« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/28

便利?不便です。

今年合併して長い名前になった銀行のキャッシュコーナー・・・。合併する前から思っておりましたが、不便です。キャッシュカードと通帳を入れてお金をおろすと、困った事にお金、通帳、カードが同時に出ます。こんな世の中ですものね。どれから手に取れば良いのでしょう・・・。
3つ同時になんて取れませんからね。1つずつ取ってると、ピーピー鳴るんです、音がね。取り忘れがあるっていう合図なんですが、そんな事言われたって、3ついっぺんに取れませんよぉ!と機械に言ってやりたくなります。その上、いつもコートの袖口がタッチパネルにさわってしまうので、必ず最初に英語になっちゃうんです。ウエルカム!って言われてもね・・・。

2006/02/26

芋焼酎 坐忘

060102i06
これは美味しいです。芋焼酎『坐忘』はアルコール度数30度、黒麹です。お湯で割っても、水で割ってもどっちでも美味しいです。ロックで飲めるほどお酒に強くはないので、冬はたいがいお湯割りですが、お芋と黒麹の甘い香りも楽しめます。ネットで検索してみると、なかなか高額のようですが、ウチは品揃えの良い酒屋さんを3軒見つけることができて、定価で購入しております。

ナルニア国物語

先行レイトショーで見てきましたぁ。長かった。CGの製作がロード・オブ・ザ・リングと同じWETAという事で、目新しいことはもう無かったです。原作を読んでいないので、ライオンの王であるアスランの背景など、分からないことばかりなので、ワクワクまでは感じられなかったので、やっぱり原作読もうかなぁと思ったりしております。

2006/02/22

資料は減らない、ゆとりも増えない。

オフィスの移転の日がせまってきているけれど、荷造りがいっこうに進まない。仕事しながらだから、段ボール箱に詰められない書類も多く、気にはなっていてもどうしようもないかな、と、どこか開き直っておりますが・・・それにしても、数年前、Win95の普及で、会社にも急速にパソコンが導入され、数台だったPCも今や1人1台にせまる勢いになっている。たくさんコピーしていた資料も「デジタルになれば、これ1枚」とフロッピーをありがたく思っていたのももう昔。データの種類は多岐にわたり、サイズも大きく、MOだCDだDVDだと、増える一方。紙の資料も減らないし、あらためて考えてみると、本当に便利になったのかしら?なんだか、パソコンやネットのおかげで短縮できた作業も、結局は、距離が離れている取引先や出張先でさえ、データがすぐに確認できて、時間が短縮できても、ゆとりどころか、昔以上の仕事量になったような気がするなぁ。

2006/02/20

ミネラルウォーター

06022003
今日は、朝から山手線が完全にストップで、埼京線、銀座線、千代田線と乗り継いで会社まで・・・。埼京線とりんかい線と湘南ラインと、何がなんだか分からないホームで、自分の乗りたい電車はどれ?としばし考え込んでしまいました。昔だったら、電車の色が違ってすぐに分かったのになぁ・・・。で、このメトロミントというミネラルウォーターは乗り換えた表参道の紀伊国屋で買いました。ボトルがきれいで、思わず手にとったのですが、色違いのブルーはペパーミント、こちらのグリーンはスペアミントです。ちょっと甘みのあるミントで美味しかったぁ。癖になりそうだけど、近所では見かけないなぁ。

2006/02/19

花の植え替えいろいろ・・・。

06021856ビオラにもいろいろな種類があって、垂れ下がるようにふさふさ咲き続けるものもあれば、グランドカバーのように、葉っぱが密集していて花の長さもそんなに高くならずに、こんもり咲くものもあるんですねぇ。06021859それを知らずに、ハンギングバスケットに、別の2種類のビオラを植えていたので、こんもり系を別の鉢に移しました。その後に植えたビオラ3種類。白の花びらの縁が、うっすらと紫でかわいらしいです。その他にもパンジーやイベリスやミニバラの苗を植えたので、育つのが楽しみです。
06021857あまり面倒見が良いとは言えないけれど、それでも太陽と水のおかげで、すくすくと育っていく花を見ると、あらためて「自然の力」のすごさを感じます。命のあるものは、たとえ環境があまり良くなくても、生きようとするエネルギーが備わっているのかも。そう考えると、自分にもそんな力がどこかにあるんじゃないかって気がしてくるから不思議です。

2006/02/18

アイスクリーム

06021802
セブンイレブンで買いました。チョコレートがけのイチゴアイスです。チョコレートもしっかりした味だし、アイスクリームもそれほど甘くないので、なかなか美味しいです。
06021704s下のお菓子は、シンガポールに住む友人が送ってくれたもの。たぶんサンザシの実を練り込んだものです。食感はのし梅のような感じかな。半生のような柔らかさで、甘酸っぱいお菓子です。日本語だと「山査子」だけれど、Shan Zha Shuになってますね。

