« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/29

ショパンコンクール

昨日はサントリーホールで『第15回ショパン国際ピアノ・コンクール入賞者ガラ・コンサート~協奏曲の夕べ~』という演奏会を聞いてきました。ショパンコンクールは5年に一度、ショパンの生まれたポーランドで開催されているピアノのコンクールで、昨秋2005年10月に行われたのですが、その時の優勝者のラファウ・ブレハッチと共に4位入賞の関本昌平、山本貴志の3名が、ワルシャワフィルとショパンのピアノ協奏曲第1番を弾いたのでした。一晩に同じ曲を3回、別の演奏者で聞くなんていうことは初めてだったので、とても楽しみでした。ちょうど読んでいる「ピアノの森」もショパンコンクールが始まったシーンで面白いところなので、漫画のストーリーをちょっと重ねたりしつつ聞いてきました。それにしても、驚き!同じピアノ、同じ曲なのに、まるで違って聞こえました。三人三様ではありましたが、最初に演奏した山本貴志(23)は繊細で、ややもすると音が細く、自分の世界に入り込んでしまいがちで、演奏も遅くなりがち。次の関本昌平(20)は、太くしっかりした音で、この曲を何度も弾いている余裕からか、オケをあおるようなぞぶりも見えて堂々としているけれど、ショパンのロマンティックで甘い感じが不足、最後のラファウ・ブレハッチ(20)は、彼が鍵盤を押した瞬間から、一瞬にして会場の人が全員引き込まれた・・・と思います。とても同じピアノから出る音とは信じられないくらい違ってました。本当に素晴らしくて、最後までドキドキしながら聴き入りました。いつかまた彼のピアノを聞きたいなぁ。それにしても三人とも若いから、これからどんどん成長して、もっともっとすごい演奏を聞かせてくれることでしょう。

2006/01/26

メロディの命日

melody0312
喪失感というものは、はてしなく深く、とめどなく悲しく、ただただ「無」をつきつけられる。だからこそ、生きていること、さわれること、抱きしめられること、話しかけて反応があること、暖かな幸せがたくさんあったこと、そして今、思い出せること・・・あなたに会えたこと・・・感謝。

2006/01/24

芋焼酎「吉兆宝山」

05120107
「富乃宝山」(黄麹)が好きな人も多いかと思いますが、私はこちらの方が好きです。この「吉兆宝山」は黒麹を使っているそうです。骨太な感じで「芋」が楽しめる・・・と思うのですが。

2006/01/23

みたびASKAソロ・・・in仙台

日曜日の5時からということもあって、日帰りが可能だったので行ってきました。仙台って近いんだなぁ・・・。牛タン美味しかったし。仙台駅に着いて、まだ時間に余裕があったので、お土産屋さんの牛タンや笹かまぼこを味見させていただきながら、コンサート後でも買えるかなぁと思い、お店の営業時間を伺うと、「あ、コンサートですか?」なんて聞かれました。きっとみんな同じことを尋ねたのでしょうね。ホールは、新幹線の仙台駅から一駅隣で、とても近いです。中は円形なので、きっとどこの席からも比較的見やすいのかも。ただ筒状なので、音がポーンと一度、上に上がって回ってくるような印象でした。
バタバタとした日常の繰り返しの中、ホールのドアが閉まり、暗転、スポットライトがステージ中央に当たった瞬間から、自分のストレスもホールの外に飛んでいくような気がします。それは、ナニモノにもかえがたい大切な熱い時間だと思います。

2006/01/21

街で見かけた雪だるま

06012116恵比寿にて
朝起きてびっくり!一面真っ白、雪景色でした。昨夜からポツポツと降り始めた雨は、真夜中に雪に変わっていたんですね。こういう日は、お店を開いていても、どれくらいのお客さんが訪れてくれるのでしょうか?雪だるまもちょっと困った顔をしている・・・ように見えます。
06012107
せっかくビオラが満開だったんですが、雪で押しつぶされてます・・・。明日は晴れるかなぁ?

