« マウリツィオ・ポリーニ | トップページ | 余韻・・・。 »

2005/11/13

『偶然の音楽』

昨日、世田谷パブリックシアターで『偶然の音楽』を見てきました。芝居日記にはアップしましたが、仲村トオルさんと小栗旬さんがとても良かったし、白井晃演出もスッキリと分かりやすくて、奥が深いというか、やっぱり白井さんってすごく素敵だと思いました。このショックな結末をただ悲しいだけのものにしなかったのは、白井演出だからかな。ステージ上の光と影も美しかった。バッハのゴールドベルク変奏曲もとても印象的に使われていました。たしかこの曲は、不眠症の伯爵のために書かれた曲・・・という事は、最後はナッシュにもポッツィにも、そしてすべての人にゆっくりおやすみなさい・・・という演出だったりして。
お金があり余るほどあるのに、やりたいことの見つけられないつまらさと反対に、借金返済という枠の中でようやく、自分の気持ちを整理していくことが出来た主人公の人生は、皮肉だなぁ・・・。原作はポール・オースターというアメリカの作家だそうです。いつか芝居の余韻が落ち着いたら読んでみたい小説です。
それにしても、舞台上での小栗旬さんの背中からお尻のラインは美しかったです。楽しく乱れた後に何の心配もなくぐっすり眠っている半裸のポッツィと、新たな難問を突きつけられたナッシュの驚愕が、浮き彫りになってました。

« マウリツィオ・ポリーニ | トップページ | 余韻・・・。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

いつもながら、カルチャーな日々を送ってますな~。仕事もしつつ、バランスのとれたライフスタイルには感服いたします。私は思いがけず仕事をしなくちゃならなくなり、ちと不安。でも無理はしないのさ、ハイ。ところで小栗旬って、そんなに素敵なのぉ?

ovalさんこんばんは!三谷幸喜さんが、面白い芝居は面白い映画よりも絶対に面白いけれど、つまらない芝居はつまらない映画よりももっとつまらないって言ってました。小栗旬は、演技としてはどうかな?と感じる所もちょっとはありましたが、去年見た芝居よりもずぅっと良くなっていて、存在感が増してきた感じです。きっと彼はこの先もっといい役者になるんじゃないかなぁ・・・。仲村トオルも良かったよ。
バランスの取れたライフスタイルというと格好いいけれど、「遊び」に重点置いてますから、バランス悪いでしょう。あはは。

yoshimiさん
はじめましてlou_tanです。
この度はコメント&トラックバック有難うございました!
「偶然の音楽」今は帰りに購入した文庫本を片手に、
私も未だ余韻に浸っています。
実はこの文庫本、仲村トオルさんが最後に叫んだ台詞を確認
したくて購入したのですが、どうも脚本のオリジナルの様で
本文には見当たらなそうです(涙)
たしか「これが最後の光・・!」(???)みたいな台詞だった
ような気がするのですが、聞いた時は暫く覚えていたのに、
まるでニワトリのように三歩歩いたら忘れていました(笑)
本当に白井さんらしい品のあるセンスの良い舞台でしたね。
これを機に、また白井さんの舞台に足を運びたいと思いました。

何度もお邪魔してすみません!lou_tanです。
先程、初トラックバックをしようと試みたのですが、
どうやら手順を間違えた様で知識が未熟な為、
削除方法などが分からずyoshimiさんのブログを汚す結果に・・
そちらで削除出来るのであれば、お手数ですが削除して下さると
助かります。ここで反省して、きちんと「トラックバック野郎」で
練習をしてからもう一度出直します。
本当にすみませんでした〜!

lou_tanさんこんばんは!
「偶然の音楽」は本当にとても良い芝居でしたよね。仲村トオルは、たしか「これが自分の最後の思考になるだろうと光をあびながら感じた」というような事を言ってましたよね。でも台詞としては私も覚えてないです。「人生の一番最後に意識的に思考する」というのはどんな感じなのか?と、ひどく切ない気持ちになりました。
トラックバックは、書き込みのページの右下に、相手の記事の下に着いている「この記事のトラックバックURL」となっているアドレスを入れて、保存すればOKですよ。今後ともよろしくお願いします。

yoshimiさん
トラックバックの方法までご丁寧に教えて頂き本当に
ありがとうございます!
その上、仲村トオルさんの最後の台詞までも・・!
そうそう、そんな感じの台詞でしたよね。
すこし溜飲が下りました〜
また遊びに来ます!

yoshimiさん
トラックバックの方法までご丁寧に教えて頂き本当に
ありがとうございます!
その上、仲村トオルさんの最後の台詞までも・・!
そうそう、そんな感じの台詞でしたよね。
すこし溜飲が下りました〜
また遊びに来ます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/7095255

この記事へのトラックバック一覧です: 『偶然の音楽』:

» ポール・オースター「偶然の音楽」 [make myself just as hard]
石たちはにわかに、ひとつの壁にまとまりつつある。この壁のせいであんなに苦しんできたのに、ナッシュはそれを見事だと思わずにはいられなかった。立ちどまって眺めるたびに、自分がなしとげたことに畏怖の念を感じた。 ポール・オースター『偶然の音楽』(新潮文庫) ボストンの消防士ナッシュは、妻に逃げられてしまう。物語はそのようにしてはじまる。妻が出ていった直後、30年以上も音沙汰がなかった父から遺産が突然ころがり込む。ナッシュは遺産で新車を買い、アメリカ中を運転してまわる。バッハ、モーツァルト、ヴェ... [続きを読む]

« マウリツィオ・ポリーニ | トップページ | 余韻・・・。 »

フォト