2006/02/16

新日本フィル定期演奏会

今夜はサントリーホールで、新日本フィルの定期演奏会。シュニトケ:ピアノと弦楽の協奏曲、ロット:交響曲 ホ長調という初めて聞くプログラム。指揮 クリスティアン・アルミンク、シュニトケのピアノは、クリストファー・ヒンターフーバーという若いピアニストでした。シュニトケの方は、できあがっていく音楽をたえず壊していくような曲、ロットの方は、山を登り、もう少しで頂上かもしれない、と言うときに降りて来ちゃうような、長~いトンネルで出口が見えない曲・・・でした。それにしても、曲調はどちらもフラストレーションがたまるのに、演奏がとても良かったと思います。指揮のアルミンクとオーケストラの絆が深まってきたからかも・・・。なんというかホール全体の雰囲気がとてもやわらかくて良いんですよね。7~8割の観客でしたけれど、きっと満足して帰宅した人が多かったと思います。ピアノのアンコール、バッハのフランス組曲第2番サラバンドも、素敵な演奏でした。ここのところ仕事も忙しく頭も肩もパンパンに張ってる感じだったので、ちょっとほぐれた感じです。

2006/02/15

ピアノの森

スポーツクラブからの帰りに、コンビニに寄ったら、明日発売のモーニングがありました。まだ、紐もかかったままビニールに包まれているのを発見!!!わがまま言って買ってきました。先週「ピアノの森」は休載だったので、待ち遠しかったぁ!ただいまショパンコンクール真っ最中、だけれど、何故か気になるエピソードがぁ・・・。なんて漫画ばかり読んでいる訳でもないのですが、やっぱり物語の起伏とか登場人物の心情とか、漫画ってすごいと思うんですよね。思い起こせば、大学生くらいから漫画は読んだ記憶がないのだけれど、最近は面白い漫画にいっぱい出逢って、あらためてはまってます。音楽ものとしては、「ピアノの森」と「のだめカンタービレ」かな。後は、今度映画化される「DEATH NOTE」やジャンプの漫画、「ヒカルの碁」も面白かったし、ヤンマガの「×××Holic」も面白いです。こうしてみると、けっこう読んでるなぁ。でも、今、通勤途中で読んでいるのは、今さら~・・・の「電車男」なのでした。

2006/02/14

大分の麦焼酎

060102i03


大分麦焼酎「円熟麹屋」。美味しいので、ちょっと飲んでみて、と夫が知り合いに渡された麦焼酎。赤い和紙に包まれて雰囲気のあるボトルです。ずっと芋焼酎ばかり飲んでいると、麦はちょっと違和感がありましたが、美味しかったです。

2006/02/13

今週はgoogleが楽しい!

トリノ冬季五輪が始まり、先週末からgoogleトップのロゴが毎日変わっていくので楽しいです。そう言えば、昨年のクリスマスの頃、毎日少しずつロゴが変化していくのだけど、どういう意味があるのかちっとも分からなかったっけなぁ。ネズミと猫がロゴの間から窓を開いて表に出てきて作業しているのが、毎日アップされていたけれど、作業の内容が分からなくてとても気になったので、12/25にもサイトを見たら、なんとgoogleのロゴそのものがライティングされていて、実はネズミと猫が短い電源コードに悩んで自家発電を思いついたという事がやっと分かったのでした。『Holiday Logos』ここを見るとその他にも楽しいロゴがいっぱいあります。

2006/02/12

日光の滝は凍って・・・。

06021010
金曜日に日光まで行って来ました。日光山の中にある輪王寺に御札をお返しに行って参りました。輪王寺には、鬼門よけの御札があるんです。たしかこのあたりは江戸の鬼門ですよね。画像は東照宮の石鳥居を抜けてすぐの左手にある、五重塔。まだまだ雪が残っていました。
06021013
裏見の滝です。水が勢いよく落ちてくる所と、すっかり凍っているところとありました。滝の入り口からさほど離れていないけれど、道も所々凍っていて、泥と氷でツルッと行くし、木で出来た階段も雪の下には氷でやっぱりツルッと行きます・・・。それでもなんとか奥まで行ってきました。以前は裏にも道があって、滝を眺めることが出来たので裏見の滝と言ったそうです。今は岩石でその道も埋まったそうですが、たしかに岩肌があちらこちら出っ張っていて、自然の力強さと怖さが同居している場所でした。

ちょっと早いけど・・・チョコがけイチゴ(BlogPet)

ほんとうは、Yoshimiは
ゼラニウムを作るすべての人の想いが溶け合っていくようなコンサートツアーなのかもしれ...
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Melody」が書きました。