2006/01/20

ポール・オースター『幽霊たち』

去年、世田谷パブリックシアターで見た芝居『偶然の音楽』の話を知人にしたところ、同じ著者ポール・オースターの『幽霊たち』を読んでみたらと、貸してもらいました。私立探偵のブルーはある日ホワイトという男性からブラックという人物を見張るように依頼されます。ブラックの住居が見える部屋を借り、彼をずっと見張るのだけれど、何も起こらない。そのうちブルーは、何の変化もない毎日の中で、ブラックという人物を考え、自分自身を見つめ直し・・・とにかく探偵が雇われたくらいなのだから何か事件が起こるだろうと思って読み進めると、自分もブルーのようなイライラ、何も起こらないことへのストレスのようなモノがたまってくる、なんとも不思議な小説でした。そして結末は、えええええっ!とびっくり・・・。『偶然の音楽』は原作を読んでいないけれど、芝居の結末は、やはり、えええええっ!そんなぁ・・・だったので、この人は何かに追いつめられた状況で自分を見つめ直し、自分の存在意義を見いだす、という主人公を描く人なのかな。う~む。分からないなぁ。なかなか自分では海外の小説を読まないから、芝居は良いきっかけになったかも。そういえば、前にパウロ・コエーリョの『ベロニカは死ぬことにした』も貸してくれたんだっけ。同じことの繰り返しの毎日にどうにも耐えられなくなったベロニカが、自殺を図り病院に運ばれる所から物語りが始まる。病院での様々な人との出会いから、彼女は自分を見つめ直して生きることを考え直すという話だったけれど、それが日本で映画化されてもうすぐ公開するとか。自分では手に取らない本を借りて読むのも、たまにはいいかもしれないな。

2006/01/17

小澤征爾さん入院

今朝、朝日新聞の記事を見てびっくり。風邪をこじらせたそうで、6回予定されていたウィーンでのオペラをキャンセルしたそうです。世界を飛び回る忙しさでは、疲れもたまっているんでしょうね。早く良くなってほしいです。そういえば、昨年暮れに、NHKで見た星野仙一さんと小澤さんの対談はとても面白かったっけ。音楽は上から教えようとしては駄目、若い人達を育てるには、一緒に音楽をしようという姿勢で臨む、とおっしゃっていました。私が初めて小澤さんを知ったのは、テレビ番組の『オーケストラがやって来た!』でしたが、もう30年以上も前のことだけれど、あの頃からオーケストラも観客もすべてを引き込んで魅了する力強い音楽は、やっぱり神様が特別な力を授けた人なんだ、と昨夜のパールマン同様に感じてしまいます。でも本当は、想像をはるかに超えた勉強の毎日だというのは有名な話。たゆまぬ努力と才能・・・。これから先もたくさんの演奏会が楽しみです。いつかウィーンで聴きたいなぁ・・・。

2006/01/16

イツァーク・パールマンのヴァイオリン

今夜はサントリーホールで、今年初の演奏会。イツァーク・パールマンのヴァイオリンを聴いてきました。本当に柔らかで、しっとりと優しく響くヴァイオリンの音に、たっぷりと浸ってきました。最後のコーナーは「クライスラーの曲」とだけプログラムに書かれていて、当日発表という珍しいコンサート。1曲1曲、曲名を言いながら弾いていったのですが、伴奏のピアニストも大変。なかなか楽譜が見つからなくて困っている曲もありました。それにしても、ステージに出てくるのだって大変そうに見えるのに、どうしてあんなに素晴らしい音を響かせることができるのか、音楽家ってやっぱり神様から特別な力をもらっているのかと思ってしまいます。でも本当は、パールマンが人の数倍も努力した結果なんですよね。彼は4歳で小児麻痺を患い、下半身が不自由になってしまったのに、誰よりも素晴らしくヴァイオリンを弾きこなすんですから、並大抵の努力じゃないと思うけれど、ステージ上のパールマンはいつでもとても優しそうに笑っていて、幸せを音楽に乗せて届けてくれるように見えます。最後のコーナーの曲目はすでにサントリーホールのHPに発表されています。早っ!

2006/01/15

シャンパン ヴーヴ・クリコ(BlogPet)

きょうは知人にblogされた。
ここまでYoshimiはblogしたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Melody」が書きました。

2006/01/14

山茶花

051217f15
ちょっと前に撮った山茶花ですが、ちょうど光があたって、きれいでした。山茶花と寒椿の違いがあまり分からないのですが、垣根なので、山茶花だと思います。
さて、今夜は美しい満月です。昼間の大雨が嘘のように、空の高い所に、まん丸のお月様が見えます。

2006/01/11

芋焼酎 風来坊

051017i021
瓶が薄紙に包まれているので、気になって買ってみました。酒屋さんに行っては、いろんな芋焼酎を買い込んでおります・・・。この季節、お湯割りすると、あまいサツマイモとアルコールの匂いが鼻を刺激します。身体も暖まって、寝酒に最適です。

