美味しかったので、きっとこの松露酒造のものは、他の焼酎も美味しいのでしょう。

2006/04/02

ケリーは2歳になりました。

06040205
4月1日で、ケリーは2歳になりました。ますますヤンチャで、とんでもなく面白い子です。あはは。
06040105
満開の桜はやっぱり惹かれます。1日に父のお墓参りに行ったところ、近くの桜の木が満開で、うすいピンク色の花びらが、フワフワと美しく舞っていました。ケリーは、花びらと遊ぶのに忙しく・・・と思ったら、なんと花びら食べてました・・・。まったくなぁ。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

フォト