« トレニア | トップページ | チェリーセージ »

2005/10/23

『第十七ホモ収容所』

昨夜、下北沢の駅前劇場で劇団方南ぐみの『第十七ホモ収容所』を見てきました。この劇団のお芝居は初めてだったので、喜劇なのかシリアスなのかまったく想像もつかなかったけれど、久しぶりの下北芝居を楽しみにして行ってきました。近未来の日本では、深刻な少子化がすすみ、政府が対策として同性愛者を収容し異性を愛し子孫を残せるように、更生させているという設定。何度も脱走を繰り返すけれど、その度に計画が漏れている、もしやこの中に看守と通じているスパイが?だんだんみんなが疑心暗鬼になり・・・。という設定で、笑わせる所から泣かせる所まで、最後までスパイが誰なのか分からないので、緊張感もありで、とても面白かった!ゲスト出演という事でしたが、看守役の川本成さんが政府の方針と良心の間で揺れてる感じと、花井京之助さんの一途な生き方のいじらしい感じが良かったです。でもやっぱり人を愛する気持ちは人間の根底にあるものだから、どんな状況下にあっても、変わるものじゃないんですよね。(芝居日記

« トレニア | トップページ | チェリーセージ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/6539497

この記事へのトラックバック一覧です: 『第十七ホモ収容所』:

« トレニア | トップページ | チェリーセージ »

フォト