« お台場でケリーと散歩 | トップページ | ATMコーナーでびっくり! »

2005/10/31

『花田少年史』(漫画)

『花田少年史』を一気に4冊読みました。『ピアノの森』が好きだと知った友人が、同じ一色まことさんの作品を貸してくれました。ものすごい悪ガキの花田一路君が、ある日交通事故にあって、瀕死の状態になるのですが、その時から彼には霊が見えるようになります。それからは成仏できない霊に頼まれて、子供なりにできることを一生懸命手伝うのですが、それにしても、普段の悪さといったら!今はもうこんなやんちゃで手がつけられないけれど、憎めない子供はいないでしょうね。どこか懐かしいような、子供達の世界が子供の目線で描かれていて、『ピアノの森』でもそうなのですが、子供の表情がすごく良いんです。『ピアノの森』の方は4週間の休載ということで、きっとショパンコンクールの取材に行ってるのかも。日本人も4位に入賞したそうですし、この先どんな展開になるか楽しみです。

« お台場でケリーと散歩 | トップページ | ATMコーナーでびっくり! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

若貴兄弟の話かと思ってしまいました・・(^^;;

わくちんさん、こんばんは!
そうよね。花田少年なんてね。(笑)どうやら実写版の映画にもなるらしいですよ。和製ハリー・ポッターとか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/6800071

この記事へのトラックバック一覧です: 『花田少年史』(漫画):

« お台場でケリーと散歩 | トップページ | ATMコーナーでびっくり! »

フォト