2006/01/10

ケリーは寒がり

051225a35c1
ケリーは、けっこう寒がりのようです。洋服を着せていると、毛がからむけれど、洋服を着ると一緒に出かけられると思っているようで、自分から服に頭を入れようとしたり、なかなか面白いです。あんまりいろいろと教えていないので、「お座り」と「待て」くらいしか出来ないのですが、話かけると一生懸命に顔を見るので、彼女なりに理解しようと努力しているのかな。そう言えば、メロディは「お座り」「お手」「ふせ」を同時に教えたので、どうも彼女の中ではそれが一連の動作になってしまい、「お座り」と声を掛けると、座った後、前足を出してそのままフセしてたっけ・・・。メロディの命日がもうすぐやってきます。「ペット・ロス」に限らず、大切な何かを失った「喪失感」は、けして埋まるものではないのだと思う。繰り返し、繰り返し、悲しく寂しい気持ちがやってきます。そういう辛さと一緒にこれからも生きていく・・・喪失感と同時にメロディの暖かさもずっとずっと私の中にあるのです。

2006/01/09

ジンギスカン

05123106
忘年会で、夫が当ててきたジンギスカンセット!年末に冷凍パックで届いていたので、今夜食べました。お肉は甘みのあるタレがたっぷりとしみ込んでいて、柔らかく美味しかったです。キャベツやモヤシ等々、いっぱい野菜も入れて、ジュージュー!ビールも進んだ夜でした。(^_^)v

2006/01/08

シャンパン ヴーヴ・クリコ

060102i07
年末に知人からいただきました、シャンパン「ヴーヴ・クリコ」。スッキリとしてとても美味しいシャンパンです。このシャンパンの名前を初めて耳にしたのは、映画『バベットの晩餐会』でした。貧しい村にやってきた女性はとても料理がうまいのですが、彼女がいったいどういう人なのかは誰も知りません。幾日かが過ぎ、ある日彼女はくじで大金を当てます。そこで村人達に心を込めてフルコースの料理を作るのですが、そのお料理のあまりの美味しさに、とげとげした気持ちが溶けていき、やがて、皆が幸せになる・・・美味しいお料理は誰をも幸せにする、という物語だったのですが、とても静かな、そしてとても心が暖かくなる映画でした。彼女は、実は、パリの有名な料理人だったと記憶していますが、料理とともに振る舞われたシャンパンこそが、このヴーヴ・クリコでした。映画を見た時は、いったいどんなシャンパンなんだろう?いつか飲んでみたいなぁ・・・と思っておりましたが、その後、200mlの小さい瓶を買って飲んだ時は、ちょっと嬉しかったです。バベットの晩餐会は、原作がアイザック・ディネーセン。あのロバート・レッドフォードとメリル・ストリープの共演した映画『愛と哀しみの果て』の原作者でもあります。こちらの映画もアフリカの大地で、ロバート・レッドフォードがメリル・ストリープの髪の毛を洗うシーンがきれいでしたね。それでたしか猿にモーツァルトを聞かせるんですよね。あぁやっぱり昔の映画って、CGなんて何も無いからこそ、本当に美しいシーンがいっぱいあったんだなぁ。

2006/01/04

再び、男前豆腐店

06010202
以前、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」を食べましたが、今回は「湯豆腐野郎」。フタをあけると豆乳もしたたる感じです。キムチ鍋に入れたので、辛さがほどよくまろやかになりました。男前豆腐店のHP面白いです。

2006/01/03

箱根駅伝観戦

芝の増上寺の前あたりで見ました。トップの選手から次々に走ってくる学生達は、すごく早くてあっという間に通り過ぎていきます。毎年日比谷通りで観戦してお参りに行く・・・という3日の過ごし方です。今年はケリーも一緒。夫のジャケットの中で、のんきな状況です。
0601030106010313

年賀状が届いてないみたいで・・・。

あっという間の三が日。明日からはまた仕事です・・・。ふうぅ・・・とても短かったなぁ・・・もっとのんびりしていたい。なんてのんびりしていたら、正月太りしちゃって大変かも。それにしても、29日の昼に投函した年賀状が一部しか届いてない、という事が判明・・・。いったいどこへ行っちゃったのかなぁ、私の年賀状は?(;^_^A アセアセ・・・明日から会社なのに、届いてないなんて、なんかマヌケじゃありませんかぁ。

2006/01/01

迎春

05122416c
あけましておめでとうございます。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

フォト