2006/02/08

ちょっと早いけど・・・チョコがけイチゴ

千疋屋のチョコレートがけイチゴ。さすが千疋屋!イチゴが美味しかったです。チョコレートよりイチゴの味の方がはっきりしてました。毎年、どこのチョコレートにしようかなぁ・・・と夫の好みよりも自分が食べたいものを探す私でありました。えへへ。
0602080306020807

2006/02/07

ジュリアン

06012113
春までずっと咲き続けてくれるので、この時期には必ず買ってきます。今年は黄色と濃いピンクを買ってきました。
夜中に降った雪は、出勤する道にはほとんど残っていなかったけれど、会社に行ってびっくり!ビルの8階から見える家々の屋根は、白一色!けっこう降ったんだなぁと初めて分かりました。

2006/02/05

またまたASKAソロ・・・in静岡

ステージを作るすべての人の想いが溶け合っていくようなコンサートツアーなのかもしれないなぁ・・・と金曜日に行った静岡で感じました。お互いのエネルギーがまた新しいパワーを発揮する、それこそが共同で作り上げる、やり遂げることの素晴らしさなのかな。そういう目に見えない「力」が、ステージから溢れて飛んでくるような熱のあるコンサートって、幸せを感じる。がしかし、最前列の席の前にロープがはられていました。そしてそのロープを持っているのは、イベンターのアルバイト数名。なんと失礼なことに、ロープを持ちながら寝ているのです。中には爆睡状態で、ガクンと頭が落ちてロープを手放してる子もいました。コンサート始まって、歌も次々披露されていく中、イベンター側が寝ているってどういう神経なんでしょうね・・・。天文学的な確率の奇跡で、最前列だった私はやっぱりステージ上を見上げつつも目の前で爆睡されていると、気にするなと言われても気になる。コンサート会場は、照明が落ちてASKAさんの声が響き渡った瞬間から、ファンにとっては夢の空間だと思う。だって、チケット買った時からずっとずっと楽しみにしているんですから。いくらなんでも失礼だと思う。前半のMCで「起きてますかぁ?寝てる人・・・」なんていう会場をわかせてくれるASKAさんの言葉があるんですが、その時前列の何人かがいっせいに、ロープ持ちつつ寝ている人を指さしたんです。みんなやっぱり気になってたのよね。とくに爆睡していたのは1人だけど、他の子も何人かは寝ていました。イベンターだって、夢を売る商売でしょう。たとえバイトの子だとしても、ぶかぶかのスーツを着せるだけじゃなくて、心構えも話して聞かせてほしいと思う。寝ていた子達は午後9時頃に、全員が大人のスタッフと交代してたので、きっと高校生くらいのバイトなんだろうなぁ・・・。なんだかなぁ。

2006/02/04

ゼラニウム

051217f07
赤いゼラニウムがずぅっと元気に咲いていたのですが、何故だかた突然枯れてしまいました。(×_×)残念。あらたにピンクとオレンジの間のような色合いのゼラニウムを買ってきました。順調に育っています。ゼラニウムには強い香りがあるので、虫よけとか言われることもありますが、たしかに、なんとも言えない匂いがあります。花は次々に咲いて、楽しませてくれるんですけれど・・・。

2006/02/02

小澤征爾さん年内キャンセル

やはり、療養が必要という事で、年内のウィーン国立歌劇場でのコンサートはお休みすることになったと発表がありましたね。それから東京オペラの森も。残念ではあるけれど、あまりの過密スケジュール。これで少しはゆるくなるのかなぁ。新日本フィルは、「5月の定期演奏会は現在調整中」とまだはっきりと指揮者交代が決まったわけではなさそうですし、夏から秋にかけてのサイトウキネンオーケストラは小澤さん自身が指揮をすると言ってらっしゃるとか。ずぅっと指揮をしないとそれもストレスになるのかも・・・。ウィーン国立歌劇場、東京オペラの森、オペラ塾で中国に行き、サイトウキネンで松本、そして新日本フィルの定期演奏会と、いつ休みがあるのかしら?というような指揮活動、少しは減らせるのかなぁ。それにしても、東京オペラの森「オテロ」のキャンセルはとても残念ではあるけれど、過去の事例を見ても、大指揮者のキャンセルで登場した若手が、素晴らしいデビューを飾ることもいっぱいある世界。レナード・バンースタインだって、ブルーノ・ワルターの代役で登場してニューヨークフィルで大成功をおさめたんだし、もしかするとそういう奇跡的な場面に遭遇できるかもしれない・・・なんて思いつつ、小澤さんの早い回復を祈りたいと思います。

2006/02/01

ビオラの花びらは・・・

051217f18
自然はすごいなぁ・・・としみじみ思います。
一枚の花びらの中に、紫色と黄色がこんなにきれいに発色してるなんて、やっぱり人の手では作り出せないものですよね。
今日はひさしぶりの雨でした。こんなにたくさん降ったのはいつ以来かなぁ?秋に買って一度も使っていなかった傘をやっとさすことができました。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

フォト